プロキシ サーバー経由での Windows Update へのアクセスについて


みなさま、こんにちは。WSUS サポート チームです。

本記事では、Windows Update へアクセスする際のプロキシ サーバーの設定についてご案内いたします。

 

Windows 10 / Windows Server 2016 を含め、プロキシ サーバーを介して Windows Update サイトへアクセスした際に、更新プログラムの検出が通信エラー (0x80240030 / 0x80072efe / 0x80244022 / 0x80072EFD / 0x80072EE2 等) でうまくいかない、あるいは更新プログラムのダウンロードが通信エラー (0x80072ee7 / 0x8024402c 等) で進まないといったお問い合わせをいただくことがございます。

このような事象が発生した場合は、Internet Explorer の設定において、[自動構成スクリプトを使用する] や [LAN にプロキシ サーバーを使用する] が適切に設定されているかどうか、また、WinHTTP に対してプロキシ サーバーが適切に設定されているかをご確認ください。

自動更新や更新プログラムのダウンロードでは、WinHTTP のプロキシ サーバーの設定も利用されます。このため、WinHTTP のプロキシ サーバーが未構成の場合には設定していただき、更新プログラムの検出やダウンロードができるかどうかを確認します。

 

以下の弊社技術情報にて、WinHTTP のプロキシ サーバー設定の確認や設定方法をご案内しておりますので、ご参考としてご紹介いたします。

 

プロキシ サーバーを使用する環境にて Windows Update を実行すると通信エラーが発生する
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2894304

Windows Update クライアントが Windows Update Web サイトへの接続に使用するプロキシ サーバーを決定するしくみ
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/900935/how-the-windows-update-client-determines-which-proxy-server-to-use-to-connect-to-the-windows-update-web-site


Skip to main content