Windows 10 / Windows Server 2016 を管理している環境で WSUS サーバーの負荷が高騰する

皆さま、こんにちは。WSUS サポート チームです。   Windows 10 / Windows Server 2016 の更新プログラムを同期しているWSUS サーバーにおいて負荷が高くなる、WsusPool が停止する、または Windows 10 / Windows Server 2016 クライアントにおいて WSUS への接続時に 0x8024401c が出力されるという事象が報告されています。本事象は Windows 10 / Windows Server 2016 の累積的な更新プログラムに含まれる情報が大きくなったことに起因しておりますが、既に WSUS サーバーの動作を改善した更新プログラムをリリースしておりますため、事象の詳細と合わせて紹介します。   詳細 Windows 10 / Windows Server 2016 向けの累積的な更新プログラムの情報量は、他の過去の OS 向けの更新プログラムの情報量よりも大きくなっております。このため、多数のクライアントより情報が参照された場合に、メモリ領域の確保とメモリへのコピーに使用される関数が呼び出される回数が多くなり、WSUS サーバーの負荷が高騰しやすくなります。 その結果、クライアントからの接続が 0x8024401c / Same as HTTP status 408 – the…


Windows 10 LTSB の 更新プログラムを WSUS で同期する際の注意事項について

みなさま、こんにちは。WSUS サポート チームです。 Windows 10 Enterprise LTSB 2016 以降をご利用のお客様より、弊社へ時おりお問い合わせいただく内容として、WSUS 管理コンソールから [オプション] – [製品と分類] – [製品] タブで「Windows 10 LTSB」にチェックを入れても、配信出来る更新プログラムが同期されないというものがございます。 「Windows 10 LTSB」にチェックを入れた場合、同期の対象は Windows 10 Enterprise LTSB 2015 の更新プログラムのみとなります。従いまして、Windows 10 Enterprise LTSB 2016 以降をご利用の場合は、併せて「Windows 10」にもチェックを入れる必要があるのでご注意ください。