Windows 7 / Windows Server 2008 R2 以前の環境において、Microsoft Update 実行時に 0x80248015 エラーが発生する


皆さま、こんにちは。WSUS サポートチームです。

 

Windows 7 / Windows Server 2008 R2 以前の環境において、2017 12 4 (月曜日) より Microsoft Update 実行時に 0x80248015 エラーが発生する、というお問い合わせを多く頂いております。

 

本事象につきましては、弊社 Microsoft Update サイトに問題があったことに起因しており、2017 12 5 (火曜日) 午後 1 時に Microsoft Update サイト側の修正が完了いたしました。

 

この度は弊社 Microsoft Update サイトの問題により、ご迷惑をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます。

 

現時点では本問題は解消しているため、ご利用の端末側で対応を実施していただく必要はございません。しかし、一部の環境においては、依然として下記のエラー等が発生し続けるとの報告がございますため、本事象の詳細と現時点でエラーが発生し続ける環境での対処方法についてご案内いたします。

 

(事象)

2017 年 12 月 5 日 (火曜日) 以前において、次の 2 点 の条件を満たす環境で、0x80248015 エラーが発生して、Microsoft Update からの更新プログラムの取得に失敗します。

 

- Windows 7 / Windows Server 2008 R2 以前の環境

- Microsoft Update を有効にしており、インターネット上の Microsoft Update サイトより更新プログラムを取得している

WSUS 環境では発生いたしません

 

また、加えて下記の条件を満たす環境では、2017 12 5 (火曜日) 以降も上述のエラーが発生し続ける場合があります。

 

- 2017 年 12 月 4 日 (月曜日) 以前に開始された、更新プログラムのダウンロード ジョブが残存している

 

(原因)

弊社 Microsoft Update サイトに問題があったことに起因します。

 

(対処方法)

2017 年 12 月 5 日 (火曜日) 午後 1 時に Microsoft Update サイト側で対処を実施いたしましたため、現在は解決しております。

依然として上述のエラーが発生し続ける場合は、下記の対処方法を実施してください。

 

- Windows Update クライアントの情報をクリアにする手順

https://blogs.technet.microsoft.com/jpwsus/2014/12/02/windows-update-3/

※ 上記ブログにて紹介している手順は、こちらのバッチ ファイルでも実行可能です。バッチ ファイルを手動で実行する場合の具体的な手順は以下の通りとなります。

- 手順

  1. こちらを右クリックし、[対象をファイルに保存] を選択します。
  2. 「名前を付けて保存」にて、ファイル名 [WU-Clear.bat]、ファイルの種類 [すべてのファイル] を指定し、デスクトップ等の任意の場所にファイルを保存します。
  3. 保存したファイルを右クリックし、[管理者として実行] を選択し、バッチファイルを実行します。
  4. バッチ ファイルの実行が開始されると、コマンド プロンプトの画面が自動で立ち上がります。処理が完了すると自動的にコマンド プロンプトの画面が閉じられるため、処理が完了するまで待ちます。
  5. 対処実施後にすぐに Windows Update を実施する場合には、[スタート メニュー] - [コントロール パネル] より [システムとセキュリティ] - [Windows Update] の画面を開き、[更新プログラムの確認] をクリックし、エラーが出力されないことを確認します。

 


Skip to main content