プロキシ サーバー経由での Windows Update へのアクセスについて

みなさま、こんにちは。WSUS サポート チームです。 本記事では、Windows Update へアクセスする際のプロキシ サーバーの設定についてご案内いたします。   Windows 10 / Windows Server 2016 を含め、プロキシ サーバーを介して Windows Update サイトへアクセスした際に、更新プログラムの検出が通信エラー (0x80240030 / 0x80072efe / 0x80244022 / 0x80072EFD / 0x80072EE2 等) でうまくいかない、あるいは更新プログラムのダウンロードが通信エラー (0x80072ee7 / 0x8024402c 等) で進まないといったお問い合わせをいただくことがございます。 このような事象が発生した場合は、Internet Explorer の設定において、[自動構成スクリプトを使用する] や [LAN にプロキシ サーバーを使用する] が適切に設定されているかどうか、また、WinHTTP に対してプロキシ サーバーが適切に設定されているかをご確認ください。 自動更新や更新プログラムのダウンロードでは、WinHTTP のプロキシ サーバーの設定も利用されます。このため、WinHTTP のプロキシ サーバーが未構成の場合には設定していただき、更新プログラムの検出やダウンロードができるかどうかを確認します。   以下の弊社技術情報にて、WinHTTP のプロキシ サーバー設定の確認や設定方法をご案内しておりますので、ご参考としてご紹介いたします。  …


[WannaCrypt] MS17-010 の適用状況の確認方法について (WSUS)

こんにちは。WSUS サポート チームです。 2017 年 5 月 12 日 (米国時間) より、イギリスを始めとする複数の国の医療機関やその他の企業に影響を及ぼすランサムウェアによる被害を確認しております。この件に関する概要や対処方法につきまして、弊社セキュリティ チームより、下記のブログ記事でご案内しております。 ランサムウェア WannaCrypt 攻撃に関するお客様ガイダンス このランサムウェアは 2017 年 3 月に修正した MS17-010 の SMB v1 の脆弱性を利用しておりますので、 MS17-010  が適用されていれば脆弱性は修正されていると判断できます。このブログでは、WSUS をご利用いただいているお客様に向けて、MS17-010 の適用状況を確認する方法についてご紹介いたします。 MS17-010 の SMB v1 の脆弱性に対応している更新プログラムの一覧は次の通りです。後述の方法で、対応する更新プログラムがインストールされているかご確認ください。 OS 2017-03 B 2017-03 B’ 2017-04 B’ 2017-05 B’ 個別パッチ Windows XP / Windows Server 2003 / Windows 8 KB4012598 Windows Vista…