不要な更新プログラムは「拒否済み」に設定しよう!

みなさま、こんにちは。WSUS サポート チームです。 今回は WSUS で設定出来る、更新プログラムの「拒否済み」の設定について、詳細を紹介いたします。 「そんなこと知ってどうするんだ…」と思われるかも知れませんが、WSUS はその性質上、過去にリリースされた更新プログラムの情報が、どんどん蓄積されてしまうシステムです。そのため、運用を行う上で、不要な更新プログラムを継続的に「拒否済み」に設定していき、不要な処理を実行させないようメンテナンスしていくことが非常に重要となります。本記事では、その詳細について説明していきます。   「拒否済み」とは? 「拒否済み」は、いわば「論理的な削除状態」です。具体的な他の承認状態との違いは、以下の通りとなります。 承認状態 クライアントへの配信 レポート情報の収集 設定の単位 インストール承認 配信される 収集される コンピューター グループ単位 未承認 (既定) 配信されない 収集される コンピューター グループ単位 削除の承認 配信されない (アンインストールがされる) 収集される コンピューター グループ単位 拒否済み 配信されない 収集されない WSUS サーバー全体   「拒否済み」に設定すると、「未承認」状態と同じくクライアントへの配信は行われませんが、レポート情報の収集も行わなくなります。この点が他の承認状態との大きな違いです。逆に言うと更新プログラムを WSUS 上で「拒否済み」に設定しない限り、実はクライアントや WSUS サーバーでは、レポート情報を収集するための処理を実行し続けることになります。 ちなみに一度「拒否済み」に設定した更新プログラムでも、他の承認状態に任意のタイミングで変更し、再度配信等を実施することは可能ですので、その点はご安心ください。   「拒否済み」に設定すると何が嬉しいの? 更新プログラムを「拒否済み」に設定することの、具体的なメリット・デメリットは下記の通りとなります。 1 ~ 2 件の更新プログラムを「拒否済み」に設定したところで大きな効果が得られるわけではありませんが、WSUS は数千から数万件の更新プログラムを管理することが当たり前なので、塵も積もれば山となり、WSUS の負荷やディスク容量に大きな影響を与えてしまいます。 既に配信の必要がなく、レポート情報も収集する必要がない更新プログラムについては「拒否済み」に設定することにメリットしかありません。どんどん不要な更新プログラムは「拒否済み」に設定していきましょう。  …


Windows 7 / Windows Server 2008 R2 以前の環境において、Microsoft Update 実行時に 0x80248015 エラーが発生する

皆さま、こんにちは。WSUS サポートチームです。   Windows 7 / Windows Server 2008 R2 以前の環境において、2017 年 12 月 4 日 (月曜日) より Microsoft Update 実行時に 0x80248015 エラーが発生する、というお問い合わせを多く頂いております。   本事象につきましては、弊社 Microsoft Update サイトに問題があったことに起因しており、2017 年 12 月 5 日 (火曜日) 午後 1 時に Microsoft Update サイト側の修正が完了いたしました。   この度は弊社 Microsoft Update サイトの問題により、ご迷惑をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます。   現時点では本問題は解消しているため、ご利用の端末側で対応を実施していただく必要はございません。しかし、一部の環境においては、依然として下記のエラー等が発生し続けるとの報告がございますため、本事象の詳細と現時点でエラーが発生し続ける環境での対処方法についてご案内いたします。   (事象) 2017 年 12 月 5 日…


WSUS のクリーンアップ ウィザードについて

こんにちは。WSUS サポート チームです。   今回は WSUS のオプションより実行する、クリーンアップ ウィザードについて紹介いたします。クリーンアップ ウィザードは WSUS の運用を行う上で、メンテナンスの一環として必ず定期実行することをお勧めしているので、WSUS の運用を行われている方は、是非ご一読ください!   クリーンアップ ウィザードは、管理コンソールのオプションの下記の箇所から実行することができ、   実行しようとすると以下の 5 つの項目が選べます。     いずれの項目も、WSUS で保持されている更新プログラムのデータや、コンピューターの情報を整理・削除するための処理を実行するものとなりますが、実際に何が実行されるのか、なかなか分かりづらいですよね。   これを理解するためには、WSUS が保持する更新プログラムのデータの種類が、2 種類あることを事前に知っておく必要があります。具体的には下記の 2 種類です。   (a) WSUS データベース内のメタデータ データベース内に保持される更新プログラムの情報です。WSUS 管理コンソール上に表示される下記のような更新プログラムの情報は、このメタデータの情報を元に表示しています。     (b) コンテンツ ファイル (更新プログラムのインストーラー本体) WSUSContent フォルダ内に格納されている更新プログラムのインストーラー本体等のファイルです。これらのファイルは実際にクライアントにて更新プログラムがインストールされる際に利用されます。 WSUS 上では、WSUSContent フォルダ配下にコンテンツ ファイルが保存されています。      以上を踏まえて、各項目の処理の詳細について説明していきます。   ① 「不要な更新プログラムと更新プログラムのリビジョン」 「不要な更新プログラムと更新プログラムのリビジョン」はメタデータの削除を行う唯一の項目です。削除対象となる更新プログラムのメタデータが削除されます。 具体的には下記の…