Windows 10 バージョン 1607 以降の環境にて BranchCache を利用する際の条件


みなさま、こんにちは。WSUS サポート チームです。

 

WSUS から Windows 10 の累積的な更新プログラムや機能アップグレードを配信するために、BranchCache の利用について検討を進められている方も多いかと思います。

 

今回は Windows 10 バージョン 1607 / Enterprise LTSB 2016 以降の環境にて BranchCache を利用する際の前提条件をご紹介いたします。また、「そもそも BranchCache って何?」という方に向けては、参考情報を本ブログの末尾に用意いたしましたので、ご参考にしてください!

 

Windows 10 バージョン 1607 の環境にて BranchCache を利用する際の前提条件

Windows 10 バージョン 1607 / Enterprise LTSB 2016 以降の環境にて BranchCache を利用する場合、BranchCache を利用するクライアント端末に対して下記のグループ ポリシー設定も行ないます。

 

- [コンピューターの構成] - [管理用テンプレート] - [Windows コンポーネント] - [配信の最適化]

[ダウンロード モード] "有効" に設定し、オプションにて "バイパス" を指定

 

Windows 10 更新プログラムの配信の最適化の構成

- ダウンロード モード

https://technet.microsoft.com/ja-jp/itpro/windows/manage/waas-delivery-optimization#download-mode

 

なお、WSUS で「高速インストール ファイル」機能を有効にしている場合に上記ポリシーを有効にすると、Windows 10 バージョン 1607 / Enterprise LTSB 2016  の環境では、新プログラムのダウンロードが 45 % で停止してしまう問題が報告されております。この問題に対処するためには、2017 1 10 日 にリリースされた KB3213986 以降の更新プログラムを適用する必要がありますので、こちらもあわせて適用してください。

 

- 2017 年 1 10 日 — KB3213986 (OS ビルド 14393.693)

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4009938/windows-10-update-kb3213986

 

※ BranchCache に関する参考情報 ※

BranchCache については、下記の公開情報や資料にて機能や要件や利用時の実測値について紹介しています。

 

- BranchCache の概要

https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd637832(v=ws.10).aspx

 

- BranchCache

https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/mt613461.aspx

 

BranchCache による更新プログラムの展開 - 評価ガイド

 

また、BranchCache の設定手順については、WSUS ではなく、弊社有償の資産管理製品となるSCCM の手順とはなりますが、以下のブログ記事が参考になります。

 

- 【Tips SCCM 2007 SP2 BranchCache

https://blogs.technet.microsoft.com/infrajp/2012/03/31/tips-sccm-2007-sp2-branchcache/

 

具体的には、WSUS サーバーに BranchCache の機能を追加した後、WSUS クライアントに対して、分散キャッシュモードの BranchCache を有効にするポリシーを配布する手順となります。上記ブログ記事ですと、以下のステップに該当しますので、ご参考となれば幸いです。

 

(1) アプリケーションや更新プログラムを配布するサーバー (配布ポイント)BranchCache 機能の追加

(4) SCCM クライアント:AD GPOまたはローカルポリシーによるBranchCacheの設定

(4) SCCM クライアント:AD GPOまたはローカルポリシーによるファイアウォールの設定

BranchCache の “分散キャッシュモード”の動作確認

 

 


Comments (1)

  1. 宇佐美英樹 より:

    配信の最適化とBranchCasheはどのように使い分けるのでいいのでしょうか。
    「Windows 10 更新プログラムの配信の最適化」を見ると、WSUSは「配信の最適化」と「BranchCashe」ともに
    チェックが入っています。
    https://technet.microsoft.com/ja-jp/itpro/windows/manage/waas-optimize-windows-10-updates

    また「– BranchCache」のリンク先を見ると、windows7ProでもBITSはサポートされると書かれています。
    Windows® 7 Pro, BITS support only
    これは、WSUSでwindows7Proに更新プログラムを配信する際に、BranchCacheが使えると考えていいのでしょうか。

Skip to main content