はじめてのIT Pro道場 BDD編に参加して思ったこと


本日、はじめてエバンジェリストとしてIT Pro道場に参加しました...といっても後ろで勉強させてもらっただけなのですが...お恥ずかしい


本日のテーマは BDD、Bussiness Desktop Deployment でした。


13時に開始して、途中休憩を入れながら17時まで延々とプレゼンとデモンストレーションの繰り返し...これは大変な部署に配属されたものだと泣きそうになりました(笑)。長坂さんをはじめ、エバの皆さんの体力に感動を覚えました。おまけに長坂さんは、「1年以上更新していないblogを更新します!」とお客様に宣言されていましたので、まだまだ体力がありあまって困っているということなのでしょう。すごいです。そんな大人になりたいと思う今日この頃です。


で、BDDです...ここ2年、パッケージ開発ばかりしていたせいで、展開周りの話に疎かったのですが、久しぶりのDeploymentのお話は非常にエキサイティングでした。


....思えば、Win3.0に初めて出会ったのが前職場への入社時でしたから、もう16年前になります。まだまだクライアントOSとしては不十分だった「あいつ」が、いつの間にか当たり前のように使われるようになり、しかもですよ、「大量のWINの展開が大変だから自動でできるようにして!」なんてことになるとは....WIN3.1のころも展開ツールはありましたが、所詮は20MB のHDDに入る程度ですから、XCOPYで十分でした。iniファイルを書き換えれば環境変更もできましたし、デスクトップのカスタマイズなんて...壁紙程度でしたね。SEがみんなで知恵を出し合い、なんとか楽をしようとバッチを作りこんでいたという、古きよき時代です。へたしたら、ISDN経由で展開してましたから(笑)。


衝撃的だったのはZAKの登場です。なんといっても、「Zero Administration Kit」ですから、Windowsの管理に悩んでいた私は即座に飛びつきました。徹夜でDOSのネットワークブートディスクを作成し、Unattend.txtを書いて、Sysdiffで差分を取って、さぁ、無人セットアップだ!と意気ごんだところ、セットアップの最後でコマンドパスが間違えていて実行に失敗....あのときの絶望感は今でも忘れられません。
WOL(Wakeup On Lan)なんてものも当たり前のように使えますから、自宅からVPNで大学のネットワークに入り込み、ターミナルサービスでマスタークライアントの環境を修正し、ネットワークブートで環境を吸い上げ、ほかのクライアントに展開という離れ業も、簡単に行えます。


そんな展開ソリューションが(おそらく)一般的である中で、なぜBDDなのか... きっと皆さんは疑問だと思います。


実を言えば、そんな便利なイメージ配信機能も、穴が無いわけではないのです。
それは、マスターイメージの品質の維持です。
新しい障害修正がリリースされたり、バージョンアップ版がリリースされたり、ソフトウェアの細かな修正の頻度は年々短くなってきています。突如リリースされる「重要な更新」を、次回のリプレイスまで放っておくことなんて....なかなかできないですよね。ただでさえ、管理責任を問われやすい世の中になってしまいましたから、パッチを当てないばかりに大切なファイルが漏れてしまったなんてことを考えると、担当SEの心中も穏やかじゃありません。


じゃぁ、修正パッチがリリースされるたびにマスターイメージを作り直して2000台のPCに展開しなおすのか?....そんなことは物理的に無理です。想像もしたくありません。


そういった状況を考えると、最も理想的なのは、個々のコンポーネント単位にイメージが管理されている状態なのです。必要に応じて差分だけ適用するという方式のほうが、本当は細かな修正に対応しやすいのです。


BDDは、そうした理想的なマスターイメージの管理ソリューションを提供してくれます。SMSと連携することで、より緻密に展開スケジュールを管理することが可能です。


問題は、世の中への浸透ですね....。利用者だけでなく、ソフトウェアベンダー、そしてフリーソフトの開発者をも巻き込んでいかなければなりませんし、それが我々エバンジェリストの責任だと思っています。


ぜひ皆さん、一度道場に参加してみてください。そして、BDDのコンセプトに触れてください。
特に、ZAWやZAKを知っている方!あまりにも便利になったWindows Deployment Solutionにびっくりしていただけるはずです。
そして、懇親会で昔を懐かしみつつ、若いころ苦労させられた愚痴でもこぼしながら飲みましょう!


長くなりましてすみません。

Comments (2)

  1. 匿名 より:

    はじめまして。

    道場常連(?)のhirorinと申します。

    24日のLonghone AD編に参加いたしますので、今後ともよろしくお願いいたします。

    長坂さんのBlog更新宣言は、実は3月の道場のときにすでに約束してくださっているのにもかかわらず、実行がまだというか・・・(昨年東京最後の道場で、1年未更新ができたら、その後必ずするという約束もしたのですが)

    某雑誌の記事ではとてもお世話になっていた方に、今後道場などでご指導いただけるとは至極光栄です。

  2. 匿名 より:

    hirorinさん

    お返事が遅くなりまして失礼いたしました。

    長坂さん曰く、「記事はもう書いてあるので、あとはpublishするだけ」とのことですので、もうすぐ新しい記事をお目に書けることができるかと思います…と思って確認しましたところ、publishされておりました。

    http://blogs.technet.com/kazunorn/

    某雑誌をお読みいただいたことがおありとのことで、こちらこそhirorinさんに認識いただけているとは光栄でございます。エバの仕事は、雑誌等の記事とは毛色が異なりますが、道場等でお目にかかれた際にはマニアックなお話で盛り上がれれば幸いかと存じます(と、勝手にマニアックと決め付けておりますが…)。

    今後とも、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

Skip to main content