KB2823324 (MS13-036) を修正する更新プログラム KB2840149 を再リリースしました

日本マイクロソフトの三島です。 皆様に多大なるご迷惑をおかけいたしておりました KB2823324 (MS13-036) について、修正を行う更新プログラムを、本日、再リリースいたしました。 再リリース版は「KB2840149」としてリリースされており、配信停止した KB2823324 とは別の KB 番号が割り当てられています。お手数ではございますが、問題の発生した/していない端末にかかわらず「KB2840149」の更新プログラムの適用をお願いいたします。 Microsoft Security Bulletin MS13-036 – Importanthttp://technet.microsoft.com/en-us/security/bulletin/ms13-036 —–本文抜粋——V3.0 (April 23, 2013): Rereleased bulletin to replace the 2823324 update with the 2840149 update for NTFS.sys when installed on supported editions of Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7, and Windows Server 2008 R2. See the Update FAQ…

6

WSUS 2.0 SP1 サポート終了のお知らせ

マイクロソフト セキュリティ サポートの斉藤です。   以前に本ブログにてご案内を致しましたとおり、Microsoft Windows Server Update Services (WSUS 2.0 SP1) は 2009 年 4 月 30 日をもってサポートを終了します。 これにより、WSUS 3.0 SP1 以外のバージョンの WSUS はすべてサポートを終了することになります。 なお、4 月 30 日以降も旧バージョンへの更新プログラム配信は一定期間続けられる予定で、クライアント PC への更新プログラム配布も可能です。しかしながら、WSUS 2.0 SP1 の製品としてのサポートは終了となりますため、可能な限り速やかに WSUS 3.0 SP1 へのアップグレードの検討をいただけますよう、お願いいたします。   WSUS 2.0 (初期出荷版) : 2007 年 6 月 1 日をもってサポートを終了いたしました。 WSUS 2.0 SP1: 2009 年 4…

0

WSUS 2.0 SP1 サポート終了後の更新プログラム配布について

マイクロソフト セキュリティ サポートの伊藤です。 2008 年 4 月 30 日の投稿にて、WSUS 2.0 SP1 サポート終了後のデメリットについてご紹介をしましたが、その内容について変更がありましたのでご報告します。 ■ 変更前サポート終了後に公開された更新プログラムは、WSUS 2.0 SP1 サーバーには配信されない予定です。(ただし、WSUS 3.0 へ移行するために必要な更新プログラムの新規追加があった際には、継続されます。) ■ 変更後サポート終了後に公開された更新プログラムは、基本的には WSUS 2.0 SP1 サーバーに配信される予定です。(ただし、WSUS 3.0 だけが持つ機能を利用して配信が行われる更新プログラムについては、WSUS 2.0 SP1 には配信がされません。) 現時点では WSUS 3.0 だけが持つ機能を利用する更新プログラムについて、残念ながら情報がありません。この変更によって WSUS 2.0 SP1 をサポート終了後もしばらくは利用することが出来る、と解釈されるかもしれませんが、可能な限り早期に WSUS 3.0 SP1 へのアップグレードをご検討下さい。更新プログラムの配布は継続されますが、障害発生時にサポートを提供することが出来ないため、WSUS 2.0 の管理者様は注意が必要です。 (参考情報)Windows Server Update Services Life Cycle and Road Map: Frequently Asked…

2

WSUS 2.0 SP1 のサポート終了まであと 1 年となりました

マイクロソフト セキュリティ サポートの伊藤です。 WSUS 2.0 SP1 をご利用の皆様に、重要なお知らせがあります。既に WSUS 2.0 ホームページにてご案内を致しておりますが、2009 年 4 月 30 日をもって WSUS 2.0 SP1 のサポートを終了する予定です。サポートが終了すると下記の 2 点について、ご不便をおかけすることになってしまいます。。 デメリット 1障害発生時にサポートを提供することが出来ません。 デメリット 2サポート終了後に公開された更新プログラムは、WSUS 2.0 SP1 サーバーには配信されない予定です。(ただし、WSUS 3.0 へ移行するために必要な更新プログラムの新規追加があった際には、継続されます。) 2008 年 6 月 10 日追記サポート終了後の更新プログラム配信について、変更がございました。詳細はこちらをご覧ください。 現在 WSUS 2.0 SP1 をご利用の皆様、並びに WSUS 2.0 SP1 を提案中の皆様には、可能な限り早期に WSUS 3.0 への移行をご検討下さい。最新版の WSUS 3.0 SP1 では WSUS 3.0 初期出荷版に含まれたいくつかの不具合が修正されており、…

0