[ご注意ください] 12 月 10 日に Windows Update で配信された Visual Studio 2012 対象の更新プログラム KB3002339 をインストールするとシステムのハングアップなどの問題が発生する(※ Ver3.0 - 12/17リンク先追記あり)

※ 本件は、Visual Studio サポート チームのブログの転載となります。 2014 年 12 月 10 日に公開され、Windows Update で配信された Visual Studio 2012 対象の KB3002339 の更新プログラムをインストールすると、Windows Update が完了しない、システム再起動時に更新が完了せずシステムがハングアップしてしまうという現象が発生することを確認いたしました。 KB3002339 https://support.microsoft.com/kb/3002339/ 本問題の報告を受け、Windows Update の配信は既に停止いたしましたが、Windows Server Update Services (WSUS) を使用して更新プログラムを配信されているお客様におかれましては、本更新プログラムの配信を停止していただけますようお願い申し上げます。 既に本更新プログラムを適用し、ハングアップなどの現象が発生している環境での復旧方法につきましては、現在調査中です。進展があり次第、Visual Studio チーム記事にて情報公開させていただきます。最新の内容は下記 Visual Studio チームブログ(※12/17 アップデート内容がございます)をご覧ください。 Visual Studio サポートチームブログ  [ご注意ください] 12 月 10 日に Windows Update で配信された Visual Studio 2012 対象の更新プログラム KB3002339 をインストールするとシステムのハングアップなどの問題が発生する …

0

WSUS コンソール画面でオペレーティング システム名が正しく表示されない事象について

2015/3/17 更新 ~~~~~~~~~ 前回公開させていただきました対処方法では、KB2734608 もしくは KB2828185 を WSUS サーバーに適用することで、正しく OS 名が表示される旨をご案内いたしましたが、KB2734608 および KB2828185 では、本事象の修正は含まれていないことが確認出来ました。 WSUS 3.0 SP2 の環境に対する、本事象の修正は KB2938066 にて行われております。恐れ入りますが、WSUS 3.0 SP2 の環境にて、本事象を解消していただくためには、KB2938066 を適用いただけますようお願いいたします。 なお、Windows Server 2012 の WSUS の環境では、本事象に対する対処方法はございません。 ~~~~~~~~~ こんにちは。WSUS サポートチームです。   今回は「WSUS 管理コンソール上でオペレーティング システム名が正しく表示されない事象」についてご紹介します。   「WSUS の管理コンソール上のオペレーティング システム項目に、実際の OS 名と異なる名称が表示される」というお問い合わせをいただくことがあります。これは WSUS における不具合で、 WSUS が該当製品の OS 名を正しく取得できていないことが原因です。なお、この事象は WSUS の管理コンソールの表示上の問題であり、その他の機能への影響はありません。 また、本件は Windows Server 2012…

0

Windows Update クライアントの情報をクリアにする手順

こんにちは。WSUS サポートチームです。 今回は、WSUS においてよくある「更新プログラムの検出処理ができない」「更新プログラムのダウンロード処理ができない」「更新プログラムが期待通りにインストール出来ない」場合に、まず実施いただきたい対処方法をご案内します。 ご案内する手順については、エラーや発生事象別に原因を特定して対応するということを目的としたものではなく、とりあえずうまく動かない状況に直面したらまずはこれをやってみよう、ということを目的としたものになります。 WSUS による更新プログラムの配信を行っている場合、まずはエラーが発生した原因の追究より、更新プログラムのインストールをいち早く完了させたい、という状況に直面することもあるのではないでしょうか。 またユーザーが使用する PC のため、何度も対処策を実施するのが難しいという状況もあるかと思います。そのような場合、まず回避優先の対処が求められます。 今回の一連の手順では、Windows Update クライアント側の情報をクリアにすることで、クライアント側に残存しているダウンロード ジョブなどに起因した問題かや Windows Update 情報の不整合があるかどうかを切り分けるために有効な手順となります。当サポート部門に寄せられた多くのお問い合わせでご案内した実績のある手順であり、クライアント側に起因した問題であるかどうかの有効な切り分け方法となります。 但し、注意事項としましては、以下のような影響がございますので、十分ご理解いただいた上で本手順の実施をお願いいたします。 【注意事項】 ・[更新履歴の表示] の情報がクリアされます。(作業履歴の情報ですので 現時点の適用状態や今後の適用動作には全く影響ありません) ・過去クライアント側の操作によって「非表示」設定(処理対象から除外)していた更新プログラムが存在する場合は、その設定が解除されます。 ~ 参考情報 ~ Windows Update の “更新履歴の表示” が示す内容について http://blogs.technet.com/b/jpwsus/archive/2013/08/22/windows-update-quot-quot.aspx SoftwareDistribution フォルダーのリセットと BITS ジョブのクリア 以下ステップを順にご実施ください。 a) 自動更新サービスと BITS サービスの停止 b) SoftwareDistribution フォルダーのリネーム c) BITS のジョブを削除 d) 自動更新サービスと BITS サービスの開始 e) 更新プログラム検出の確認 各手順の詳細は以下の通りです。 a)…

0

Windows Server 2003 環境において、Microsoft Update 実行時に 0x80248015 エラーが発生する

(2014/11/27 更新 – 修正完了し、解消いたしました。)(2014/11/26 更新 – 補足情報を追記しました。) 皆さま、こんにちは。WSUS サポートチームです。 Windows Server 2003 環境において、Microsoft Update 実行時に 0x80248015 エラーが発生する、というお問い合わせを多く頂いております。 本事象につきましては、現在恒久対策の確認を弊社にて行わせて頂いておりますが、ご案内までにしばらくお時間を要する見込みです。恐れ入りますが、事象の詳細と現在判明している回避策を以下にご紹介させて頂きますので、恒久対処のご案内まで、こちらの実施をご検討くださいますようお願いいたします。本事象につきましては、2014/11/27 に Microsoft Update サイト側の修正が完了し、現時点では解消しております。事象の詳細と解消前にご案内した回避策を以下にご紹介させていただきます。 (事象の詳細)Windows Server 2003 環境において、[コントロール パネル] – [自動更新] から、Windows Update Web サイトをブラウザで開き、Microsoft Update へ更新プログラムの確認を実行すると 0x80248015 エラーが発生する。 (発生環境)以下 3 点の条件を満たす環境で、本事象が発生する事を確認いたしております。 – Windows Server 2003 SP2- Microsoft Update を有効にしている- Microsoft Update サイトをブラウザで開き、更新プログラムの確認を実行する なお、自動更新で更新プログラムを適用している場合は、発生いたしません。 (原因)Microsoft Update サイトに問題があったため、修正いたしました。…

0

Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) -脆弱性チェックについて

こんにちは。WSUS サポートチームです。 本ポストでは、Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) の脆弱性チェックについてご案内いたします。   MBSA (2014/9 現在最新バージョンは 2.3)で搭載する機能に脆弱性チェックがあります。 この機能は MBSA の旧バージョンより搭載されている機能ですが、ハードコード(*)された脆弱性チェックという造りからその役割を今日では終えつつある状況となります。   (*) 定義ファイルなどをベースとした日々チェック項目が更新されるのではなく、 予め決められた項目(例えばパスワードの複雑性など)についてチェックするのみの機能となります。     現在の OS やアプリケーションに求められるセキュリティ脆弱性チェック機能としては、ハードコードされたチェックは十分とは言えず、また、後述の通り、期待通り動作しない/未サポートとなるケースが増えておりますので、MBSA をご利用いただいておりますユーザー様におかれましては、今後は MBSAは更新プログラムのスキャンツールとしてのみご利用いただくことをご提案したいと存じます。   >> 動作しない例: Windows 8 以降のバージョンでは脆弱性チェックに対応しておりません。 また、SQL Server の脆弱性チェックにおいても、SQL Server 2005 以降のバージョンで期待通り動作しない状況となっております。   >> 参考資料: Microsoft Baseline Security Analyzer http://technet.microsoft.com/ja-jp/security/cc184924.aspx マイクロソフト アカウントに関する注意: MBSA は Windows 8、およびそれ以降のバージョンのマイクロソフト アカウントに対する脆弱性評価のサポートはしておりません。

0

WSUS 自動承認規則が反映されない事象について

こんにちは。WSUS サポートチームです。 今回は「WSUS 自動承認規則が反映されない事象」についてご紹介します。 「自動承認を有効としているにも関わらず、自動でインストール承認が行われない更新プログラムが存在する」というお問い合わせをいただくことがあります。自動承認規則にて作成された規則が反映されない更新プログラムは、End User License Agreement (EULA) が付与された更新プログラムであることが主な理由です。このような更新プログラムは、WSUS 管理者の手動での明示的なインストール承認処理を必要とし、自動承認処理を行うことはできません。 EULA が付与された更新プログラムであるかどうかは、WSUS 管理コンソールの追加情報 (赤枠) から確認することができます。 <EULA ありの更新プログラム>   <EULA なしの更新プログラム>     また、更新プログラムのインストール承認時に以下のようなダイアログボックスが表示された場合には、EULA の同意操作を必要とする更新プログラムであることがわかります。   もし、自動承認規則が有効になっているにもかかわらず、インストール承認が行われない更新プログラムが存在する場合は、上記の内容をもとに、EULA の有無を確認し、手動による更新プログラムのインストール承認処理を行ってください。     *参考情報* WSUS 3.0 SP 2 の配信について http://blogs.technet.com/b/jpwsus/archive/2009/08/25/wsus-3-0-sp-2.aspx B.   End User License Agreement (EULA) について    

0

WSUS データベースを簡単に操作するには (Windows Server 2012 編)

みなさん、こんにちは。 WSUS 担当チームの染谷です。 本日は、Windows Internal Database (WID) に接続する Tips をご紹介します。 Windows Server Update Services (WSUS) では、カタログ情報を保存するデータベースとして、Windows Internal Database (WID) または Microsoft SQL Server のいずれかを使用することができます。 WID は、Windows に組み込まれているミニマムなデータベースです。 通常の WSUS 運用においては、データベースを外部ツールから操作する必要はありませんが、データベースのメンテナンスやバックアップの実行などでデータベースに接続して操作する局面が生じることがあります。 Microsoft SQL Server を使用している場合には、グラフィカルなツールを使用してデータベースに接続することが可能であるため、あまり頭を悩ませることはありません。しかし、WID には、管理ツールが付属しないため、こういったメンテナンスを実行する際には管理用のツールをインストールする必要があります。 今回は、Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2 の WSUS が使用する WID に接続する方法をご紹介します。 なお、Windows Server 2008 R2 に同梱の WID に接続する方法については、次の記事をご参照ください。…

0

Windows Server 2012 の WSUS の主な変更点について

2014/7/31 更新 ~~~~~~~~~ TechNet の改版により内容を修正いたしました。 本ポストにて、WSUS サーバーでは、弊社 Microsoft Update サイトと通信する際にも HTTP プロトコルにはポート 8530、HTTPS プロトコルにはポート 8531 を使用することをご案内いたしました。公開情報の修正にもとづき、リンクに情報を改版いたしました。 正しくは、「WSUS サーバーが弊社 Microsoft Update サイトと通信する際には、HTTP プロトコルにはポート 80、HTTPS プロトコルにはポート 443 を使用」します。 ~~~~~~~~~ 皆さま こんにちは。 マイクロソフトの香取です。 本日は Windows Server 2012 の WSUS の主な変更点についてご紹介します。 現在、WSUS 3.0 SP2 をご利用いただいている WSUS 管理者様や今後、Windows Server 2012 にて WSUS の構築をご検討いただいていらっしゃる方々にご一読いただけますと幸いです。 - WSUS の概要 - WSUS 3.0 SP2…

5

WSUS を利用した Internet Explorer の配信について

こんにちは。WSUS サポートの本田です。 2014/6/10 現在、WSUS より Internet Explorer 9 ~ 11 を配信できるようになっておりますが、最近 WSUS で Internet Explorer 9 や 10 を配信しているものの、Windows 7 クライアントで検出されないというお問い合わせを多くいただきます。Internet Explorer をアップグレードする際は、前提条件となる更新プログラムが適用されていないと検出されません。前提条件となる更新プログラムは Internet Explorer のバージョン毎に下記 KB 情報で公開しておりますので、以下にまとめてご紹介いたします。 Prerequisites for installing Internet Explorer 9http://support.microsoft.com/kb/2399238/en (英語)http://support.microsoft.com/kb/2399238/ja (日本語機械翻訳) Prerequisites for installing Internet Explorer 10 in Windows 7 SP1http://support.microsoft.com/kb/2818833/en (英語)http://support.microsoft.com/kb/2818833/ja (日本語機械翻訳) Prerequisite updates for Internet Explorer 11http://support.microsoft.com/kb/2847882/en (英語)http://support.microsoft.com/kb/2847882/ja (日本語機械翻訳) Internet…

2

Windows 8.1 Update (KB2919355) を WSUS に公開しました。

こんにちは。WSUS サポートチームです。 2014 年 4 月 16 日に Windows 8.1 Update (KB2919355) を WSUS に公開いたしました。この更新プログラムは、既に Microsoft Update や MSDN で公開している KB2919355 の内容に加え、以下の KB でご案内している HTTPS 環境の WSUS 3.0 SP2 で発生する問題に対する修正も含まれております。 HTTPS を構成し、TLS 1.2 が有効でない場合は、WSUS 3.0 SP2 を Windows Update クライアントはスキャンしません。http://support.microsoft.com/kb/2959977 WSUS で同期が完了すると、以下のように「Windows 8.1 Update (KB2919355)」が表示されます。(64 bit 用は、「x64 ベース システム用 Windows 8.1 Update (KB2919355)」の表記となります。) 製品は「Windows 8.1」、更新プログラムの分類は「セキュリティ問題の修正プログラム」、重要度は「重大」となります。サイズは、32…

3