Windows XP や Windows Server 2003 環境において、Windows Update 実行時に Svchost.exe の CPU 使用率が 100 % となる、時間を大幅に要する


12/11/2013 更新
~~~~~~~~~
本事象が、12 月公開分の IE の累積更新プログラム(KB2898785)の検出時においても発生するとの報告がございました。
なお、KB2898785 をインストール完了して頂く事によって事象が改善する事も確認されております。(※こちらは暫定対処策 1 に該当します。)
この事象につきましては、情報に更新があり次第、随時当該ブログでご案内させて頂きます。
~~~~~~~~~

11/27/2013 更新
~~~~~~~~
本日、本事象への恒久対処策として、数年前に公開させて頂いた古い「Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム」を期限切れ(公開停止)とする対処を実施させて頂きました。
暫定対処策を実施されていない WSUS 環境におきましても、これによって置き換え関係を参照する対象が少なくなり、その結果として、IE の累積更新プログラムを検出する際の高負荷の状況が緩和される事が考えられます。
なお、期限切れの情報は、WSUS サーバーを Microsoft Update サイトと同期して頂ければ、着信可能です。

また、以下の WSUS のオプションを既定のままオンで運用されている場合には、期限切れの着信に伴って期限切れとなった古い IE の累積更新プログラムが、自動的に拒否済みに設定される動作となります。
そのため、管理者様が恒久対処策の反映のために追加で作業を実施する必要はございません。

——–
WSUS サーバーの [自動承認] オプションの [詳細] タブの設定

– [承認済み更新プログラムの新しいリビジョンを自動的に承認する] がオン
– [新しいリビジョンにより期限切れとなった更新プログラムを自動的に拒否する] がオン
——–

しかしながら、オフで運用されている場合には、期限切れが着信した後にも IE の累積更新プログラムは自動的に拒否済みとなりません。
管理者様が手作業で期限切れとなった IE の累積更新プログラムを拒否済みに設定して頂く必要がございますので、ご注意くださいますようお願いいたします。
~~~~~~~~

11/22/2013 更新
~~~~~~~~
本事象は、11 月公開分の「Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム」でも同様に発生する事を確認しております。
恒久対策につきましては、現在、検討中の段階でございますので、ご不便をおかけいたしておりますが、暫定対処策の実施をご検討賜りますようお願い申し上げます。
~~~~~~~~

11/20/2013 更新
~~~~~~~~~~

暫定対処策 (2) に、「※補足 3」 を追記いたしました。
~~~~~~~~~~

皆さま、こんにちは。
WSUS サポートチームです。

Windows XP や Windows Server 2003 環境において、Windows Update 実行時に Svchost.exe の CPU 使用率が 100 % となる、時間を大幅に要する というお問い合わせを多く頂いております。

本事象につきましては、現在恒久対策の確認を弊社にて行わせて頂いておりますが、ご案内までにしばらくお時間を要する見込みです。
恐れ入りますが、事象の詳細と、現在判明している暫定対処策を以下にご紹介させて頂きますので、恒久対処のご案内まで、こちらのご実施をご検討くださいますようお願いいたします。

(事象の詳細)
WSUS サーバーへの更新プログラムの検出実行時において、svchost.exe の CPU 使用率が 100% となる。
更新プログラムの検出処理自体は時間を要する場合があるものの、最終的には成功に至りインストールも正常に完了する。

(発生環境)
以下 2 点の条件を満たす環境で、本事象が発生する事を確認いたしております。

– Windows Server 2003 および Windows XP
– Single Core CPU、Hyper Threading なし等、マシン スペックが比較的不利である

(原因)
本事象は「Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム」の検出処理に起因しており、下記の 4 点において特に顕著であることが確認されております。

KB2846071(7月公開分)
KB2862772(8月公開分)
KB2870699(9月公開分)
KB2879017(10月公開分)

(暫定対処策)
以下の 2 点を暫定対処策としてご検討くださいますようお願いいたします。

– 暫定対処策 (1)

「Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム」を事前に単独で配信しインストール完了させる。

最新の "Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム" は、以下のサイトよりダウンロードして頂けます。
(現在最新である 11 月公開分は、KB2888505 で検索してダウンロードして頂けます。)
(※12/11/2013 追加:現在最新である 12 月公開分は KB2898785 で検索してダウンロードして頂けます。)

Microsoft Update カタログ
http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/home.aspx

– 暫定対処策 (2)

承認状態とする「Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム」を 1 点のみとし、その他 WSUS サーバー上に同期されているすべての「Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム」については、すべて拒否済みに設定して頂く。
この場合、その他の更新プログラムを同時に承認して頂いても問題ありません。

※補足 1
現時点において最新の Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラムは、11 月公開分の KB2888505 となります。
現時点において最新の Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラムは、12 月公開分の KB2898785 となります。
最新の Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラムは過去に公開された Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラムの修正内容をすべて含んでおりますので、最新のもののみを承認して、古いものをすべて拒否済みに設定して頂いて問題ございません。

※補足 2
以下の手順にて「Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム」をまとめて拒否済みに設定する事ができます。
(なお、同時に選択して拒否済みとする件数は、WSUS の負荷状況に応じて調整して下さい。)

1. WSUS 管理コンソールを起動し、[Update Services] – [<サーバー名>] – [更新] に移動します。
2. メニューバーから [操作] – [検索] の順に選択します。
3. 検索画面が表示されますので、Internet Explorer と入力して [検索] をクリックします。
4. 検索結果が表示されますので、拒否に設定する「Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム」を Shift キーを押下しながら複数一括選択します。
5. 選択した当該更新プログラム上で右クリックし、[拒否] を選択します。
6. メッセージが表示されますので [はい] を選択します。

 

※補足 3
古い Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラムをすべて拒否済みに設定して頂いた後にも事象改善に至らない場合には、累積的なセキュリティ更新プログラム "以外" の更新プログラムにつきましても、追加で拒否済みに設定可能な更新プログラムがございます。
拒否済みに設定可能な更新プログラムの一覧につきましては、以下の手順で確認して頂く事が可能です。
一覧の中に、拒否に設定していない更新プログラムがある場合には、すべて拒否済みに設定し、事象が改善するかを確認して下さい。

1. Microsoft Update カタログ サイトに接続します。

Microsoft Update カタログ
http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/home.aspx

2. 画面右に表示されているテキストボックスに、置き換え関係を調べる対象とする "Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム" の KB 番号を入力して、[検索] をクリックします。
(10 月分を対象とする場合には、KB2879017 と入力します。)

3. 表示された更新プログラムの一覧から、問題が発生している クライアントの OS  と IE のバージョンに対応するものを見つけてクリックします。
4. 追加で表示された画面から、[パッケージの詳細] タブを表示します。

[この更新プログラムは、次の更新プログラムを置き換えます] に表示されている更新プログラムが、
検索した累積的な更新プログラムが置き換えている更新プログラムとなります。
こちらが、WSUS サーバー上で拒否済みの設定対象となります。

Comments (90)

  1. Anonymous より:

    これらの事象は明らかにXPユーザーへの嫌がらせでしょうね。早くXP捨てて8を使えということでw

  2. Anonymous より:

    くんちロースペックの古い個人PC。25 Nov 2013 青影さんの方法で、CPU100%張付きが完全に回避されました。ありがとうございました。以下ご報告。・Fujitsu PC, CPU:Intel PenⅢ1.20GHz, RAM512MHz, XP-Pro SP3, IE8 ・LANケーブルを抜いてDataStoreフォルダー内容の削除まで実施後、LANをつないでMSダウンロードセンターより 12月公開KB2898375をD/Lし適用。あとはシステム軽量化として述べられている内容を実行。再起動。      ・CPU使用率が、1→33→43→1・・%と周期的に動くので調査。タスクバーにあるサテライトマネージャ(NEC無線 LANの)を終了。これで、アイドリング時のCPU使用率が完全に1~2%で安定。

  3. Anonymous より:

    明日の月例アップデート前までに、結局パッチ出ませんでしたね。。。。年末に出回った情報も出所が怪しかったので期待はしてませんでしたが(冷静に考えれば、公式発表せずにメールを拡散とかおかしいじゃないですか)。 幸い、うちの会社は1500台くらい稼働中のうちXPはもう100台もなく引っ掛かったPCの台数は少しでした(WSUSは使っていません)し、2003serverも自動更新は止めていたので他の管理者様ほど大事にはなりませんでしたが、こういう事象は気持ちの良いものではありませんね。いずれにせよ、こうやって情報を提供していただけたWSUSサポートチーム様には感謝します。全世界的な問題に未だに態度をはっきりしないMS本体と、問題になる前に動作確認を怠っていたであろう開発チームには怒りしか覚えませんが。

  4. Anonymous より:

    そして我が家だと、度々プリンタが認識できない時が。。。エプソン製品。再起動したら直ることも度々。 windowsの不安定さは相変わらず。なんとかしてくれ。XPマシンなのでもう解決してくれとは言わないが。 7とかでも起きる。アップデートして不安定になるのならそんなのいらないから。

  5. Anonymous より:

    本当にどうにかして下さい。まったく動きません。。。。。

  6. Anonymous より:

    何言ってんだか、クソ

  7. Anonymous より:

    新規にXPをインストールするはめになったが、一晩たってもSP3からのアップデート検索が終わらない。いったい何日かかるか検討もつかない。どうしてくれるのか。

  8. Anonymous より:

    今まで無かったことが急に現れたには、原因があるはず、
    updateでの「Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム」検出処理をしたのは、はじめてではないので。

  9. Anonymous より:

    癇癪持ちこのサイトを見つける前にPCを一台壊しました。まさか更新プログラムのバグのせいとは思わなかった!

  10. TestUser より:

    本件につきまして、暫定対処で修復しない場合があります

    恒久対処はいつ頃になりますでしょうか?

  11. KOMATTA より:

    そもそもCPU100%に張り付いていて暫定対処すらできません

    svchost.exeを切るとシステムが不安定になりますし・・・

  12. TestUser より:

    100%張り付きで困ったものですね・・・

    恒久対処も出てこないですし

    Windows Update サービスを一時的に無効にしておいて暫定対処を行ってみてはどうでしょうか?

    私の環境だと暫定対処だけでは修復できませんでしたけど・・・お試しください

  13. xx より:

    私もこの症状で悩みました。要は更新を完了すれば解決します。

    一時的に自動更新を無効にし、手動でMicrosoft Update 。

    症状が出るのは更新を探す間だけ。

    30分くらい(?)我慢すれば「xx個あります」画面が出ます。

    ダウンロード&インストールの間は他の作業も不可能ではありません。

    しかし、タスクマネージャーを睨んでいるのが無難でしょう。

    更新を探す間、

    svchost.exe 99%で、iexplore.exe 0%、たまに2%、すぐまた0%

    のような状態でも作業は進んでいます。

  14. Beppu より:

    KB2862330についても一部パソコン(XP SP3)で、以下の状況になってWSUS上処理が済んで

    いないことになっています。これも更新プログラムの不具合でしょうか。

    (状況)

    インストールが終了して再起動を行なうが、またすぐにインストール要求がされる。

    この繰り返しがずっと続いている。

  15. YY より:

    コマンドプロンプトで下記コマンドを実行したところ

    今のところ問題がでていません。

    net stop wuauserv

  16. MM より:

    FYI:

    KB2862330が繰り返し何度も表示される

    http://www.google.co.jp

  17. Beppu より:

    今日11月分のセキュリティパッチが発行されましたが、

    WUAUCLTコマンドを投入すると、相変わらずXPは

    CPU使用率100%となってしまいます。

    まだこの問題には対応できていないのでは?

  18. nn より:

    XPのサポートが切れるからとっとと乗り換えろとマイクロソフトが言っているような気がします。

  19. slave より:

    2013年11月の月例パッチでも同現象が起こりました。

    マイクロソフト セキュリティ情報 MS13-088 – 緊急

    Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (2888505)

    の該当するIE Verのファイルを直接ダウンロードして実行。

    その後、MicroSoft Updateを手動で行い、解決しました。

    ファイル実行してセットアップエラー「依存しているパッケージを移行できません

    でした。」と出ても、コンパネのプログラムの追加と削除に該当ファイルが登録

    されていれば問題ないようです。なせか・・・。

    IEの累積的なセキュリティ更新プログラムの配信で起こるようで

    12月も起こりそうです。困りますが。

  20. 素人の代表 より:

    ここ数回全部が100%になったし、さっきまで何を試しても無駄。

    PCが壊れたのか?と思いましたよ。結局、無理矢理svchost.exeを

    強制終了するより手立てがない。

    いくら残り半年だからといって、この対処は酷すぎる。あと、3回

    以上はMicroSoft Updateがあるでしょうから、ビルゲイツさんに強く

    意見して何とかするようにして下さい。

    せめて、Updateはスムーズに改善して欲しいものです。

  21. たた より:

    以下の手順で暫定的に止まりました。12月にまたなるかもしれませんが・・・

    1.自動更新を中止

    2.IE8なら削除し、IE6に戻し再起動。(IE6なら次の手順)

    3.IE8をインストール後、再起動前に自動更新に戻す(この時点でCPU振り切りは止まりました)

    4.残りのアップデートを処理後、再起動

    以上です。

  22. Beppu より:

    上の方法ですと1台1台設定しなければならず、何百、何千台も

    あると不可能です

    先月は利用者から相当なクレームがついており、対応だけでも

    かなりの時間を取られました。

    今月また、同様な状況になりそうなので、現在全部のパソコン

    への適用は中止しています。

    早急にwsusで対応できる修正モジュールを出してほしいですね。

  23. MM より:

    WSUSからの11月のパッチ配信時、案内のとおり下記方法で

    事前に対応すれば回避可能と思うのですが、

    実際に回避可能だった方は、おられますでしょうか?

    ==== 事前対応ここから ====

    暫定対処策(2) から、

    WSUS上で最新のMS13-088 – 緊急

    Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (2888505)

    のみを承認状態とし、過去の同パッチはすべて拒否済みに設定する。

    配信したいその他の更新プログラムも同時に承認する。

    ==== 事前対応ここまで====

  24. Beppu より:

    10月分の対応は上に書いているのでわかりますが、

    MMさんのコメントもマイクロソフト社からの正式

    見解でしょうか。

  25. motemote より:

    WSUSではないのですが・・・

    知り合いのPCのHDDが壊れたので換装後、XP入れなおしてSP3当てて

    そこから全くWindowsUpdateもMicrosoftUpdateもプログラムを確認しに行ったまま

    帰ってこない(笑)症状が続き、困っていました。 

    CPUも100%張り付きっぱなしで、そちらで検索してみたところこちらに辿り着きました。

    更新プログラム上記4点+11月更新分2888505を手動でダウンロードしてインストール後に再度

    Update実行であっさり更新プログラムを拾ってくるようになりました。

    WSUS環境以外のXP‐PCユーザも困ってるかたが結構いらっしゃるかもしれないかと・・・

  26. XP毒入りUpdate より:

    えーと、この問題発生から恒久対処の案内があるまでの期間分(まあ、1ヶ月以上かかるのなら)、

    XPのサポートは延長されて当然でしょう。

    それで answers.microsoft.com/…/9154794e-c77f-4994-854f-44bb3c035817

    みたいに口からでまかせの弁解を続けながら、放置プレイにしておけばいい。

  27. ポチ より:

    ①10月の更新  KB2862330 Windows XP Update Locked in Installation Loop

    news.softpedia.com/…/KB2862330-Windows-XP-Update-Locked-in-Installation-Loop-391968.shtml

    ②11月の更新 Windows XP や Windows Server 2003 環境において、Windows Update 実行時に Svchost.exe の CPU 使用率が 100 % となる、時間を大幅に要する

    検索すると、海外でも同様にトラブル

    ①についてもMSはまだ未回答

    上記①②は関係しているのだろうか、いずれも更新時のトラブル

  28. もうダメポ より:

    KB2888505を入れてからは「Svchost.exe の CPU 使用率が 100 %」の症状が改善しましたが、

    それ以降はUPDATE自体ができなくなりました。

    qmgr.dll 、qmgrprxy.dll の再作成をやってもダメ。

    マイクロサポート見ても「バックグラウンドインテリジェント・・の開始」にしても、

    そもそも、「バックグラウンドインテリジェント」のサービス開始項目が無いし。

    正直、詰んでます。

    はやく、UPDATEを正常にできる(バックグラウンドインテリジェント・・の開始を含む)

    ホットフィクスだしてください。

  29. Beppu より:

    暫定対応策(2)により、CPU使用率100%の状況は回避されました。

    おそるおそる小刻みに数十台で試してみてOKとなったので、残り300台

    程度に順次セキュリティパッチを当てていきます。

    私見ですが、もうマイクロソフトは累積的なセキュリティ更新プログラムの

    バグは直さないのでは。先月も「時間がかかります」、今月も「時間がかかり

    ます」ですから、12月もたぶん「時間がかかります」になるでしょう。

    12月のセキュリティパッチ発表まで、あと2週間ちょっとですから、もう

    無理でしょう。当方も期待していましたが、待ちくたびれてしまいました。

    とにかく社内ユーザーからの「パソコンが使えない」というクレームに対応

    する必要がありますから、とりあえず暫定対応策(2)で行なうしかない

    ですね。

  30. 青影 より:

    KOMATTA さんへ

    クリーンブートし KB2888505 を適用してみては?

    先にダウンロードセンターから適用するパッチをダウンロードしローカルで適用する

    注)LAN を外す事を忘れずに

    motemote さんへ

    Windows Update でエラーに(エラーの場合直ぐにエラー表示有り)成らないなら

    ダウンロードセンターから

    IE8 と KB2888505 をダウンロードし個別に適用後 Windows Update でアップデート可能な筈

    もし時間が掛るようなら Microsoft Update でアップデートを

    完了後に Windows Update に設定を戻せば完了

    Windows Update でエラーに成るなら Windows Update エージェントが古いので最新を適用すれば良い

    今後の参考まで

       Windows Update エージェントの最新バージョンを入手する方法に関する、ネットワーク管理者向けの情報

       support.microsoft.com/…/ja

    結果的に回避できた手順を書いておきます

    WIN XP SP3 IE8

    自動更新を無効にする

    DataStore フォルダの内容を削除する

      Windows Update サイトで利用可能な更新を検索すると 0x80248013 エラーが表示される

      support.microsoft.com/…/ja

    ダウンロードセンターより KB2888505 をダウンロードし個別に適用

    此で起動後に 100% で張り付く事は回避出来ました

    又 Windows Update で時間が掛かる事も回避

    Microsoft Update は少し(2~3分)掛るが正常表示される

    以下は起動時の時間短縮を目的で今回の件とは直接は関係ないが合せてやっておけばシステムの軽量化に貢献

    Temp フォルダの内容を削除

    C:WINDOWSSoftwareDistributionDownload フォルダの内容を削除

    C:Windowsフォルダにある $ で始まるファイルの削除

     此を行うと過去のパッチのアンインストールが出来なく成るので個別に判断を!

  31. 至急対策を より:

    XP + IE8を使用しています。

    CPU100%です。

    最新のKB2888505には、XP + IE8用のものはありません。

    どれを当てればよいのでしょうか?

  32. 青影 より:

    Internet Explorer 8 for Windows XP 用セキュリティ更新プログラム (KB2888505)

    http://www.microsoft.com/…/details.aspx

  33. Beppu より:

    今日はなにやらInternet Explorer(6) の累積的なセキュリティ更新

    プログラムが大量に発行されましたね。

    先日CPU使用率100%の状態から抜けるために、拒否したパッチの

    修正分らしきものがきました。CPU使用率100%のバグを修正する

    パッチなのでしょうか。今頃発行されても正直困ります。それに

    数も中途半端ですし。マイクロソフト様、毎日発行とかはしないで

    くださいね。

    わけがわからなくなります。

  34. ポチ より:

    11/27/2013のお知らせで、恒久対処策をして頂けた様に感じています。WSUSとは、企業のIT環境でのことでしょうか、ご説明が、全く理解できません。家庭で使用中の個人のWinXP PCでは、どのような作業をしたらよいのか、ただ、Microsoft Updateを再度やり直せばよいのでしょうか、11/27のお知らせの上に書いてくださいますでしょうか? お手数ですがお願いできれば幸いです。

  35. slave より:

    WSUSではない環境では恒久対策はなされていないようです。

    シングルコアだと100%、デュアルコアだと両方足して50%。

    デュアルコアの人は気づきにくいのかもしれません。

    ここはWSUSサポートブログとのことですが、本家に公式的な記述がないものだから

    皆さんここに来ているのだと思います。

  36. Beppu より:

    ポチさんへ

    WSUSの説明は以下のサイトをご参照ください。

    http://e-words.jp/w/WSUS.html

    あと、ここには書いていませんが、WINDOWS UPFATEを

    個人個人の管理に任せると、勝手にWINDOWS UPDATEの

    サービスを止めて、重要なセキュリティパッチを適用し

    ないというセキュリティ上問題がある行動を起こす人が

    います。

    WSUSは強制的にセキュリティパッチを当てていき、全部の

    パソコンの状況も把握できますので、大変有用なシステム

    です。ただし、本来はWINDOWSのシステムに欠陥がある

    こと自体が問題で、欠陥がなければWINDOWS UPDATEも

    必要がありませんし、管理者が余分な時間を割くことも

    ありません。

    それともうひとつ重要なのは、WINDOWSUPDATEですと、

    IEのバージョンが勝手に上がるという、余計なお節介が

    起きてしまいます。

    企業はIEを利用したWEBシステムをいくつも導入しています

    が、各システムで共通に利用するブラウザ(IE)は、

    5~6年は変えることができません。変えるとシステムの

    導入に費用がかかるからです。またシステムを販売している

    ソフト会社も開発費用がかかることから、次期バージョンは

    同様の期間開発しません。現状ですとIE6が長期間使用され、

    最近やっとIE8に移行しつつあります、IE10等はまだしばらく

    企業のWEBシステムに採用されないでしょう。IE10は

    技術的にもIE9以下とはかなり違っていますので、利用者側も

    ソフト会社側も対応が大変です

    こういう状況ですから、IEのバージョンは一定であることが

    必須となります。勝手にバージョンアップをされると、

    システムが動かなくなります。ある夜を境にIE6がIE10に

    バージョンアップされたりしたら、現場は大混乱になり、

    企業の損失は計り知れないものになります。

    WSUSを使用すると、バージョンアップの修正プログラムは

    管理者に承認されるまではパソコンに配布されませんので、

    非常に安心です。現に数ヶ月前にIE10へのアップデート

    プログラムが発行されました。うっかり管理者が承認をして

    しまうと、次の日から悲惨な状況になってしまいます。

    この場合IE10をアンインストールすればIE8に戻りますが、

    大きな混乱を引き起こしてしまい、また対応に余分な時間が

    かかり、企業は大損害になります。

    個人については、IEのバージョンが翌朝変わっていても、

    特に問題はありません。個人と企業でのパソコンの使用法は

    大きな違いがあります。

  37. Beppu より:

    11月27日のブログチームのコメントについて………

    ◆5年前の亡霊が悪さをしていたというか、IEの累積処理の

     ロジックが破綻してしまったということですね。確かに置

     き換えを検出するのはCPUの能力をかなり食ってしまいます。

    ◆私見ですが今回の恒久対応策は暫定対応策の(2)を自動的

     に行なったのに過ぎません。これで本当によくなればよいの

     ですが。

     (発行された累積のパッチ数はかなり数が足らないという

     疑問があります)

    ◆WSUS管理者の皆さんの幸運を祈ります。

  38. 青影 より:

    slave さんへ

    その現象はシステムを起動後(ログイン後)数分後に CPU 使用率が 100% に成って下がらずに シングルコアならハングアップ状態に、デュアルコアなら片肺に成る現象でしょう。

    25 を参考にDataStore フォルダの内容を削除すれば回復されませんか?

    改善されなければ追加で Microsoft Update と Windows Update を切り替え(設定変更)をすれば回復したとの情報が有ります

    一度試されては如何

    経過から観て先に KB2888505 を適用しておくのが吉かと思います

  39. 青影 より:

    Windows Update で自動更新を無効にしているいるユーザーは要確認

    Windows Update エージェントが古いままの可能性が有るので確認後 Windows Update エージェント を更新するのが吉

    最新版の Windows Update エージェントの入手方法

    support.microsoft.com/…/ja

  40. slave より:

    青影さんへ

    ありがとうございます。

    自分なりに本現象のWSUS以外の対処方法は極めたつもりでいます。

    自分の環境みたいに事情あって、まだXPのシングルコア機を使用している場合の

    情報提供がしたかったので、このスレを荒らし?させていただいています。

    以下WSUS以外での対処方法参考ページです。

    answers.microsoft.com/…/b4f01244-ea08-4c46-9714-a874fb1a988f

  41. 猫配便 より:

    こんにちは。デュアルブート環境でWinXPを使用しています。

    クリーンインストール後にSP3を手動適用、インターネットに接続し自動更新をON(更新を通知するのみ)にすると、6つあるCPUコアの1つをsvchostが完全に占拠、CPU使用率が17%(1/6)に貼り付きます。

    1時間以上放置しても変わらないため、自動更新を無効にして再起動し、IE6の累積パッチ11月号を適用しました。その後再び自動更新をONにすると、何ら問題なくUpdateが行えました。

    しかしその後何度かUpdateを行うと、再び同様の症状が発生するため、今度はIE8の累積パッチを適用し、問題解決となりました。

    恒久対策をなされたとのことですが、少なくともWSUSを使用せず、WindowsUpdateに直接接続している場合には相変わらず問題が発生しておりますことをご報告申し上げます。

    また、問題が発生しているPCはWin7 64bitとデュアルブートして使用しているゲーム用PCで、メモリは32bitOSで認識できる以上を搭載しており、カスタマーエクスペリエンスインデックスも7以上あり決して低スペックではありません。

    恒久対策が難しいようでしたら、何らかのわかりやすい方法で対処法の周知をお願いできませんでしょうか。

  42. お役所仕事な案内の仕方でがっくりです より:

    どうして、下記のように、自分でサイトにアクセスして、そこで検索して、10ぐらいある中から探し出して、ダウンロードしないといけないんだか。

    ここをクリック と一発でいいだけじゃないの。

    お役所仕事ですよねーこういうの。

    最新の "Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム" は、以下のサイトよりダウンロードして頂けます。

    (現在最新である 11 月公開分は、KB2888505 で検索してダウンロードして頂けます。)

    Microsoft Update カタログ

    catalog.update.microsoft.com/…/home.aspx

  43. やはりというか。。。 より:

    12月公開分でも発生していますね。

    WSUSは使用していません。

    WindowsUpdateに直接接続です。

    問題発生から数ヶ月たっても根本解決に至らないとは、サポートのひどいさにがっかりです。

    もうすぐ切り捨てられるOSだからでしょうか?

  44. いい加減勘弁してくれ より:

    自動更新日前にITニュースなどに案内をなぜ出さないのか?

    100%になったら何もできなくなるではないか!!

    自動更新設定を切っても再稼動したらやはり100%のままで動かない。

    メールもなにも読めなくなる…….

  45. あああ より:

    我が家に1台あるXPマシン、CPU100%のままに。

    今日はじめて。

    もしかしてこれ?

    やはりXPサポ切れに伴う嫌がらせな気もしなくないな。

    やっぱ7にしたいけど、お金ないし。

  46. 確認 より:

    当該事象が発生していますが、事象発生中にsvhost.exeは殺しても問題がないのでしょうか?

  47. いい加減勘弁してくれ より:

    ちなみにダブルコアCPUのPCでは50%となります。只今その状態で放置しています。

    シングルコアのCPUでは100%ですから、シングルコアCPUのPCで問題が顕著化しているようですね。

    コントロールパネルの自動更新から、・「更新を通知するのみで、自動的なダウンロードまたはインストール実行しない」に変更し、再起動。

    シングルコアPCは先程やっとupdateが終了しました。

    ダブルコアもCPU50%ですがなかなか完了しなかったので、IE8の更新プログラム(technet.microsoft.com/…/ms13-097)のみMicrosoftよりダウンロードして手動で更新。その後再起動後、IE8からMicrosoft Updateサイトに接続し通常通りの手順で更新しました。

    サポートはまだあるのですから、きちんとサポート終了まで修正パッチ等をリリースする責任はMicrosoftにはあると思います。

  48. ひとまず、 より:

    会社のセキュリティ配下でないのであれば、

    現象が発生すればnet stop wuauservでプロセスを止めて、

    サービスからWindows Updateの起動を自動→無効に変更しておけばどうでしょうか。

    セキュリティソフト等で停止できない場合は別ですが。

  49. いい加減勘弁してくれ より:

    確認さんへ

    この事象は、Internet Explorer の問題で、updateサイトとのやり取りが上手く行っていない為と思われます。

    ですから、12月分更新プログラムのInternet Explorer 関係の更新プログラムさえ更新できればその他の更新プログラムはスムーズに行くようです。

    technet.microsoft.com/…/ms13-097

    のInternet Explorer 関係の更新プログラムをダウンロードして手動で更新がまずは先決です。

    シングルコアcpu100%では動かないので、svhost.exeを停止するのも有りかなと思います。

  50. もしかして・・・ より:

    このサイトはあくまでも「Japan WSUS Support Team Blog」なのでWSUSだけ恒久対策を講じれば「直接WindowsUpdateしてる一般ユーザーなんて知らねーよ!」

    なんてことが無ければ良いのですが。。。。

    WindowsUpdateの不具合を報告するところが別にありますか?

  51. MM より:

    (この場所はWSUSのBlogのため、本来WSUSに関連する内容について

    情報交換する場とは思いますが、一般の方でお困りの方も多いようですのでご参考までに)

    WSUSで管理されていないPCの方で、会社環境でPCの設定を制御されていなければ、

    下記項目を確認してみると良いと思われます。

    ・コントロールパネルの自動更新は無効にする。

    ・パッチはWindows Update (Microsoft Update)サイトは使わない。

    ・パッチはマイクロソフト社のダウンロードページから個別にプログラムをダウンロードして適用する

    ・ダウンロードするパッチはIEの累積パッチの最新版(各自のOSとIEのバージョンに合ったもの)

    IE累積パッチ適用後は、

    ・コントロールパネルの自動更新は有効に戻す。(各自ご判断を)

    ・残りのパッチはWindows Update (Microsoft Update)サイトを使って更新しても問題は発生しない。

    ただし、次の月にまた新しいIE累積パッチがリリースされると

    そのタイミングで本事象を繰り返すので、その点を考慮のうえ、適切に対応する。

    CPU100%の方に対して参考になれば幸いです。

    お気持ちは理解できますが、あくまでもこの場がWSUSのBlogということは配慮しませんか。

  52. ふざけるな!! より:

    いつになったらきちんと直すんだ!!

    まだ14年きてないじゃないか!!

    毎月の更新が嫌になるわ!!

  53. 権兵衛 より:

    個人のPCでこの件、他苦情は

    answers.microsoft.com/…/forum

    CPU 100% になるなら

    answers.microsoft.com/…/b4f01244-ea08-4c46-9714-a874fb1a988f

    が適当かと

    文句、苦情だけでは何も成らないので

    現象、改善した作業等を書いた方が良いでしょう

    此処に書くよりは良いのでは無いでしょうか?

  54. 梨の礫 より:

    >MM様

    社員乙!

    メーカーがまともに対応しないからこそこうなっているのです

    はき違えるなよ貴様?

  55. Beppu より:

    梨の礫様

    ◆数百台、数千台のパソコンを管理している立場から言いますと、

    更新システムの不具合については個人の方の怒りの何十倍もあります。

    苦情の電話が社内からどんどんかかり、しかも1ヶ月前までは

    理由や対処もはっきりせず、どうしようもない状態でした。

    時間的、経済的な損失は相当なものです。

    ◆ただ、マイクロソフト社にいちいち苦情を申し立てても、過去の

    例からして、すぐに改善されることはありません。この問題が

    出始めて3ヶ月してやっと、暫定対応がでてきた状態ですから。

    ◆とにかく情報不足をなんとか補おうとWSUSの管理者は皆さん

    必死です。怒りをぶちまけるだけではなんの進展もありません。

    冷静に対応することが管理者の務めです。

    ◆ここのブログは、WSUSの管理者には大変有用です。

    個人の皆様にお願いですが、あまり粗暴な言葉は発しないように

    してください。限られた時間の中で情報を整理しなければ

    ならない管理者にとって、このサイトが苦情、不満、罵詈雑言の

    場になっては大変迷惑なのです。そういう発言は2チャンネル

    等でお願いします。

    ◆個人の方にも参考になる記事もあると思いますので、静かに

    記事を分析してください。品位ある発言をお願いします。

  56. 泣いてます より:

    KB2898785だけを単独でダウンロード&インストールし、その後通常のWindowsUpdateを

    適用しました。確かに「確認」時間は短かったですが、いざ、ダウンロード&インストール

    のステップになると「失敗」になり、できなくなりました。(0X80246008)

    色々探してもうまくいかず、結局WindowsXPの修復をしました。(IEが6まで戻ってしまい、現在WindowsUpdate確認中。(既に2時間・・・)

    もうダメポさんと同じですね。

  57. 何だか… より:

    KB2898785をダウンロードしてインストール。

    svchost.exeのcpu使用率は0%になりましたが

    今度はiexplore.exeが複数立ち上がり

    cpu使用率が100%になってしまいました。

  58. 素人ですが より:

    参考にしながらチャレンジしましたがなかなかスムーズに動かずうまくいきませんでした。

    一度KB2898785をダウンロードしたつもりが、動きが遅いせいか完了していなかったようで失敗しました。結局パソコン立ち上げてすぐにコントロールパネルから自動アップデートを停止してやっと動くようになり、KB2898785をダウンロードし最後のインストールウィザードまで完了、再起動で動くようになりました。その後のWindowsUpdateはスムーズに完了しました。KB2898785のダウンロードはダイレクトに検索するのが一番楽でした。

  59. Beppu より:

    今月のセキュリティパッチが昨日発表されました。WSUSを早速、以下の

    ように実施しました。

    11月20日の暫定対応策(2)にあるように、

    11月に発表されたWindowsXP用Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新

    プログラム(kB2888505)を拒否済みにして(10月以前のWindowsXP用

    Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラや同類のものも拒否)、

    数台に配信、CPU使用率100%にならずに、済みました。

    来年4月までこの方法でいくしかないようですね。

  60. IT起業アカデミア より:

    svchost.exeが100%になってしまう問題で、WindowsUpdateを止める方法の記事を以下に書いてあいます。パッチ適用がスムーズにいかないときは、下記の方法もお試し下さい。

    簡単にできますので。

    【一番簡単】(2013年11月)WindowsXPでsvchostのCPU占有率が100%になる問題の解決方法

    web-academia.org/…/837

  61. Beppu より:

    ◆今朝、12月分の追加のセキュリティパッチが2個通知されましたが、

    説明は英文で、番号はKB2917500です。

    ◆何年かに1回、英文のパッチが発行されますが、本当に適用してよいのか、

    なんの説明もないので、迷ってしまいます。

    =ブログチームの方へ=

    このパッチは適用してよいのでしょうか。

    お答えいただけると幸いです。

  62. MM より:

    Beppu様

    いつもご丁寧なコメント拝見しております。

    (私はMS社とは関係ありませんが)、KB2917500 の情報を確認しましたので、

    情報共有しますね。

    不適切に発行されたデジタル証明書により、なりすましが行われる

    technet.microsoft.com/…/2916652

    →こちらのページ下、更新履歴をご確認ください。

    この背景として、下記のようなことがあったようです。

    http://www.itmedia.co.jp/…/news036.html

  63. Beppu より:

    MM様

    コメントありがとうございます。

    急いで対応する必要があったので、和訳する時間がなかった

    のでしょうね。

    WSUS上で例外的なパッチ2個を承認することにします。

  64. nanasiyanen より:

    今月、wmp関連のアップデートがセキュリティ以外で来たけど、初期化されるわエクスプローラーで

    動画や音声ファイルをクリックしてもリストに溜まるだけになってちょくで開けないわ、バグだらけじゃん。

    こっちの修正も早くして欲しい。本当に最近のMicrosoftのアップデートは不具合ばっかりでうんざり。

    素早い対応を求める。すでにメールコンタクトのページからも問い合わせ報告しておいた。

    ちなみに環境はWindows 7。ほかにもいろんなバグが有るみたいだな、今月はひどすぎ。

  65. うちは より:

    3台だから何とかなるけど、

    100台とか1000台とかだと洒落にならない。

    知り合いのとこは、完全にキレて、

    xpを最後にmsから足を洗うらしいです。

    うちは、まてばダウンロードはできますが、

    インストールに失敗します。

    完全に回復しないので、

    アップデート切ってますが、

    不都合ありますか?

  66. hhh より:

    もういい加減にして欲しいです。

    タダでOS提供しているなら仕方がないが、

    お金を取ってユーザーの作業の邪魔ばかりするのはやめていただきたいです。

    以上

  67. とんぼ より:

    ここ早く見つければ良かった。

    OS以外の、開発環境に影響出てる情報有りますか?

    まさか、サポート終了まじかに成って、こんな不具合出るとは思ってもいなかったので、2003を3回も再インストールしてしまった。

    私の場合、2003のシステムを新規インストールでのトラブルなので、時間の損害で済んでるようなのだけど?

    1CPUでは、100%に成るので、クワッドにしたが延々と確認中です。

    もしかして・・・・・前に作ってた、2003のDelphiが動作しなくなったのも、関連あるかなぁ?

    Hyper-Vで、今年4月ごろに作った2003のDelphiが最近、動作不良に成っているので、今回、新しく作り直して、このトラブルに見舞われました。

    4月に作った2003マシンは、最近、開いてUPDateしたと思う。

    その頃から、おかしくなったのかな?

    もし、開発環境に影響出るようだと、古いシステムネットに繋げない?

    ネット切り離して、MicroSoft UpDateの自動更新切らなきゃ駄目なのかな?

    上の、皆さんの発言参考にさせて頂き、頑張ってみます。

  68. とんぼ より:

    Delphiが動作しなくなったのは、Windowsのセキュリティ関係の設定の問題でした。

    Windows UpDateには、関係ありませんでした。

    以上 報告

  69. とんぼ より:

    残念だけど、Hyper-VUpDateで固まった。

  70. Anonymous より:

    Windows XP 環境で Windows Update を行った際に CPU が 100% になる場合 (例: ”このコンピュータに該当する最新の更新プログラムを確認しています…”

  71. user より:

    11/27に恒久対処を行ったはずなのに、何故また同じ現象が発生するのでしょうか?マイクロソフト社は品質管理に問題があるのではないですか。

  72. サーバ担当 より:

    ご担当者様昨日、Windows2003Serverへ更新プログラムを適用し「再起動する」クリック後、4台中2台のサーバのディスクランプが点きっぱなしの状態になり、リモートデスクトップにて接続できなくなってしまいました。再起動もまだされていないようです。 1日放置して今朝出社して確認しましたが現象変わらずです。電源ボタン長押しで強制的に再起動するために私は出張しなければいけないのでしょうか?それとも待っていれば再起動されるのでしょうか?

  73. MM より:

    MS社より1月に本事象の修正パッチが配布される模様です。

    Windows XPでCPUの使用率が100%になるバグにMicrosoftがパッチ配布予定
    http://gigazine.net/news/20131217-windows-svchost-bug-patch/

  74. Beppu より:

    user様暫定対抗策2を行なってみてください。これの方が確実です。なお、11月分の Windows XP用 Internet Explorer 6の累積的なセキュリティ更新プログラムも拒否することを忘れないようにしてください。

  75. Beppu より:

    MM様最新情報の書き込みありがとうございます。9月から4ヶ月かかってのリリースとは遅すぎますね。世界全体でいったいどれくらいの経済的損失を招いたか、マイクロソフト社にはEXCELでしっかり計算してほしいですね。

  76. さてさて より:

    2ch見てきたけど、これを解決するパッチが予定されてるそうだな。これで全てが解決し、なおかつまた別の不具合が出ないことだけを祈る。頼むぞ、しっかりしてくれマイクロソフト。お金とって商売してるんだからな。

  77. でもさ より:

    パッチ配布予定が1月ということですが、次回WindowsUpdateまでに間に合えばいいんですけどね・・・。次回が1月15日として、年始休暇があるので、例え1月1日公開してもらっても、インストール作業ができるのは1月6日から。15日までに6日間しかありません。もし1月10日頃にパッチが公開されたのならばもう全台インストールなんて無理ですわ。。。

  78. でもさ より:

    パッチ配布予定が1月ということですが、次回WindowsUpdateまでに間に合えばいいんですけどね・・・。次回が1月15日として、年始休暇があるので、例え1月1日公開してもらっても、インストール作業ができるのは1月6日から。15日までに6日間しかありません。もし1月10日頃にパッチが公開されたのならばもう全台インストールなんて無理ですわ。。。 まさかパッチ公開が1月15日以降ってことはないですよね???????

  79. Anonymous より:

    今のPC(Core2Duo 2.2GHz)を使い出してほぼ5年、HDDは容量の大きなものに換装しているのでまだ大丈夫ですがそろそろ他のパーツの寿命が心配になってきました。ということで、同機種をお安くヤフオクで Getです。(新品購入時の約 1/20程度でした) HDDは初期化されていましたがリカバリーメディアを持っているので、わりとスムースにリカバリーして正常起動するようになりました。でも、そのあとでちょっと問題が発生しました。

  80. Anonymous より:

    Pingback from xp???sp3?????????????????????????????????????????????????????????CPU?????????100??? | ????????????????????????

  81. Anonymous より:

    Pingback from xp???sp3?????????????????????????????????????????????????????????CPU?????????100??? | ????????????????????????

  82. Anonymous より:

    Pingback from xp???sp3?????????????????????????????????????????????????????????CPU?????????100??? | ????????????????????????

  83. Anonymous より:

    Pingback from xp???sp3?????????????????????????????????????????????????????????CPU?????????100??? | ????????????????????????

  84. Anonymous より:

    Pingback from ???????????????????????? ????????????????????? – WindowsXP???CPU????????????100%?????????

  85. どうやら より:

    1月のWindowsUpdateにIEのアップデートがなかったので1月は無事に済みそうですね?2月までには対策をお願いしたいです。

  86. Anonymous より:

    皆さま、こんにちは。
    WSUS サポートチームです。

    Windows XP や Windows Server 2003 環境において、Windows Update 実行時に Svchost

  87. ど素人さんです。 より:

    一月くらい、いろいろ試しましたが結局ダメでした。Automatic updates を停止するしか手がないのでしょうか。私の手には負えません。せめてWSUSのブログで、対策がどの程度進捗しているのか知らせてほしいですね。

  88. 情シス屋 より:

    2月分は事前情報ではIE累積パッチは含まれていませんでしたが、急遽11日に追加されましたね。念のためWSUSでの暫定対処は実施しましたが、していない場合はやはりCPU高負荷となったでしょうか?情報求みます。 ※結局最終の4月まで毎回暫定対処する事になりそうですね。

  89. Anonymous より:

    Windows 2003 ServerでWindows Updateを実行して確認しましたが、KB2898785 がインストールされていればIEの累積パッチ検出時にCPU使用率が100%になる事象は解消されていました。

  90. 管理人A より:

    KB2898785手動インストールなしでも今月出た新しいのだけで100%は解決したのか WSUSで何千台も管理しているから手動インストールとかありえないよこれみんな知りたがっていることじゃないのそのへんどうなのマイクロソフトさん