一番の強敵は、「芋」です

まったく関係ない話なのですがファイルコピー待ちの間に…..誰でも一度は自分の名前を検索エンジンに放り込んだことありますよね。私もあります。 先日、同じエバンジェリストの 奥主 と会話をしていたところ、彼は「奥主」だけで検索結果のトップになるとのこと。つまり世界でいちばん有名な「奥主」ってことです。同じく、エバンジェリストの 高添 も「世界で一番有名な高添」です。二人とも比較的珍しい苗字ということもありますが、それだけエバンジェリストの書く文章はヒット率が高いということでしょうか。さすがに、「田辺」はそうはならないようです。では、「田辺+Windows」はどうか!2007年8月16日時点では2位でした。 で、わたくし「安納」です。 「安納」も珍しい苗字ですのでひそかに期待してみたのですが….種子島に「安納芋」という品種のさつまいもがあるらしく、しかもどうやら全国的に希少価値があって有名らしいという….「幻の」と書かれているサイトもあったりします。これらの検索はすべてWindows Live ですが、Googleではどうか…ちょっと期待したのですが、逆にショックを受けました。トップに、どーんと「安納大特集」とか出ていますが、もちろん「安納芋」のことです。 安納芋、安納こがね、安納紅、安納焼酎などなどなど…私の上にはかなりの「安納」がいるようで、これはちょっと当分勝ち目がなさそうです…。  「安納芋」で作った焼酎…せっかくですから購入してみようと思います。

1

SCE:管理されているコンピュータを削除する方法

Essentials がリリースされて3週間が経過しますが、そろそろ個人的な情報もたまってきましたので整理しつつ Tips として放出していこうと思います。 SCE を使用すると、本当に簡単にリモートコンピュータにエージェントを自動インストールすることができます。が、削除は?となると意外と難しかったりするという…。いや、知っていれば簡単なのですが。 管理対象となっているコンピュータを SCE 配下から削除するには、以下の操作を行います。 1)管理コンソールを開きます 2)画面の左側のペインの下にあるボタンから「管理」を選択します。  規定では隠れているかもしれません。「レポート」の下に歯車がありませんか?  それが「管理」ボタンです。 3)管理画面の左ペインにはメニューがツリー形式で表示されているので、「デバイスの管理」を開きます 4)デバイスの管理配下に「管理対象のエージェント」があるので、これをクリック 5)右側の画面にコンピュータの一覧が表示されるので、ここから削除したいコンピュータを右クリック 6)クライアントが生きていれば「アンインストール」、すでにお亡くなりになっていれば「削除」を選択してください どうもエージェントの動きがおかしいなぁということであれば、同じメニューにある「修復」を実行してみるのも手です。