MS08-014 の WSUS 上タイトル表記誤りについて 続報

マイクロソフト セキュリティ サポートの伊藤です。 3 月 12 日に投稿をしました MS08-014 の WSUS 上タイトル表記誤りについて の続報です。 3 月 15 日の早朝に、問題のあった KB943985 と KB946974 の改定版データが WSUS サーバーへ配信開始となりました。WSUS サーバーを Microsoft Update サイトと同期いただくことで、タイトル表記の誤りが訂正されます。 以下に、改訂版リリースに関する注意事項をお知らせします。 1. この改定版は WSUS 管理画面に表示されるタイトルの誤りのみを修正しました。更新プログラムの適用条件、インストールされる更新プログラム等に変更はございません。 2. 修正前の更新プログラムを承認し、配布がもう始まっている場合にも、特に WSUS 管理画面から何か操作をいただく必要はありません。タイトル表記が修正される際に、設定済みの承認情報やクライアントのインストール状況は変化しません。 (関連URL)マイクロソフト セキュリティ情報 MS08-014 – 緊急 Microsoft Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される (949029)http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS08-014.mspx  コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。

0

MS08-014 の WSUS 上タイトル表記誤りについて

マイクロソフト セキュリティ サポートの伊藤です。 本日 3 月 12 日に配信が開始されましたセキュリティ更新プログラムの MS08-014 につきまして、WSUS 上に表示されるタイトルに一部誤りが含まれていることが判りました。WSUS 2.0 SP1、WSUS 3.0 / 3.0 SP1 とも全て同様です。問題のある更新プログラムのタイトルは、以下の 2 件です。 Microsoft Office Excel 2003 セキュリティ更新プログラム: KB946395Microsoft Office Excel 2007 セキュリティ更新プログラム: KB946975 弊社 TechNet サイトにて公開をしている MS08-014 セキュリティ情報ページの内容が正しく、以下がそれぞれ正しい番号となります。 Microsoft Office Excel 2003 セキュリティ更新プログラム: KB943985Microsoft Office Excel 2007 セキュリティ更新プログラム: KB946974 現在、米国本社とも連携をしながら、現象の確認と調整を進めております。ただし配信された更新プログラムのモジュール自体は正しいため、現時点でも正しく更新プログラムのインストールをいただけます。また、英語版のタイトルには問題が見つかっていないことから、本現象は日本語版の更新プログラムのタイトル部分のみの誤りであるとの認識です。そのため修正後のバージョンでタイトル部分が変更になった場合でも、モジュール本体に変更が無ければ、インストール後に再度本更新プログラムのインストールは発生しません。 表記の誤りから皆様の混乱を招いてしまい、誠に申し訳ございません。最新情報は随時、本ブログにて公開の予定です。 (関連URL)マイクロソフト セキュリティ情報 MS08-014 – 緊急 Microsoft…

2