WSUS を利用した Internet Explorer の配信について


こんにちは。WSUS サポートの本田です。

2014/6/10 現在、WSUS より Internet Explorer 9 ~ 11 を配信できるようになっておりますが、最近 WSUS で Internet Explorer 9 や 10 を配信しているものの、Windows 7 クライアントで検出されないというお問い合わせを多くいただきます。
Internet Explorer をアップグレードする際は、前提条件となる更新プログラムが適用されていないと検出されません。
前提条件となる更新プログラムは Internet Explorer のバージョン毎に下記 KB 情報で公開しておりますので、以下にまとめてご紹介いたします。

Prerequisites for installing Internet Explorer 9
http://support.microsoft.com/kb/2399238/en (英語)
http://support.microsoft.com/kb/2399238/ja (日本語機械翻訳)

Prerequisites for installing Internet Explorer 10 in Windows 7 SP1
http://support.microsoft.com/kb/2818833/en (英語)
http://support.microsoft.com/kb/2818833/ja (日本語機械翻訳)

Prerequisite updates for Internet Explorer 11
http://support.microsoft.com/kb/2847882/en (英語)
http://support.microsoft.com/kb/2847882/ja (日本語機械翻訳)

Internet Explorer 9 の場合、Windows 7 で前提条件となる更新プログラム KB2454826 は Service Pack 1 に含まれていますので、Windows 7 SP1 環境においては本更新プログラムを改めて適用いただく必要はございません。
なお、特定の環境においては、以下の更新プログラムも適用する必要があることが報告されております。

Internet Explorer 9 から一部の Canon プリンターを使用して印刷できない
http://support.microsoft.com/kb/2522422/ja

もし、Windows 7 SP1 環境であるにも関わらず Internet Explorer 9 が適用対象とならない場合は、上記更新プログラムの適用をご検討ください。

Internet Explorer 10 や 11 の場合は、KB2670838、KB2729094、KB2834140 など、分類が「更新」や「Feature Packs」となる更新プログラムが前提条件に含まれます。

そのため、WSUS から前提条件となる更新プログラムを配信する場合は、「更新」や「Feature Packs」も同期対象とする必要がありますので、ご留意ください。

なお、WSUS で修正プログラム集に分類される Internet Explorer 11 の更新プログラムを配信する場合には、前提条件の更新プログラムは包含されて配信されますので、前提条件の更新プログラムを別途配信する必要はありません。

※ KB2834140 については、上記 Internet Explorer 10 の技術情報には記載されておりませんが、KB2670838 をインストールした後に発生する問題を修正したプログラムとなるため、前提条件として必要な更新プログラムとなります。こちらも合わせて適用くださいますようお願い申し上げます。

"0x00000050" STOP エラーが Windows 7 SP1 または Windows Server 2008 R2 SP1 を搭載しているコンピューターで更新プログラム 2670838 をインストールした後に発生する
http://support.microsoft.com/kb/2834140

Comments (2)

  1. t より:

    再来年から各OS上で最新のIEのみサポートとのことですが、その際には前提条件含めクラスの見直しが行われるのでしょうか。

  2. なお より:

    そしてIE12はWin 7をサポートするのでしょうか。
    せめてIE12は7をサポートして下さい。
    6月に7にも開発者ちゃんねるというかベータ版出ましたし。
    またIEが名前変更する噂も飛び出してますがこちらもはっきりして欲しいですね。
    今後も使いやすい製品を望みますよ。

Skip to main content