Windows 10 / Windows Server 2016 で イベント ID 7043 (UsoSvc) が発生する


みなさま、こんにちは。WSUS サポート チームです。

 

今回は Windows 10 / Windows Server 2016 の環境にて、更新プログラム適用後の再起動処理のタイミングで、UsoSvc (Update Orchestrator Service) に関連する以下のエラーがイベント ログに出力される事象について紹介いたします。

 

< 対象イベント ログ >

ログの名前:         System
ソース:           Service Control Manager
イベント ID:       7043
レベル:           エラー
説明:
Update Orchestrator Service for Windows Update サービスは、プレシャットダウン コントロールを受け取った後に正しくシャットダウンされませんでした。

赤字の箇所が、この事象に合致しているかの重要なポイントとなります。

 

結論から申し上げると上記の記録は、異常を指し示すものではございません。詳細について以下にご案内していきます。

 

事象の詳細


この事象は、更新プログラム適用後の再起動のタイミングでの UsoSvc のサービス停止処理に伴って発生します。

通常 SCM (Service Control Manger) がサービスの停止を要求した後に、停止対象のサービスは自身のサービスの状態を SCM へ一定間隔で通知する必要があります。

しかし、UsoSvc は動作上の問題があり、サービスの停止処理中に一定間隔の状態報告を SCM に対して行わない場合があることが確認出来ております。この結果として SCM はサービスの停止処理が正しく行われていないと判断し、イベント ID 7043 の出力後、UsoSvc が停止してしまいます。

 

対処方法


残念ながら現時点では問題に対する修正が行われておりませんが、このイベントが出力されることによって影響が発生することは想定されず、対処を実施していただく必要はありません。

恐れ入りますが、イベント ログの監視等を行われている場合には、この UsoSvc  に関するイベント ID 7043 を除外していただけますようお願いいたします。

 

 


Skip to main content