Windows XP や Windows Server 2003 環境において、Windows Update 実行時に Svchost.exe の CPU 使用率が 100 % となる、時間を大幅に要する

12/11/2013 更新~~~~~~~~~本事象が、12 月公開分の IE の累積更新プログラム(KB2898785)の検出時においても発生するとの報告がございました。なお、KB2898785 をインストール完了して頂く事によって事象が改善する事も確認されております。(※こちらは暫定対処策 1 に該当します。)この事象につきましては、情報に更新があり次第、随時当該ブログでご案内させて頂きます。~~~~~~~~~ 11/27/2013 更新~~~~~~~~本日、本事象への恒久対処策として、数年前に公開させて頂いた古い「Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム」を期限切れ(公開停止)とする対処を実施させて頂きました。暫定対処策を実施されていない WSUS 環境におきましても、これによって置き換え関係を参照する対象が少なくなり、その結果として、IE の累積更新プログラムを検出する際の高負荷の状況が緩和される事が考えられます。なお、期限切れの情報は、WSUS サーバーを Microsoft Update サイトと同期して頂ければ、着信可能です。 また、以下の WSUS のオプションを既定のままオンで運用されている場合には、期限切れの着信に伴って期限切れとなった古い IE の累積更新プログラムが、自動的に拒否済みに設定される動作となります。そのため、管理者様が恒久対処策の反映のために追加で作業を実施する必要はございません。 ——–WSUS サーバーの [自動承認] オプションの [詳細] タブの設定 – [承認済み更新プログラムの新しいリビジョンを自動的に承認する] がオン- [新しいリビジョンにより期限切れとなった更新プログラムを自動的に拒否する] がオン——– しかしながら、オフで運用されている場合には、期限切れが着信した後にも IE の累積更新プログラムは自動的に拒否済みとなりません。管理者様が手作業で期限切れとなった IE の累積更新プログラムを拒否済みに設定して頂く必要がございますので、ご注意くださいますようお願いいたします。~~~~~~~~ 11/22/2013 更新~~~~~~~~本事象は、11 月公開分の「Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム」でも同様に発生する事を確認しております。恒久対策につきましては、現在、検討中の段階でございますので、ご不便をおかけいたしておりますが、暫定対処策の実施をご検討賜りますようお願い申し上げます。~~~~~~~~ 11/20/2013 更新~~~~~~~~~~暫定対処策 (2) に、「※補足 3」 を追記いたしました。~~~~~~~~~~ 皆さま、こんにちは。WSUS サポートチームです。 Windows XP…

90

Windows 10 の Windows Update の自動更新設定

みなさま、こんにちは!WSUS サポート チームです。 7 月 29 日に、ついに Windows 10 がリリースされましたが、みなさまもうアップグレードはされましたでしょうか?! このブログ記事では、読者のみなさまが気になっているであろう Windows 10 における Windows Update の自動更新設定についてご紹介します。Windows 10 の環境では、Windows Update の自動更新の設定方法が大きく変わりました。下記の順にご案内していきます。   ・ Windows Update 関連の設定箇所について ・ 自動更新の設定について Windows Update 関連の設定箇所について Windows 10 からは、コントロール パネルの Windows Update の項目がなくなり、自動更新を含む Windows Update 関連の設定は、すべて 「設定」から行うようになりました。 下記の手順にて Windows Update 関連の設定画面を開けます。   [スタート] – [設定] を選択します。   [更新とセキュリティ] をクリックします。  …


「Windows Update がなかなか終わらないな…」と思ったら

みなさま、こんにちは。WSUS サポート チームです。   今回は最近お問い合わせが増えてきた「Windows Update がなかなか終わらない!」「Windows Update の実行が重い!」問題について紹介します。   Windows Update を実行すると下記の「更新プログラムを確認しています…」の画面のままで、数十分 ~ 数時間も結果が返ってこないような場合には是非ご一読ください!     この問題は更新プログラムが多くリリースされている Windows 7 の環境で多くの報告がされています。特に OS インストール直後に Windows Update を実行すると数時間なんの応答もない!といったお問い合わせがあります。   Windows Update による更新プログラムの処理対象が多い環境では、どうしても処理対象の件数が多く、処理が長くなってしまうのですが、それにしても「うわっ…私の Windows Update、長すぎ…?」と思ったら、まずは Windows Update を実行する前に、下記に 2 つの更新プログラムを手動で先に適用してみてください。   – 最新の WUA (Windows Update Agent) の更新プログラム – 最新の IE (Internet Explorer) の累積的なセキュリティ更新プログラム – (補足 1) WSUS…


WSUS 2.0 環境での MS08-040 更新プログラム インストール失敗について

マイクロソフト セキュリティ サポートの田村です。   本日公開されました MS08-040 SQL Server のセキュリティ更新プログラムを、WSUS 2.0 で使用する WMSDE に適用しようとすると失敗するという問題が確認されております。なお、WSUS 3.0 用の Windows Internal Database (WID) に関しては問題なく適用可能です。 この問題は、Windows Update / Microsoft Update / WSUS カタログ情報の誤りが原因で発生しておりますので、早急に更新プログラムのインストールが必要な場合は、手動でのインストールご検討くださいますようお願いいたします。   – 現象 Windows Update / Microsoft Update / WSUS から MS08-040 セキュリティ更新プログラムを WSUS 2.0 で使用する WMSDE にインストールしようとするとインストールに失敗します。その際は、システムイベントログに以下のエラーが記録されます。   —– イベントの種類: エラー イベント ソース:        Windows Update Agent…

9

WSUS 3.0 SP2 の Windows 8 / Windows Server 2012 対応について (KB2734608)

こんにちは。マイクロソフトの伊藤です。 WSUS 3.0 SP2 用に、下記の更新プログラムがリリースされました。 An update for Windows Server Update Services 3.0 Service Pack 2 is available (KB2734608)http://support.microsoft.com/kb/2734608/en-us この更新プログラムを適用することで、Windows 8 / Windows Server 2012 を WSUS クライアントとして、管理することが出来るようになります。また、KB2734608 は 2012/6 にリリースされた WSUS 用の更新プログラム KB2720211 の修正内容を含み、更に適用時、適用後の問題を修正しています。 WSUS サーバーへ KB2720211 を未適用のお客様は、KB2734608 の適用をご検討ください。なお、親子構成の WSUS サーバーへ KB2734608 を適用する際には、下記の順で適用をお願いします。 (※本ブログの末尾に記載しました 「2013/02/08 追記:KB2734608 適用時の注意事項」 も併せて必ずご確認ください。) 1. 親の WSUS サーバーを Microsoft Update…

8

KB2760411, KB2760588, KB2760583 がインストール後にも再度検出される

最終更新~~~~~~~~~~~米国時間 9 月 13 日に、本問題の修正を完了いたしております。   更新 (9/12/2013)~~~~~~~~~~~本事象につきましては、インストールが必要なセキュリティ更新プログラムを検出するロジックに問題があることがわかっており、数日以内に修正を完了することを予定しています。 なお、一度セキュリティ更新プログラムをインストールした場合は、正しくセキュリティ更新プログラムは適用されており、脆弱性より保護されている状態です。本問題により、再度、セキュリティ更新プログラムを適用するよう求められても、再度インストールを行う必要はありません。 セキュリティ情報 MS13-072/MS13-073 – 繰り返し適用を求められる現象についてhttp://blogs.technet.com/b/jpsecurity/archive/2013/09/12/3596117.aspx     こんにちは。日本マイクロソフトの三島です。 9 月分のセキュリティ更新プログラムとして公開されております、以下の 3 点の更新プログラムにおきまして、インストール完了後にも、再度必要な更新プログラムとして検出されるとの報告がございます。 ~~~~~~~~~ セキュリティ更新プログラムを Microsoft Excel 2007 (xlconv x none.msp) MS13-073: 説明: 2013 年 9 月 10 日http://support.microsoft.com/kb/2760588 2007 セキュリティ更新プログラムの説明を MS13-072: システムの Office (MSO): 2013 年 9 月 10 日http://support.microsoft.com/kb/2760411 Microsoft Office Excel 2007 セキュリティ更新プログラムの MS13-073: 説明: 2013 年…

7

KB2720211 適用後に WSUS サーバーが起動しなくなった

こんにちは。マイクロソフトの伊藤です。 先日のブログ記事にて WSUS 3.0 SP2 サーバー環境へ適用する更新プログラムについて、ご紹介をしました。 WSUS のセキュリティ強化に関する修正プログラムについて http://blogs.technet.com/b/jpwsus/archive/2012/06/12/wsus-update-kb2720211.aspx その後、この更新プログラム KB2720211 を適用後に WSUS サーバーが起動しなくなった、という事例が数件ではありますが報告されています。まだはっきりとわかっていない点もいくつかあるのですが、現時点で把握できている情報をまとめましたので、同様の症状でお困りの方はご一読下さい。 ■ 問題の詳細についてWSUS 3.0 SP2 が既定で利用するデータベース Windows Internal Database (WID) が、下記のエラーで利用不可となることが、直接の原因です。 2012-06-14 11:39:40.93 spid53      Access to module dbo.spSetupLogin is blocked because the signature is not valid. このエラーは WID のエラーログに記録されます。WID のエラーログは既定の設定で、下記のファイル (ERRORLOG という名前の拡張子を持たないファイルです) へ出力されます。 C:\Windows\SYSMSI\SSEE\MSSQL.2005\MSSQL\LOG\ERRORLOG もしこのパスにログファイルが見つからない場合には、ファイル名 “ERRORLOG” で検索して下さい。 エラーの内容としては “the signature is not…

6

Windows XP / Server 2003 のクリーン インストール後、Microsoft Update でループ

~~~~~~~~~Update 2013/8/26~~~~~~~~~Microsoft Update の画面がループする事象の他に、エラーコード 0x8024D001 が画面に表示され、更新が実行できない事があるとの報告もございます。このような事象が発生した場合にも、下記にご案内しております 2 点の方法にて、回避して頂く事が可能です。     こんにちは、マイクロソフトの福島です。 今回は Windows Update / Microsoft Update の情報を投稿いたします。 # WSUS 環境は本現象の影響を受けないため、直接関係しない情報です。# Windows Update 専用のサポート担当ブログは無いのでここに投稿いたします。# ちなみに WSUS と Windows Update は同じ担当者がサポートしております。   Windows XP SP3 や Windows Server 2003 SP2 をクリーン インストールし、その後 Windows Update を実行するとき、接続先を「Microsoft Update」に切り替えると、うまくいかず何度も同じ画面に戻ってしまうことがあります。 この事象は、上記 OS の初期状態に含まれている Windows Update クライアント モジュールが非常に古いことと関連しています。 同じく Windows XP…

6

WSUS 4.0 (Windows Server 2012) アンインストール手順 について

更新 (10/25/2013)~~~~~~~~~~~~~前回公開いたしました手順では、「%program files%\Update Services」フォルダを手動削除する手順を含めさせて頂いておりましたが、このフォルダを削除した場合には、 WSUS サーバーの再構築時にエラーが発生する事が確認されました。「%program files%\Update Services」 のフォルダ削除を抜いた手順を以下に記載いたしましたので、恐れ入りますが、こちらを最新手順としてご利用くださいますようお願いいたします。~~~~~~~~~~~~~ 皆さま こんにちは。 マイクロソフトの香取です。  以前、「[WSUS 4.0] Windows Server 2012 の WSUS の主な変更点について」 の記事で WSUS 4.0 のアンインストール手順について別途ご紹介することを記載しました。WSUS 4.0 のアンインストール手順をまとめましたので、現在、Windows Server 2012 にて WSUS の構築や検証を行っていただいていらっしゃる方々にご一読いただけますと幸いです。 【 Windows Server 2012 の環境における WSUS 4.0 をアンインストールする手順 】 A) WSUS サーバー、IIS、Windows Internal Database のアンインストール**********************************************************************サーバー マネージャー から WSUS サーバー、IIS、Windows Internal Database をアンインストールします。 1. サーバー マネージャー…

6

Windows Updateを行うと、0x80080005 が表示される

こんにちは、WSUS サポート チームです。  Windows Update をお使いの環境でエラーコード:0x80080005 が表示されるとのご相談をいただくことがあります。   本エラー メッセージは Access is denied.:ファイルやレジストリのアクセス拒否が発生したことを意味しますが、純粋に Windows Update の機能が破損している場合以外に、以下のレジストリの設定値に起因する場合があります。   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control  名前: RegistrySizeLimit 種類: REG_DWORD   Windows 7 を含む、Windows XP / Windows Server 2003 以降の環境の場合、既定では RegistrySizeLimit のレジストリは設定されておりませんので、本レジストリの影響で 0x80080005 エラーが発生している可能性があります。 もし Windows Update 中に本エラー コード : 0x80080005 が発生した場合は、後述の手順をお試しください。   <重要> レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがありますので、以下を参考に手順実施前にレジストリのバックアップを必ず取得してください。   ■ レジストリをバックアップする http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/back-up-registry#1TC=windows-7   – RegistrySizeLimit…