Windows XP や Windows Server 2003 環境において、Windows Update 実行時に Svchost.exe の CPU 使用率が 100 % となる、時間を大幅に要する

12/11/2013 更新~~~~~~~~~本事象が、12 月公開分の IE の累積更新プログラム(KB2898785)の検出時においても発生するとの報告がございました。なお、KB2898785 をインストール完了して頂く事によって事象が改善する事も確認されております。(※こちらは暫定対処策 1 に該当します。)この事象につきましては、情報に更新があり次第、随時当該ブログでご案内させて頂きます。~~~~~~~~~ 11/27/2013 更新~~~~~~~~本日、本事象への恒久対処策として、数年前に公開させて頂いた古い「Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム」を期限切れ(公開停止)とする対処を実施させて頂きました。暫定対処策を実施されていない WSUS 環境におきましても、これによって置き換え関係を参照する対象が少なくなり、その結果として、IE の累積更新プログラムを検出する際の高負荷の状況が緩和される事が考えられます。なお、期限切れの情報は、WSUS サーバーを Microsoft Update サイトと同期して頂ければ、着信可能です。 また、以下の WSUS のオプションを既定のままオンで運用されている場合には、期限切れの着信に伴って期限切れとなった古い IE の累積更新プログラムが、自動的に拒否済みに設定される動作となります。そのため、管理者様が恒久対処策の反映のために追加で作業を実施する必要はございません。 ——–WSUS サーバーの [自動承認] オプションの [詳細] タブの設定 – [承認済み更新プログラムの新しいリビジョンを自動的に承認する] がオン- [新しいリビジョンにより期限切れとなった更新プログラムを自動的に拒否する] がオン——– しかしながら、オフで運用されている場合には、期限切れが着信した後にも IE の累積更新プログラムは自動的に拒否済みとなりません。管理者様が手作業で期限切れとなった IE の累積更新プログラムを拒否済みに設定して頂く必要がございますので、ご注意くださいますようお願いいたします。~~~~~~~~ 11/22/2013 更新~~~~~~~~本事象は、11 月公開分の「Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム」でも同様に発生する事を確認しております。恒久対策につきましては、現在、検討中の段階でございますので、ご不便をおかけいたしておりますが、暫定対処策の実施をご検討賜りますようお願い申し上げます。~~~~~~~~ 11/20/2013 更新~~~~~~~~~~暫定対処策 (2) に、「※補足 3」 を追記いたしました。~~~~~~~~~~ 皆さま、こんにちは。WSUS サポートチームです。 Windows XP…

90

WSUS 2.0 環境での MS08-040 更新プログラム インストール失敗について

マイクロソフト セキュリティ サポートの田村です。   本日公開されました MS08-040 SQL Server のセキュリティ更新プログラムを、WSUS 2.0 で使用する WMSDE に適用しようとすると失敗するという問題が確認されております。なお、WSUS 3.0 用の Windows Internal Database (WID) に関しては問題なく適用可能です。 この問題は、Windows Update / Microsoft Update / WSUS カタログ情報の誤りが原因で発生しておりますので、早急に更新プログラムのインストールが必要な場合は、手動でのインストールご検討くださいますようお願いいたします。   – 現象 Windows Update / Microsoft Update / WSUS から MS08-040 セキュリティ更新プログラムを WSUS 2.0 で使用する WMSDE にインストールしようとするとインストールに失敗します。その際は、システムイベントログに以下のエラーが記録されます。   —– イベントの種類: エラー イベント ソース:        Windows Update Agent…

9

WSUS 3.0 SP2 の Windows 8 / Windows Server 2012 対応について (KB2734608)

こんにちは。マイクロソフトの伊藤です。 WSUS 3.0 SP2 用に、下記の更新プログラムがリリースされました。 An update for Windows Server Update Services 3.0 Service Pack 2 is available (KB2734608)http://support.microsoft.com/kb/2734608/en-us この更新プログラムを適用することで、Windows 8 / Windows Server 2012 を WSUS クライアントとして、管理することが出来るようになります。また、KB2734608 は 2012/6 にリリースされた WSUS 用の更新プログラム KB2720211 の修正内容を含み、更に適用時、適用後の問題を修正しています。 WSUS サーバーへ KB2720211 を未適用のお客様は、KB2734608 の適用をご検討ください。なお、親子構成の WSUS サーバーへ KB2734608 を適用する際には、下記の順で適用をお願いします。 (※本ブログの末尾に記載しました 「2013/02/08 追記:KB2734608 適用時の注意事項」 も併せて必ずご確認ください。) 1. 親の WSUS サーバーを Microsoft Update…

8

KB2760411, KB2760588, KB2760583 がインストール後にも再度検出される

最終更新~~~~~~~~~~~米国時間 9 月 13 日に、本問題の修正を完了いたしております。   更新 (9/12/2013)~~~~~~~~~~~本事象につきましては、インストールが必要なセキュリティ更新プログラムを検出するロジックに問題があることがわかっており、数日以内に修正を完了することを予定しています。 なお、一度セキュリティ更新プログラムをインストールした場合は、正しくセキュリティ更新プログラムは適用されており、脆弱性より保護されている状態です。本問題により、再度、セキュリティ更新プログラムを適用するよう求められても、再度インストールを行う必要はありません。 セキュリティ情報 MS13-072/MS13-073 – 繰り返し適用を求められる現象についてhttp://blogs.technet.com/b/jpsecurity/archive/2013/09/12/3596117.aspx     こんにちは。日本マイクロソフトの三島です。 9 月分のセキュリティ更新プログラムとして公開されております、以下の 3 点の更新プログラムにおきまして、インストール完了後にも、再度必要な更新プログラムとして検出されるとの報告がございます。 ~~~~~~~~~ セキュリティ更新プログラムを Microsoft Excel 2007 (xlconv x none.msp) MS13-073: 説明: 2013 年 9 月 10 日http://support.microsoft.com/kb/2760588 2007 セキュリティ更新プログラムの説明を MS13-072: システムの Office (MSO): 2013 年 9 月 10 日http://support.microsoft.com/kb/2760411 Microsoft Office Excel 2007 セキュリティ更新プログラムの MS13-073: 説明: 2013 年…

7

KB2720211 適用後に WSUS サーバーが起動しなくなった

こんにちは。マイクロソフトの伊藤です。 先日のブログ記事にて WSUS 3.0 SP2 サーバー環境へ適用する更新プログラムについて、ご紹介をしました。 WSUS のセキュリティ強化に関する修正プログラムについて http://blogs.technet.com/b/jpwsus/archive/2012/06/12/wsus-update-kb2720211.aspx その後、この更新プログラム KB2720211 を適用後に WSUS サーバーが起動しなくなった、という事例が数件ではありますが報告されています。まだはっきりとわかっていない点もいくつかあるのですが、現時点で把握できている情報をまとめましたので、同様の症状でお困りの方はご一読下さい。 ■ 問題の詳細についてWSUS 3.0 SP2 が既定で利用するデータベース Windows Internal Database (WID) が、下記のエラーで利用不可となることが、直接の原因です。 2012-06-14 11:39:40.93 spid53      Access to module dbo.spSetupLogin is blocked because the signature is not valid. このエラーは WID のエラーログに記録されます。WID のエラーログは既定の設定で、下記のファイル (ERRORLOG という名前の拡張子を持たないファイルです) へ出力されます。 C:\Windows\SYSMSI\SSEE\MSSQL.2005\MSSQL\LOG\ERRORLOG もしこのパスにログファイルが見つからない場合には、ファイル名 “ERRORLOG” で検索して下さい。 エラーの内容としては “the signature is not…

6

KB2823324 (MS13-036) を修正する更新プログラム KB2840149 を再リリースしました

日本マイクロソフトの三島です。 皆様に多大なるご迷惑をおかけいたしておりました KB2823324 (MS13-036) について、修正を行う更新プログラムを、本日、再リリースいたしました。 再リリース版は「KB2840149」としてリリースされており、配信停止した KB2823324 とは別の KB 番号が割り当てられています。お手数ではございますが、問題の発生した/していない端末にかかわらず「KB2840149」の更新プログラムの適用をお願いいたします。 Microsoft Security Bulletin MS13-036 – Importanthttp://technet.microsoft.com/en-us/security/bulletin/ms13-036 —–本文抜粋——V3.0 (April 23, 2013): Rereleased bulletin to replace the 2823324 update with the 2840149 update for NTFS.sys when installed on supported editions of Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7, and Windows Server 2008 R2. See the Update FAQ…

6

Windows XP / Server 2003 のクリーン インストール後、Microsoft Update でループ

~~~~~~~~~Update 2013/8/26~~~~~~~~~Microsoft Update の画面がループする事象の他に、エラーコード 0x8024D001 が画面に表示され、更新が実行できない事があるとの報告もございます。このような事象が発生した場合にも、下記にご案内しております 2 点の方法にて、回避して頂く事が可能です。     こんにちは、マイクロソフトの福島です。 今回は Windows Update / Microsoft Update の情報を投稿いたします。 # WSUS 環境は本現象の影響を受けないため、直接関係しない情報です。# Windows Update 専用のサポート担当ブログは無いのでここに投稿いたします。# ちなみに WSUS と Windows Update は同じ担当者がサポートしております。   Windows XP SP3 や Windows Server 2003 SP2 をクリーン インストールし、その後 Windows Update を実行するとき、接続先を「Microsoft Update」に切り替えると、うまくいかず何度も同じ画面に戻ってしまうことがあります。 この事象は、上記 OS の初期状態に含まれている Windows Update クライアント モジュールが非常に古いことと関連しています。 同じく Windows XP…

6

Windows Server 2012 の WSUS の主な変更点について

2014/7/31 更新 ~~~~~~~~~ TechNet の改版により内容を修正いたしました。 本ポストにて、WSUS サーバーでは、弊社 Microsoft Update サイトと通信する際にも HTTP プロトコルにはポート 8530、HTTPS プロトコルにはポート 8531 を使用することをご案内いたしました。公開情報の修正にもとづき、リンクに情報を改版いたしました。 正しくは、「WSUS サーバーが弊社 Microsoft Update サイトと通信する際には、HTTP プロトコルにはポート 80、HTTPS プロトコルにはポート 443 を使用」します。 ~~~~~~~~~ 皆さま こんにちは。 マイクロソフトの香取です。 本日は Windows Server 2012 の WSUS の主な変更点についてご紹介します。 現在、WSUS 3.0 SP2 をご利用いただいている WSUS 管理者様や今後、Windows Server 2012 にて WSUS の構築をご検討いただいていらっしゃる方々にご一読いただけますと幸いです。 - WSUS の概要 - WSUS 3.0 SP2…

5

Windows Update が 0x8024800A で失敗する

こんにちは、マイクロソフトの福島です。 今回も前回に続き、Windows Update / Microsoft Update の情報を投稿いたします。 # WSUS は 本現象の影響は受けません。# Windows Update 専用のサポート担当ブログは無いのでここに投稿いたします。# ちなみに WSUS と Windows Update は同じ担当者がサポートしております。   最近 「Windows Update が エラー 0x8024800A で失敗する」と、複数のお客様からご指摘をいただきました。 確認の結果、これは弊社サイト側に一過性の問題が生じていたことが原因であり、3/23 時点で問題が解消していることが判りましたので、ご報告させていただきます。 ただし、問題発生時のデータがコンピューター側にキャッシュされていると、その影響によってクライアントのエラーが現在も続いてしまう可能性があります。依然として 0x8024800A で失敗し続けているコンピューターがありましたら、まことに恐れ入りますが、データのクリアをお試しください。この手順は以下のとおりです。   コンピューター上のデータをクリアする手順 1)   管理者権限でコマンド プロンプトを起動し、以下のコマンドを実行して、サービスを停止します。 net stop wuauserv net stop bits 2)   引き続き以下コマンドを実行して、フォルダをリネームします。リネーム先のフォルダ名は、ここでは SD.old としてありますが任意で結構です。またエクスプローラ画面から「名前の変更」を行ってももちろん結構です。 ren %windir%\SoftwareDistribution SD.old 3)   以下コマンドを実行して、サービスを再開します。 net start wuauserv net start…

5

【続報】 Windows XP や Windows Server 2003 環境において、Windows Update 実行時に Svchost.exe の CPU 使用率が 100 % となる、時間を大幅に要する

皆さま、こんにちは。 WSUS サポートチームです。   Windows XP や Windows Server 2003 環境において、Windows Update 実行時に Svchost.exe の CPU 使用率が 100 % の状態が長時間継続する事象につきましては、2014 年 1 月の更新プログラムのリリースにあわせて、改めて 「IE の累積的なセキュリティ更新プログラム」 を期限切れ (公開停止) とする対処を実施いたしました。  2013 年 11 月に実施した対処では、古い 「IE の累積的なセキュリティ更新プログラム」 を期限切れといたしましたが、それでは、十分な改善がみられないというご報告がございました。このため、さらに多くの 「IE の累積的なセキュリティ更新プログラム」 を期限切れとする対処を実施させていただきました。上記の対処により、以下のポストにてご案内いたしました、暫定対処策を実施していない Windows XP や Windows Server 2003 においても、更新プログラム検出処理に長時間かかる問題に対しての緩和が見込まれます。  「Windows XP や Windows Server 2003 環境において、Windows Update 実行時に Svchost.exe…

4