Windows Vista / Windows Server 2008 にて Windows Update がなかなか終わらない事象について


みなさま、こんにちは。WSUS サポート チームです。

本記事では、Windows Vista / Windows Server 2008 から Windows Update サイトへアクセスした際に Windows Update がなかなか終わらないという問題についてご紹介します。

Windows Vista / Windows Server 2008 にて Windows Update を実行すると、下記の「更新プログラムを確認しています...」の画面のままで、数時間経過しても検出が完了しないことがあります。

5

この問題は、更新プログラムの検出処理にて検出対象の更新プログラムが過去に置き換えた更新プログラムを 1 つ 1 つ遡って評価する処理に起因して発生しています。
リリース年数が長い製品では評価対象となる情報量が多いため、この問題が発生しやすくなります。

この問題に対処する方法としましては、下記ブログにてご紹介しています。

- 「Windows Update がなかなか終わらないな…」と思ったら
<https://blogs.technet.microsoft.com/jpwsus/2016/04/26/never-end-wu/>

上記ブログでは、Windows 7 / Windows Server 2008 R2 の環境に対して最新の Windows Update Agent を適用する対処方法をご案内していますが、Windows Vista / Windows Server 2008 ではこの問題を改善した Windows Update Agent はリリースされていません。

そのため、置き換え関係の評価処理にてこの問題が発生した場合には置き換え関係の多い更新プログラムを事前に適用することで、検出対象から外し、置き換え関係の評価処理にかかる時間を短縮します。
どの更新プログラムの置き換え関係が多く存在しているかについては、リリースされた後に Microsoft Update カタログより Windows Vista / Windows Server 2008 向けにリリースされた更新プログラムそれぞれの置き換え情報を確認する必要があります。
更新プログラムの検出処理に時間がかかる状況の場合には、都度カタログ サイトの確認が必要となりますが、下記手順にて置き換え情報を確認してください。

 

Vista / Windows Server 2008 の更新プログラムの置き換え情報の確認方法

1. 下記 URL にアクセスし、Microsoft Update カタログを開きます。

- MicrosoftUpdate カタログ
<http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/Home.aspx>

2. 右上の検索窓より "Vista" もしくは "Windows Server 2008" というキーワードで検索します。

1

3. [最終更新日時] でソートし、リリースされた更新プログラムを確認します。

2

4. 対象の更新プログラムをクリックし、更新プログラムの詳細を開きます。

5. [パッケージの詳細] タブを開きます。

13

6. "この更新プログラムは、次の更新プログラムを置き換えます" に記載されている更新プログラムが対象の更新プログラムにより置き換えられた更新プログラムです。

4

 

置き換えた更新プログラムの数が多い更新プログラムを手動で適用する方法

1. 下記 URL にアクセスし、Microsoft Update カタログを開きます。

- MicrosoftUpdate カタログ
<http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/Home.aspx>

2. 右上の検索窓より置き換えられた更新プログラムの数が多い更新プログラムの KB 番号で検索します。

6

3. 対象の更新プログラムの "追加" ボタンをクリックします。

7

4. "バスケットの表示" をクリックします。

8

5. "ダウンロード" をクリックします。

9

6. 任意の保存先を指定し、"続行" をクリックします。

11

7. ダウンロードが開始されますので、完了することを確認します。

12

8. ダウンロードした更新プログラムを Windows Update を実行する前に適用します。

 


Comments (6)

  1. 木本修一郎 より:

    [MicrosoftUpdate カタログ] を開こうとすると、MicrosoftUpdate カタログアドオンは実行できませんでした というエラーになり先に進みません.

  2. setsuko より:

    残念ながら、私の古いVistaのPC容量が少ないせいか、最初のURLをクリックして、Microsoft Update のカタログをクリックしても、Add-onで引っかかり、2度これを許可しますがという画面が出きて、2度ともOKしたのですが、次に進めず、「Vista]という文字を入力すべき赤い枠も出てこない状態です。解決方法をご教示頂けると有難いです。これは新しいWindows10からご報告しております。

  3. setsuko より:

    VistaでWindows Updateが自動で作動した最後は2016年7月12日18:35で、本日まで半年ほど自動更新がされていないことが分かりました。Windows Updateの更新をクリックしたところ「Updateを検索していますという緑のIndicaterは動いていますが2時間たってもそのままです。そのため、このURLに従ってのMicrosoftUpdateのカタログをクリックしましたがAdd-onで引っかかり、次に進めません。「Vista]という文字を入力する赤枠も現れない状態です。この問題を解決する方法をご教示頂けると有難いです。

  4. 原口守哉 より:

    4. “バスケットの表示” をクリックします。⇒『バスケットに更新プログラムがありません。』と表示されます
     どうすれば良いのでしょうか

  5. djtkdk_086969 より:

    Microsoft Update カタログにアクセスして該当する更新プログラムを選択し、「ダウンロード」をクリックしても、「6. 任意の保存先を指定し、”続行” をクリックします。」の箇所で次のエラーが発生し、ダウンロードすることができません。

    Microsoft Update カタログにアクセスしていただきありがとうございます。
    要求されたページを表示できません。
    ページを更新してください。引き続き問題が発生する場合、他のトラブルシューティングのオプションについては、 ヘルプ ページを参照してください。

    URLは http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/Thanks.aspx です。
    セキュリティソフト(Comodo Internet Security Premium)を無効にしても状況は改善されませんでした。

  6. and より:

    Windows Server 2008 SP2 32bit にて類似症状が発生し、本ページおよび「DISM またはシステム更新準備ツールを使用して Windows Update のエラーを解決する」のページを参考にさせていただきました。
    他方ページに記載の「システム更新準備ツール」を適用・実行することで発生していたWindows Updateが進まない件解消することができました。※「システム更新準備ツール」の適用・実行が数時間かかるものだったので、同様の進捗表示画面で粘り強く待つ必要はありました。

    「DISM またはシステム更新準備ツールを使用して Windows Update のエラーを解決する」ページ
    https://support.microsoft.com/ja-jp/help/947821/fix-windows-update-errors-by-using-the-dism-or-system-update-readiness-tool

Skip to main content