配信の最適化について #3 効果測定篇

みなさま、こんにちは。WSUS サポート チームです。 今回は「概要篇」、「グループポリシー篇」に引き続き第 3 回は「効果測定篇」として、実際に配信の最適化でどの程度ピアからファイルを取得出来ているか、確認を行う手順について紹介をしていきます。 Windows 10 もバージョン アップが重ねられ、配信の最適化の機能も効果を確認することが出来る、以下の「アクティビティ モニター」の機能がバージョン 1709 から追加されています。 [スタート]  ボタン > [設定]  > [更新とセキュリティ]  > [詳細オプション] > [配信の最適化] > [アクティビティ モニター] 上記のアクティビティ モニターを利用することで、配信の最適化の効果もかなり簡単に確認が出来るようになったため、その手順について今回の記事では紹介していきます。   検証環境の構成および設定 今回の検証では、以下のシンプルな構成でバージョン 1803 のクライアントを 2 台用意し検証を行います。 実際の検証を行う場合には、本番環境に可能な限り近い構成で検証していただくことをオススメします。特にクライアントの台数は多いほど効果が得られ易いので、可能であれば多くのクライアント (例えば 10 台以上) を用意して検証をしてください。 また、今回は配信の最適化の機能について、効果を得られやすくするために、以下グループ ポリシーの設定を行います。これらのグループ ポリシーはいずれも「グループポリシー篇」で紹介しておりますので、詳細についてはそちらの記事をご参照ください。 ダウンロード モード : “グループ (2)” グループ ID : 共通したグループ ID 最小ピア キャッシュ…


配信の最適化について #2 グループポリシー篇

みなさま、こんにちは。WSUS サポート チームです。 ちょっと期間が空いてしまいましたが、今回は第 1 回は「概要篇」に引き続き、配信の最適化のグループ ポリシーについて紹介をいたします。グループ ポリシーの一覧や各設定を行った場合の詳細については、以下の公開情報にて紹介していますので、今回はポイントを絞ってよくご利用いただくグループ ポリシーについて案内していきます。 Windows 10 更新プログラムの配信の最適化の構成 https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/deployment/update/waas-delivery-optimization   ダウンロード モードの設定 配信の最適化の機能を利用する上で、一番重要なグループ ポリシーが以下のダウンロードの設定です。この設定で配信の最適化でピアとしてクライアントが選択される範囲を指定することが出来ます。 – [コンピューターの構成] -> [管理用テンプレート] -> [Windows コンポーネント] -> [配信の最適化] -> [ダウンロード モード] 配信の最適化を有効に活用して、クライアント同士で P2P の通信を行いたい場合には、以下の 3 つの内いずれかを選択します。これらについては図も含めて後ほど詳細を紹介します。 LAN (1 – 既定) : 同じパブリック IP アドレスを使用してインターネットに接続するクライアント同士 グループ (2) : 同じドメインや同じ Active Directory サイトのクライアント同士、または同じグループ ID のクライアント同士 インターネット (3) :…


Get-WindowsUpdateLog で WindowsUpdate.log の出力に失敗する場合

みなさま、こんにちは。WSUS サポート チームです。 今回は Windows 10 / Windows Server 2016 で Get-WindowsUpdateLog による WindowsUpdate.log の出力に失敗する場合に、確認していただきたい点について紹介をいたします。 Windows 10 / Windows Server 2016 ではリアルタイムに WindowsUpdate.log が出力されなくなっており、通常はこちらのブログで紹介している ReportingEvents.log を見ていただいておりますが、より詳しい情報の確認をする必要が出てくることが稀にあります。このような場合には Powershell にて Get-WindowsUpdateLog を実行し、デスクトップに出力される WindowsUpdate.log よりログを確認するのですが、本ログの出力に失敗することがあるため、本記事ではよくお問い合わせいただくパターンについて紹介をしていきます。   「SymSrv.dll が存在しないため検出できません」エラーが表示される Get-WindowsUpdateLog の実行後に、以下のようなエラー メッセージが出力されてしまうことがあります。   < エラー メッセージ > Copy-Item : パス ‘C:\Program Files\Windows Defender\SymSrv.dll’ が存在しないため検出できません。 発生場所 C:\Windows\system32\WindowsPowerShell\v1.0\Modules\WindowsUpdate\WindowsUpdateLog.psm1:56 文字:5 + Copy-Item…