Windows Server Update Service 3.0 日本語版 リリース

すでにMVPの皆さんのblogでも報告されていますが、あらためてご報告します。WSUS 3.0 日本語版がリリースされました。 残念ながら日本語版のOverViewがリリースされていないので、ここで簡単にWSUS3.0 の新機能についてご紹介しておきます。 1. 管理コンソールの MMC スナップイン化従来 Web インターフェースで提供されていた管理コンソールが、スナップインとして Microsoft 管理コンソール (MMC) 3.0 から使用できるようになりました。これにより、コンソールの操作性が格段に向上しただけでなく、ローカル コンピュータに加えてリモートの WSUS サーバーを同じコンソールから管理することができます。2. インストールの簡略化と WSUS 2.0 からのアップグレードWSUS 3.0 のインストールは、ウィザードをたった 8 回クリックするだけで完了します。また、既存の設定を残したまま WSUS 2.0 から WSUS 3.0 に簡単にアップグレードができるほか、WSUS 2.0 を残して WSUS 3.0 のダウンストリーム サーバーとすることも可能です。なお、SUS からのアップグレードはサポートされませんので、いったん WSUS 2.0 にアップグレードしてから WSUS 3.0 にアップグレードするか、SUS を削除してから新しく WSUS 3.0 をインストールしてください。3. WSUS サーバーの監視と管理機能の強化WSUS 3.0 ではイベント ログにサーバー状態の詳細な情報を報告できるようになりました。Microsoft…

1