Windows Server 2003 環境において、Microsoft Update 実行時に 0x80248015 エラーが発生する


(2014/11/27 更新 - 修正完了し、解消いたしました。)
(2014/11/26 更新 - 補足情報を追記しました。)

皆さま、こんにちは。WSUS サポートチームです。

Windows Server 2003 環境において、Microsoft Update 実行時に 0x80248015 エラーが発生する、というお問い合わせを多く頂いております。

本事象につきましては、現在恒久対策の確認を弊社にて行わせて頂いておりますが、ご案内までにしばらくお時間を要する見込みです。
恐れ入りますが、事象の詳細と現在判明している回避策を以下にご紹介させて頂きますので、恒久対処のご案内まで、こちらの実施をご検討くださいますようお願いいたします。
本事象につきましては、2014/11/27 に Microsoft Update サイト側の修正が完了し、現時点では解消しております。事象の詳細と解消前にご案内した回避策を以下にご紹介させていただきます。

(事象の詳細)
Windows Server 2003 環境において、[コントロール パネル] - [自動更新] から、Windows Update Web サイトをブラウザで開き、Microsoft Update へ更新プログラムの確認を実行すると 0x80248015 エラーが発生する。

(発生環境)
以下 3 点の条件を満たす環境で、本事象が発生する事を確認いたしております。

- Windows Server 2003 SP2
- Microsoft Update を有効にしている
- Microsoft Update サイトをブラウザで開き、更新プログラムの確認を実行する

なお、自動更新で更新プログラムを適用している場合は、発生いたしません。

(原因)
Microsoft Update サイトに問題があったため、修正いたしました。

(回避策)
以下を回避策としてご検討くださいますようお願いいたします。

1. [コントロール パネル] – [自動更新] を開き、[更新を通知するのみで、自動的なダウンロードまたはインストールを実行しない] を選択して、[OK] をクリックします。
2. コマンド プロンプトより、wuauclt /detectnow コマンドを実行します。
3. 時間が経過した後、右下に「更新の準備が出来ました。」のバルーンが通知されますので、バルーンをクリックします。

4. 適用したい任意の更新プログラムを選択して、[ダウンロード] をクリックします。
5. 「更新の非表示」ダイアログが表示された場合は、任意でチェック ボックスをオンにして [OK] をクリックします。
6. ダウンロード完了後、再度右下に「更新の準備が出来ました。」のバルーンが通知されますので、バルーンをクリックします。

7. 「高速インストール」もしくは「カスタム インストール」を選択して、インストールを行います。(カスタム インストールの場合は、インストールする更新プログラムを選択することができます。)
8. インストール完了後、再起動が求められる場合がありますので、準備が整い次第再起動を行います。
9. 必要に応じて、コントロール パネルより自動更新を無効にします。

<補足情報>
本回避策は、自動更新を利用して更新プログラムの確認を行う手順となりますので、プロキシ サーバーをご利用の場合は WinHTTP のプロキシ設定を適切に設定していただく必要がございます。
Windows Server 2003 の場合は、proxycfg コマンドを利用して指定することができます。プロキシ設定方法の詳細な手順は以下の KB 情報に記載しておりますので、必要に応じてご確認くださいますようお願い申し上げます。(Internet Explorer のプロキシ設定にて、pac ファイルをご利用の場合は、proxycfg -u コマンドでは WinHTTP のプロキシ設定に反映されません。その場合は、proxycfg -p コマンドを利用してプロキシ サーバーを指定してください。)

プロキシ サーバーを使用する環境にて Windows Update を実行すると通信エラーが発生する
http://support.microsoft.com/kb/2894304

Comments (0)

Skip to main content