セキュリティ アドバイザリ KB2661254 の配布について

こんにちは。マイクロソフト 伊藤です。 本日リリースされたセキュリティ アドバイザリ KB2661254 を WSUS から配布する場合には、通常の更新とは異なる手続きが必要となります。 Microsoft Security Advisory (2661254) Update For Minimum Certificate Key Lengthhttp://technet.microsoft.com/en-us/security/advisory/2661254 WSUS へ配信される更新プログラムの情報が書かれた KB894199 を確認すると、本セキュリティ アドバイザリは “カタログ” のみへの配信であることがわかります。 Description of Software Update Services and Windows Server Update Services changes in content for 2012http://support.microsoft.com/kb/894199/en-us Update for Windows (KB2661254) Locale: All Deployment: Catalog カタログのみへ配信される更新プログラムは、WSUS サーバーを Microsoft Update サイトと同期させても入手は出来ません。Microsoft Update カタログ サイトから、個別にインポートする必要があります。…


WSUS サーバーに大量の改訂版が同期された

こんにちは。マイクロソフトの伊藤です。 先月から、運用中の WSUS サーバーに大量の改訂版が同期された、というお問い合わせが増えています。その理由について、米国の WSUS ブログに関連記事が公開されました。 Support Tip: Many new revisions of updates may be downloaded by the WSUS serverhttp://blogs.technet.com/b/sus/archive/2012/10/31/support-tip-many-new-revisions-of-updates-may-be-downloaded-by-the-wsus-server.aspx WSUS 3.0 SP2 サーバーへ KB2734608 を適用することで、WSUS クライアントとして Windows 8 / Windows Server 2012 を管理可能になります。ただし、Windows 8 / Windows Server 2012 はファイルの署名検証が強化されているため、従来の更新プログラム インストーラーをそのまま適用することが出来ません。 その問題を解決するために、既に公開済みの更新プログラムについて、Windows 8 / Windows Server 2012 に対応するようファイルへの署名方法が変更され、改訂版としてリリースされました。WSUS サーバーが同期対象とする製品、クラス、言語にもよりますが、1,000 – 3,000 程度の改訂版が一度に同期される場合もあります。 また、米国のブログに内容には含まれていませんが、Windows 7 /…


2/3 以降 WSUS のカタログ同期が失敗する

************* 3/13 Update ************* 本問題についての最終結論といたしまして、WSUS 3.0 SP2 最新のアップデートである、KB2734608 を適用いただくことで回避をお願いいたします。本アップデートは、任意ではなく、全 WSUS サーバーに対して必須の扱いとなります。詳細は以下をご参考願います。  <重要> WSUS の更新プログラムは確実に最新版の適用を行ってくださいhttp://blogs.technet.com/b/jpwsus/archive/2013/03/13/lt-gt-wsus.aspx 現状、KB2734608 が未適用であるが、更新プログラムのカタログ同期に支障無い場合には、緊急性は低いものとなりますが、問題が将来的に発生する可能性もありますため、ご検討をお願いします。   こんにちは、マイクロソフトの石井です。 2/3 以降、マイクロソフト アップデート サーバーにて問題が生じており、一部 WSUS サーバーからはインターネット接続を行ってのカタログの同期が失敗するという現象が報告されています。 マイクロソフト アップデート サーバー側の問題が原因の場合、WSUS インストール フォルダの LogFiles\SoftwareDistribution.log に下記内容のログが記録されます。   <html><head><title>Objectmoved</title></head><body> <h2>Objectmoved to <ahref=”%2fmicrosoftupdate%2fv6%2ferrorinformation.aspx%3ferror%3d15″>here</a>.</h2> </body></html>   問題が存在するアップデート サーバーは、旧バージョンの弊社アップデートサーバーの一部であることが絞り込まれています。 WSUS サーバーは、しばらくの間、特定のアップデート サーバーに接続するという動作であるため、環境によっては日数が経過しても問題が発生しているアップデートサーバーに接続し続ける状況となります。   旧サーバーにおける本問題については、弊社にて解決に向けて調査中ですが、問題を回避する方法について、実績が寄せられておりますので、ご紹介します。 現時点で問題が発生している WSUS 環境には、2 月の月次セキュリティ更新プログラムのリリースまでに適用をいただくことをお奨めいたします。   – 回避策 WSUS に更新プログラム KB…


Internet Explorer 10 ( Windows Server 2008 R2 用 ) のタイトル誤表記について

こんにちは、マイクロソフトの福島です。 今回は Windows Update / Microsoft Update の情報を投稿いたします。 # WSUS に対しては、まだリリースはされていませんので、本現象の影響は受けません。# Windows Update 専用のサポート担当ブログは無いのでここに投稿いたします。# ちなみに WSUS と Windows Update は同じ担当者がサポートしております。   先日、Internet Explorer 10 (以下 IE10) が Windows Update から配信開始されましたが、その Windows Update / Microsoft Update カタログに表示されるタイトル上に誤記があります。Windows Server 2008 R2 用の日本語タイトルが、以下のとおり ”Internet Explorer 9” (以下IE9) と表示されてしまいます。 こちら目下、修正を行っておりますので申し訳ございませんがしばらくお待ちください。現時点の予定としましては日本時間 3/27 (水) 頃の修正リリースを目指し準備中という状況です。 なお、この問題は Windows Update および Microsoft Update…


MS13-036 (KB2829996) インストール後に OS が起動しない問題について

—-Update 4/24/2013 ——– MS13-036 (KB2829996)  の問題を修正する更新プログラム KB2840149 を再リリースいたしました。詳細は、以下のページをご参照ください。 KB2823324 (MS13-036) を修正する更新プログラム KB2840149 を再リリースしましたhttp://blogs.technet.com/b/jpwsus/archive/2013/04/24/kb2823324-ms13-036-kb2840149.aspx————————————-   こんにちは。マイクロソフトの伊藤です。 今月リリースされた MS13-036 について、適用後に一部の環境で OS が起動しなくなる問題が報告されています。このため、Microsoft Update サイトからは MS13-036 の配信を一時的に停止しております。 WSUS にも同期のタイミングで配信停止となる予定ですが、配信サーバーが複数存在する関係上、すべての WSUS サーバーへ配信停止が行き渡るまでには時間がかかる見込みです。もし、WSUS 管理をされていて、MS13-036 の配布を実施している場合には配布の停止をお願いします。 マイクロソフト セキュリティ情報 MS13-036 – 重要カーネルモード ドライバーの脆弱性により、特権が昇格される (2829996)http://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/MS13-036 現在、対処方法について確認を進めております。既知の問題の詳細や暫定的な対処方法については、下記の技術情報をご参照下さい。 2823324 のセキュリティ更新プログラムをインストールした後、Windows 7 で停止 0xc000000e スタートアップ エラーが表示されます。http://support.microsoft.com/kb/2839011 You receive a Stop 0xc000000e startup error in Windows 7…


[WSUS 4.0] WSUS が Microsoft Update に接続ができない問題について修正プログラム (KB2838998) をリリースしました

こんにちは。日本マイクロソフトの石井です。 Windows Server 2012 上の WSUS (WSUS 4.0) が、Microsoft Update と正常に接続出来ない問題について、修正プログラムがリリースされました。 WSUS の役割をインストールしている環境で、Proxy サーバーを使用する場合、Proxy サーバーとの認証が必要と構成されている場合には、あらかじめ WSUS のオプション設定で認証情報を登録可能です。しかしながら、このように設定していても、正常に接続出来ない場合があった問題を修正いたしました。 WSUS server can’t connect to Windows Update in Windows Server 2012http://support.microsoft.com/kb/2838998 下記の設定箇所を利用している場合に、更新プログラムの適用をお願いいたします。その他の問題の修正はありませんので、お客様の Proxy サーバーにおいてユーザー認証が必要な環境でのみ、適用して下さい。   更新プログラムの適用にあたって、サーバーの再起動が発生する可能性があります。WSUS を System Center 2012 Configuration Manager から利用している場合も、条件に一致する場合には、本更新の適用をお願いいたします。  


MS13-044 : Visio 2010 用のセキュリティ更新 ( KB2810068 ) メタデータ修正について

こんにちは、マイクロソフトの福島です。 今月 公開されたセキュリティ更新プログラム MS13-044 のうち Visio 2010 用のパッケージ KB2810068 のメタデータについて問題が見つかり、それを修正するリビジョンが本日、公開されました。 この影響により、設定によっては 「急に 本日 KB2810068 が WSUS サーバーに新規着信した」 ということが生じることがあります。月例リリースから一週間以上遅れてのご提供となり、お客様にはご迷惑をお掛けいたしますことお詫び申し上げます。 本件の影響の有無は次のとおりです。 WSUS サーバーのオプション「更新ファイルと更新言語」の言語設定にて「英語」が選択されているお客様: 本修正の影響はありません。既にクライアントへの配信を開始されていた場合、サーバー/クライアントとも、昨日までの同じ動作を継続します。お客様におけるアクションは不要です。  ※ なお WSUS サーバー上で KB2810068 を確認すると、昨日までは「サポートされる言語」が「英語」と表示されていましたが、本日のリビジョンを着信した後は「すべて」に変わります。 「英語」が選択されていないお客様: 今回の修正により WSUS に初めて KB2810068 が着信します。申し訳ございませんが、必要に応じ検証や承認など、通常のセキュリティ更新のリリースに対するご対応をお願いいたします。  


MS13-054 : KB2687276 ( Office 2010 用セキュリティ更新プログラム ) が着信しない

こんにちは、マイクロソフトの福島です。 本日 公開されたセキュリティ更新プログラム MS13-054 のうち Office 2010 用のパッケージ KB2687276 が、「WSUS サーバーに着信しないことがある」 という問題が見つかりましたので、取り急ぎご報告いたします。 この問題の影響を受けるかどうかは、WSUS サーバーのオプション「更新ファイルと更新言語」の言語設定に依存します。 WSUS の言語オプションの選択に「英語」が含まれていれば影響を受けませんが、「英語」が指定されていない場合、その WSUS サーバーは現在、KB2687276 を受信することができません。 これは更新プログラムの本体ではなく、配信管理用の情報における問題であると考えられます。現在、調査に入っておりますので、この影響を受けているお客様は、たいへん申し訳ございませんが、今しばらくお待ちください。修正次第リビジョンがリリースされ、その結果 WSUS サーバーに着信するようになる見込みです。 大変ご迷惑をお掛けいたしますことお詫び申し上げます。   2013/07/11 追記 本日、修正されております。( リビジョン # 202 ) ただし WSUS の同期実行時刻によっては、まだ着信できていないケースもあるようですので、大変お手数ですが、手動にて同期を実行するなどにて、ご確認をいただけましたら幸いです。 なお オフライン カタログ ファイル wsusscn2.cab の修正にはさらに あと一、二営業日ほど頂く予定です。恐れ入りますが cab ファイルをご利用のお客様はもう少々、お待ちください。 ご迷惑をお掛けしましたこと重ねてお詫び申し上げます。


クリーンアップ ウィザードにより IIS のプロセスがクラッシュする

こんにちは。WSUS サポート チームです。   Windows Server 2012 もしくは Windows Server 2012 R2 上の WSUS サーバーにおいてクリーンアップ ウィザードを実行した際に、以下のイベントが記録されて IIS のプロセスがクラッシュするという事象が報告されています。   ——————————————– ログの名前: システム ソース: Microsoft-Windows-WAS イベント ID: 5011 レベル: 警告 説明: アプリケーション プール 'WsusPool' に使われているプロセスでWindows プロセス アクティブ化サービスとの通信に重大なエラーが発生しました。プロセス ID は 'xxxx' でした。 ——————————————– ログの名前: アプリケーション ソース: ASP.NET 4.0.30319.0 イベント ID: 1325 レベル: エラー 説明: ハンドルされていない例外が発生し、処理が中止されました。 Application ID:…