WSUS 3.0 Service Pack 1 (SP1) が公開されました

マイクロソフト セキュリティ サポートの田村です。 WSUS 3.0 Service Pack 1 が正式に弊社ダウンロードセンターより公開されました。   Windows Server Update Services 3.0 SP1 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=F87B4C5E-4161-48AF-9FF8-A96993C688DF&displaylang=en   ダウンロード センターのページは、まだ英語のみで言語も “English” と表示されていますが、日本語環境でもお使いいただけます。昨日のポストにある不具合についても修正されています (MMC 3.0 の修正は含みませんが)。 あとは Windows Server 2008 にも対応しています。   インストール要件については、WSUS 3.0 と変わらず .NET Framework 2.0、MMC 3.0、Report Viewer 2005 (レポート機能を使うのであれば) 等です。 WSUS 3.0 初期出荷版からのアップグレードを検討される際には、Windows Internal Database 内部のスキーマも変更されていますので、アップグレード前にデータベースのバックアップを取得されることをお勧めします。   コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。

0

WSUS 3.0 の不具合について その 1

マイクロソフト セキュリティ サポートの田村です。 今回は WSUS 3.0 の不具合ネタについて取り上げまず。WSUS 3.0 は 2007 年 4 月末に初期出荷版をリリースしましたが、以降大小さまざまではありますが製品上の不具合、もしくは動作上分かりにくいといったお問い合わせを弊社サポート宛てにいただいております。 中には技術文書 (KB) として公開しているものもあるのですが、記事を見つけにくかったりで、まだまだ認知度が低い状態です。特に不具合の類ものは、それと知っていれば余計な切り分けに時間をかける必要もなかったとのご意見もいただいており、心苦しく申し訳ないと感じています。以下に、簡単ではありますが、お問い合わせ件数が多かったり影響範囲の大きいものをリストアップしました。ご参考になれば幸いです。(今回はリストアップにとどめ、分かりにくい内容のものはまた後日詳細説明をしようと思います) ■ クライアント ターゲットを有効にした際に、日本語コンピュータ グループにクライアントが登録されない[現象]– GPO の 「コンピュータ ターゲットを有効にする」 で日本語名のグループを指定– WSUS 3.0 サーバーへの検出実行時に、管理コンソールのタスク部分に 「コンピュータが、存在しないコンピュータグループを要求しました:????」 と表示される。– クライアントは 「割り当てられていないコンピュータ」 グループに振り分けられる。[対処方法]– 修正プログラム KB941473 の適用 (x86、x64 版とも)http://support.microsoft.com/kb/941473/– WSUS 3.0 SP1 で修正されています ■ PDF レポートが文字化けする[現象]WSUS 3.0 管理コンソールからレポートを作成、PDF へ出力をすると、PDF ファイル内日本語部分が 「????」 と文字化けする。[対処方法]– 以下の KB で回避策について説明をしています。WSUS 3.0…

1

WSUS からの IE7 自動更新開始について

  マイクロソフト セキュリティ サポートの伊藤です。   日本時間の 2008 年 2 月 13 日 (米国時間 2 月 12 日) に、WSUS に対して Internet Explorer 7 (IE7) が追加される予定です。お客様の事情により WSUS から IE7 の自動更新を停止したい、というお問い合わせも何件かいただいております。弊社の技術情報やニュースサイト等でも情報が公開されておりますが、よく質問される内容を中心に注意点をご説明します。   なお、この情報は 2008 年 2 月 6 日現在の予定です。自動更新開始の直前まで検証作業を行っており、配信設定が変更となる可能性がありますことを、予めご了承ください。もし今後、配信設定が変更となる場合には、本ブログでもお知らせを致します。   ■ 対象となる OS は?Internet Explorer 6 がインストールされた、Windows XP SP2 または Windows Server 2003 SP1 以降 (R2 含む)Windows Vista…

2

2008 年 1 月 23 日 WSUS から Silverlight が新製品として追加

マイクロソフト セキュリティ サポートの田村です。 日本時間の 1 月 23 日 (米国時間 1 月 22 日) に Microsoft Update と WSUS に対して、Silverlight 製品の追加が予定されています。Silverlight は Internet Explorer や Firefox の Web ブラウザ上でマルチメディア コンテンツを再生する技術ですが、詳細についてはマイクロソフトの以下のサイトを参照ください。 http://www.microsoft.com/silverlight 配信を予定しているのは Silverlight 1.0 のインストール モジュールで、対象 OS は Windows XP SP2 と Windows Server 2003 シリーズになります。Microsoft Update と WSUS でのそれぞれの配信予定は以下となります。 Microsoft Update からの配信では、”追加選択” からのモジュール選択、インストール時にはユーザー側で対話的に操作を行ってインストールを行います。 WSUS からの配信では、モジュールの製品は…

0

MS07-069 Internet Explorer 6 用累積パッチの一部不具合を修正する更新プログラム

マイクロソフト セキュリティ サポートの田村です。今月 12 月に月例公開をした MS07-069 Internet Explorer 用更新プログラムで、適用後一部の Internet Explorer 6 環境で不具合がありましたが、それを修正する更新プログラムが本日 12/21 日本時間 10:00am に KB946627 として公開されました。対象は Internet Explorer 6 がインストールされている Windows XP SP2 環境です。 既にマイクロソフトのダウンロード センター、Windows Update および WSUS からも配信が始まっています。また、MS07-069 のセキュリティ情報ページも更新されました。 マイクロソフト ダウンロード センターUpdate for Internet Explorer for Windows XP Service Pack 2 (KB946627)http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=cc096493-367d-4d28-80ab-2a70139ae839 マイクロソフト セキュリティ情報 MS07-069 – 緊急Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (942615)http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS07-069.mspx…

0

11 月 12 – 13 日の期間に同期をした WSUS サーバーの管理画面が開かない

日本マイクロソフト セキュリティ サポートの田村です。  最近セキュリティ サポート チームでも情報公開の一環としてブログを始めようとした矢先に、まず第一号のポストが不具合のお知らせになってしまいました。 現在 WSUS 2.0 および WSUS 3.0 で 11/12 – 11/13 の期間中に同期を行ったサーバーで、管理画面が開かなくなってしまうという問題が発生しております。 今回の問題に関しましては 2007 年 11 月 12 日夜半 (日本時間) より配信をしました WSUS コンテンツの一部に不具合があったことに起因しています。 WSUS サーバーからクライアント PC への更新プログラム配信については問題はありません。本件は WSUS 管理画面のみのエラーとなります。 本現象は WSUS 2.0 および WSUS 3.0 のみと問題となります。よって Windows Update / Microsoft Update / Automatic Update での影響はありません。 問題の発生時刻、経緯は?===========================今回の問題は日本時間の 11 月 12 日 10:00am から 11 月 13…

0