WSUS で選択する Windows 10 の製品分類について


更新 (05/28/2019)
~~~~~~~~~~~~~
Windows 10 バージョン 1903 について、WSUS の製品タブに「Windows 10, version 1903 and Later」が追加されました。
新しい更新プログラムの配信プラットフォームである Unified Update Platform (UUP) のサポートに備えた対応となります。

Windows 10 バージョン 1903 以降の更新プログラムを配布する場合には、製品タブにおいて「Windows 10, version 1903 and Later」を
追加する必要がございますので、ご注意ください。

リリース情報: Updating Windows 10, version 1903 using Configuration Manager or WSUS

https://techcommunity.microsoft.com/t5/Windows-IT-Pro-Blog/Updating-Windows-10-version-1903-using-Configuration-Manager-or/ba-p/639100
~~~~~~~~~~~~~

 

みなさま、こんにちは。 WSUS サポート チームです。

 

Windows 10 2 回目の機能アップグレードである Anniversary Update がリリースされ、本格的に Windows 10 の導入を進められているお客様も多いかと思います。

 

WSUS では Windows 10 に関する更新プログラムの同期対象をオプションで選択することができます。

 

なお、Windows 10 バージョン 1809 以前の更新プログラムを配布したいということでしたら、製品については「Windows 10」または「Windows 10 LTSB」を選択すれば問題ありません。Windows 10 バージョン 1903 以降の更新プログラムを配信したい場合には、新しく追加された製品カテゴリ「Windows 10, version 1903 and Later」 を選択します。

 

その他の同期対象の項目については複数あり、同期対象を選択する上でどの項目を設定するべきか迷われることもあるかと思いますので、WSUS 管理コンソール 「製品と分類」で選択できる Windows 10 の更新プログラム関連の各項目についてご紹介いたします。

 

製品タブの各項目について

- Windows 10 and later drivers

Windows 10 端末のドライバ関連の更新プログラムが含まれます。

 

- Windows 10 and later upgrade & servicing drivers

Windows 10 端末のドライバ関連の更新プログラムが含まれます。

 

ドライバが「Windows 10 and later drivers」か「Windows 10 and later upgrade & servicing drivers」のどちらに所属するかは、各ハードウェアメーカー様によって異なりますため、もしドライバを配布する場合は、どちらもチェックする必要があります。

 

- Windows 10 Anniversary Update and Later Servicing Drivers

Anniversary Update (1607) のドライバ関連の更新プログラムが含まれます。

 

- Windows 10 Creators Update and Later Servicing Drivers

Creators Update (1703) のドライバ関連の更新プログラムが含まれます。

※ 上記項目は WSUS 管理コンソールの「製品と分類」に 2 つ存在しておりますが、それぞれ以下を指しておりますので用途に合わせてご利用ください。

(上側) Windows 10 Creators Update (1703) のドライバ関連の更新プログラムが含まれます。
(下側) Windows 10 S Creators Update (1703) のドライバ関連の更新プログラムが含まれます。

 

- Windows 10 Dynamic Update

Windows 10 をセットアップする時に自動的に適用される更新プログラムが含まれます。Dynamic Update については後述の "GDR-DU」について" をご確認ください。

 

- Windows 10 Feature On Demand

Windows 10 のオンデマンド機能 (Features On Demand) で取得する更新プログラムが含まれます。オンデマンド機能では、Windows 10 .NET Framework 3.5 などの機能を追加する際に、インストール モジュールを Windows Update から入手して、機能追加を行います。

 

オンデマンド機能は、Windows 10 [設定] - [システム] - [アプリと機能] より [オプション機能の管理] をクリックし、[機能の追加]をクリックすることで、使用することができます。

 

- Windows 10 GDR-DU LP

Windows 10 をセットアップする時に自動的に適用される Language Packが含まれます。

 

- Windows 10 GDR-DU

Windows 10 をセットアップする時に自動的に適用される更新プログラムが含まれます。

 

通常の更新プログラムは、"Windows 10 がインストールされた状態で、Windows Update 実行時、もしくは WSUS からインストール指示があったとき" 検出・適用されます。

 

- Windows 10 Language Interface Packs

Language Interface Packs は特定の地域で使用される言語の表記をするために使用されます。

 

例えば、フランス語・スペイン語が親言語としてインストールされている環境では、バスク語を Language Interface Packs でインストールすることができます。

 

日本語の Language Interface Packs はございませんので、ご安心ください。

 

Language Interface Packs (言語インターフェイス パック) としてインストールできる言語の一覧は、以下の技術情報に公開されております。

 

「利用可能な言語パック」

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc722435(v=ws.10).aspx

Windows Vista の情報となりますが、参考までにご確認ください。

 

- Windows 10 Language Packs

Language Packs は、特定の言語およびロケールをサポートできるようにするために使用されます。Windows 10 の英語環境で日本語を有効とするような、"言語パック" が含まれます。

 

「言語パックとは」

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc766472(v=ws.10).aspx

Windows Vista の情報となりますが、参考までにご確認ください。

 

- Windows 10 LTSB

Windows 10 LTSB に適用可能な更新プログラムです。月例のセキュリティ更新プログラムや、重要な更新などが含まれます。

※ 「Windows 10 LTSB」にチェックを入れた場合、同期の対象は Windows 10 Enterprise LTSB 2015 の更新プログラムのみとなります。Windows 10 Enterprise LTSB 2016 以降の更新プログラムを同期する場合は、併せて「Windows 10」にもチェックを入れる必要があるのでご注意ください。 

Windows 10 LTSB は、Windows 10 へ新機能を追加することなく、長期間、同じ機能構成を維持したまま、ご利用いただくことが可能なエディションとなります。

 

Windows 10 のサービス オプション」

https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/mt574263(v=vs.85).aspx

 

- Windows 10

Windows 10 に適用可能な更新プログラムです。月例のセキュリティ更新プログラムや、重要な更新などが含まれます。

 

- Windows 10, version 1903 and Later

Windows 10 バージョン 1903 に適用可能な更新プログラムです。月例のセキュリティ更新プログラムや、重要な更新などが含まれます。

 

■「GDR-DU」について

GDR-DU General Distribution Release Dynamic Update の略語です。

 

General Distribution Release (GDR) は 広範囲のお客様を対象とした更新プログラムとなります。それに対し Limited Distribution Release (LDR) はある特定の問題を解決するために修正が行われた。特定の環境、お客様を対象とした更新プログラムとなります。

 

GDR LDR の詳細につきましては下記 URL のブログに記載がございますのでご紹介いたします。

 

- 修正プログラムにまつわるお話 -

https://blogs.msdn.microsoft.com/japan_platform_sdkwindows_sdk_support_team_blog/2012/01/26/233/

 

Dynamic Update (動的更新)は、 OS インストールの初期セットアップ最中に、重要なドライバー、コンポーネント、およびセットアップの機能強化を取得するために使用されます。

 

対話的なインストール プロセスの途中で指定したり、マスターイメージによる OS 自動展開を行う際に、当機能を有効にした応答ファイルを用意しておくことにより、OS セットアップが完了した際には、元のメディア等に含まれていない修正プログラムやドライバが適用された状態となります。つまり、OS セットアップ完了前に適用しておいた方がよい更新プログラムをインストールすることができます。

 

Dynamic Update」にチェックを入れていただくことで、OS セットアップ時(正確には OS アップグレード時)に WSUS サーバーから該当の重要なドライバー、コンポーネント、およびセットアップの機能強化を含む、更新プログラムを入手することができます。

 


Skip to main content