SCE:エージェントインストール後にインベントリが報告されない場合の対処

System Center Essentials で管理対象のコンピュータにエージェントをインストールするところまでは問題が無かったものの、いつになってもインベントリが正しく取得できず、管理コンソールに「 不明 」と表示されてしまうという現象が発生している場合、以下の対処を試してみてください。 1 )Active Directory の ” SCE Managed Computers ”  グループに、当該コンピュータのコンピュータアカウントが所属していることを確認する。所属していない場合には、手動で所属させる。 2 )以下のグループポリシーが適用されていることを確認する。 ・System Center Essentials All Computers Policy・SCE Managed Computers Group Policy <確認方法>コンピュータローカルで「 gpresult 」コマンドを入力し、出力結果の「適用されたグループポリシーオブジェクト」に上記ポリシーオブジェクトが含まれていることを確認する。 3 )2)で2つのポリシーオブジェクトが適用されていない場合、gpupdate /force を使用するか、再起動してコンピュータポリシーを適用する。適用後、再度2)を実行。 4 )コマンドプロンプトで以下の2つのコマンドを実行 wuauclt /detectnow wuauclt /reportnow いつまで待ってもインベントリが取れないという方、上記方法を試してみてください。なお、以下の記事も合わせてご覧ください。 SCE:ハートビートがエラーになる( イベントID 21016 と 21023 )場合の対処http://blogs.technet.com/junichia/archive/2007/08/17/sce-21016.aspx

1

SCE:手動インストールしたエージェントがサーバーに拒否される(イベント 26321 )

監視対象のコンピュータのエージェントは、手動でインストールすることも可能です。手順は以下の通りです。 1)System Center Essentials の CD から「 SetupSCE.exe 」を起動 2)インストール開始画面から、「エージェント」を選択する インストールで注意しなければならないのは1点、管理グループの名称です。通常は、<SCEサーバーのホスト名>_MG という名称です。これだけ注意しておけば、おそらくインストール自体は問題ないでしょう。 ただし、環境によって以下のエラーがSCEサーバーに報告されることがあります。 イベントID:26321ソース:OpsMgr SDK Serviceエージェントは拒否されました。現在のセキュリティ設定ではエージェントを自動挿入できません。セキュリティ グローバル設定または特定の管理サーバーのセキュリティ設定を変更してください。 エージェント名:<監視対象のコンピュータ>管理サーバー名:<SCEサーバー> SCE では、規定で「手動インストールしたエージェントの受け入れを拒否」するように設定されています。よって、このエラーが発生している場合は、管理コンソールで以下の操作を行い、受け入れを許可しなければなりません。 1)管理コンソールの「管理」領域を開く(左下の歯車マークです) 2)左ペインのツリーメニューから「設定」をクリック 3)「種類:サーバー」の「セキュリティ」をダブルクリック 4)「全般」タブで「保留の管理の表示で新しいエージェントの手動によるインストールを確認する」をチェック こうすると、同じく「管理」メニューの「デバイスの管理」-「保留の管理」に、拒否されているエージェントが表示されます。 エージェントを右クリックして「承認」すれば、管理グループに組み込むことができ、エラーも出なくなります。 セキュリティの設定に「手動でインストールした新しいエージェントを自動的に承認する」というチェックボックスがあるので、これをチェックしておけば、手動で承認する必要はなくなります。  


SCE:ハートビートがエラーになる( イベントID 21016 と 21023 )場合の対処

コンピュータが System Center Essentials の管理下になると、規定で1分に1回、SCE サーバーに対して状況報告および構成変更の確認を行います。 この通信がうまくいかないと、SCE管理下のコンピュータに、以下のイベントが報告されることがあり、インベントリの収集にも失敗します。 イベントID: 21016ソース:OpsMgr ConnectorOpsMgr コネクタは<SCEサーバー:5723> に接続できません。エラー コードは1016L(対象のコンピュータによって拒否されたため、接続できませんでした)です。 イベントID: 21016 ソース:OpsMgr ConnectorOpsMgr は、<SCEサーバー:5723> との通信チャネルを設定できませんでした。フェールオーバーホストがありません。<SCEサーバー>が使用可能になり、このコンピュータからの通信が許可されるようになったら、通信が再開されます。 これらのイベント後、以下のイベントが延々と続きます。 イベントID: 21023ソース:OpsMgr ConnectorOpsMgr には管理グループ <SCEサーバーホスト名>_MG の構成が無く、構成サービスに新しい構成を要求中です。 上記のイベントが管理されているコンピュータで発生しているとき、サーバー側には以下のエラーが出ていると思われます。 イベントID:20000ソース:OpsMgr Connectorこの管理グループの一部ではないエージェントがこの正常性サービスにアクセスしようとしました。詳細は次の通りです。要求側デバイス名: <コンピュータのホスト名> 完全に原因が分かっているわけではなく恐縮なのですが、この問題は、 ・サーバー側の OpsMgr Config Service を再起動するもしくは・サーバーを再起動する ことでひとまず回避が可能です。 対処してからしばらくすると、管理されているコンピュータ側に、 イベントID:21019ソース:OpsMgr ConnectorOpsMgr はそのプライマリホスト <SCEサーバー> と通信するために戻りました。 というイベントが報告されます。 ただ、World Wide では、これと連動してインベントリの報告ができなくなる事象がることも報告されており、これについても後ほど Tips と書いておきたいと思います。 追記 2007.08.18SCE:エージェントインストール後にインベントリが報告されない場合の対処http://blogs.technet.com/junichia/archive/2007/08/17/SCE_2D00_Inventory_2D00_Unknown.aspx

1

SCE:SCEサーバーには PowerShell をインストールしておきましょう(イベント 21400 への対処)

System Center Essentials サーバーを監視していると、イベントログにイベント 21400 エラーが発生することがあります。 ご覧いただければわかるとおり、あきらかに PowerShell を実行しようとしています。ちなみに実行しようとしているスクリプトは MPUpdate.ps1 です。 ひとまず必須環境として PowerShell は挙げられていないのですが、インストールしておけば余計なエラーを出さずにすみます。 PowerShell は以下よりダウンロード可能です。 マイクロソフトダウンロードセンター(PowerShell)