WSUS 3.0 Service Pack 1 (SP1) が公開されました

マイクロソフト セキュリティ サポートの田村です。 WSUS 3.0 Service Pack 1 が正式に弊社ダウンロードセンターより公開されました。   Windows Server Update Services 3.0 SP1 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=F87B4C5E-4161-48AF-9FF8-A96993C688DF&displaylang=en   ダウンロード センターのページは、まだ英語のみで言語も “English” と表示されていますが、日本語環境でもお使いいただけます。昨日のポストにある不具合についても修正されています (MMC 3.0 の修正は含みませんが)。 あとは Windows Server 2008 にも対応しています。   インストール要件については、WSUS 3.0 と変わらず .NET Framework 2.0、MMC 3.0、Report Viewer 2005 (レポート機能を使うのであれば) 等です。 WSUS 3.0 初期出荷版からのアップグレードを検討される際には、Windows Internal Database 内部のスキーマも変更されていますので、アップグレード前にデータベースのバックアップを取得されることをお勧めします。   コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。

0