MS10-090 (KB2416400) の検出と配布に関する不具合の修正について

こんにちは。マイクロソフトの伊藤です。 2010 年 12 月 15 日に公開されたセキュリティ更新プログラム MS10-090 について、適用後に古い更新が検出される不具合が修正されました。(ただし、IA64 版の MS10-090 については現在もテスト中のため、現時点で修正版は公開されていません。) 2011/1/12 更新IA64 版の MS10-090 についても、修正版が公開されました。以下に修正を WSUS へ反映させる手順について、ご紹介をします。 対処方法=====================WSUS にてカタログを同期し、修正リビジョンをインストール承認します。なお、WSUS のオプション設定が既定値 (”リビジョンの自動承認” が有効) の場合は、特に対処は必要ありません。 確認・対処手順=====================具体的な手順は次のとおりです。 1. WSUS 管理画面より同期処理を行い、修正されたリビジョンを WSUS サーバーで受信します。 2.  WSUS のオプション設定を確認します。WSUS 管理画面より [オプション]-[自動承認]-[詳細] 内の「承認済み更新プログラムの新しいリビジョンを自動的に承認する」が、「オン」(既定値) になっているかご確認ください。 3. 必要な作業 ▼上記オプションが「オン」(既定値) の場合          必要なアクションはありません。(WSUS は新しいリビジョンの着信により、自動的にその情報を使用します。)  ▼上記オプションが「オフ」の場合          MS10-090 のうちインストール承認しているものすべてについて、インストール承認情報を 旧リビジョンから新リビジョンへ移動する手動操作が必要です。( ※1 参照 ) 4. クライアントへ MS10-090 を適用し、OS の再起動後に古い更新が検出されないことをご確認下さい。…

0

MS10-090 (KB2416400) の検出と配布に関する不具合について

こんにちは。マイクロソフトの伊藤です。 12 月 15 日に公開されたセキュリティ更新プログラム MS10-090 について、配布に関するいくつかの不具合が見つかっております。WSUS より配布する際にも問題が発生する場合があり、利用者の皆様にはご迷惑をお掛けしております。誠に申し訳ありません。 マイクロソフト セキュリティ情報 MS10-090 – 緊急Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (2416400)http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS10-090.mspx 2011/1/5 更新問題 2 に関する修正が公開されました。詳しくは下記のブログ記事をご参照ください。 MS10-090 (KB2416400) の検出と配布に関する不具合の修正についてhttp://blogs.technet.com/b/jpwsus/archive/2011/01/05/ms10-090-reoffer-fixed.aspx 根本的な対処方法については弊社開発担当にて検討中ですが、現時点で判明している問題・要因・対処方法についてご紹介します。なお、本ブログ記事は下記の英語ブログ記事を元に作成しております。 Update on a couple issues we are seeing related to detection and installation of MS10-090 (KB2416400)http://blogs.technet.com/b/sus/archive/2010/12/16/update-on-a-couple-issues-we-are-seeing-related-to-detection-and-installation-of-ms10-090-kb2416400.aspx 問題 1:WSUS クライアントが繰り返し MS10-090 を検出する <現象>WSUS より MS10-090 をインストール承認します。クライアントへダウンロード センターより個別に取得した MS10-090 (KB2416400) を適用し、OS を再起動します。MS10-090 (KB2416400)…

4