Windows Server 2003 環境において、Microsoft Update 実行時に 0x80248015 エラーが発生する

(2014/11/27 更新 – 修正完了し、解消いたしました。)(2014/11/26 更新 – 補足情報を追記しました。) 皆さま、こんにちは。WSUS サポートチームです。 Windows Server 2003 環境において、Microsoft Update 実行時に 0x80248015 エラーが発生する、というお問い合わせを多く頂いております。 本事象につきましては、現在恒久対策の確認を弊社にて行わせて頂いておりますが、ご案内までにしばらくお時間を要する見込みです。恐れ入りますが、事象の詳細と現在判明している回避策を以下にご紹介させて頂きますので、恒久対処のご案内まで、こちらの実施をご検討くださいますようお願いいたします。本事象につきましては、2014/11/27 に Microsoft Update サイト側の修正が完了し、現時点では解消しております。事象の詳細と解消前にご案内した回避策を以下にご紹介させていただきます。 (事象の詳細)Windows Server 2003 環境において、[コントロール パネル] – [自動更新] から、Windows Update Web サイトをブラウザで開き、Microsoft Update へ更新プログラムの確認を実行すると 0x80248015 エラーが発生する。 (発生環境)以下 3 点の条件を満たす環境で、本事象が発生する事を確認いたしております。 – Windows Server 2003 SP2- Microsoft Update を有効にしている- Microsoft Update サイトをブラウザで開き、更新プログラムの確認を実行する なお、自動更新で更新プログラムを適用している場合は、発生いたしません。 (原因)Microsoft Update サイトに問題があったため、修正いたしました。…

0