インストール済みの KB2604092 (MS12-035) が再度インストール要求された


こんにちは。マイクロソフトの三島です。

2013 年 1 月分のセキュリティ更新プログラムを適用した際に、インストール済みの KB2604092 (MS12-035) が再度インストール要求された、というお問い合わせが増加しています。
もし同様の現象が発生する場合には、現在、KB2604092 の新しいリビジョンをインストール承認しているかを確認してください。

なお KB2604092 の検出条件設定には一部問題があったため、昨年の 5 月 22 日に、問題を修正した新しいリビジョンを公開致しました。
修正前の古いリビジョンをインストール承認している場合には、このような現象が発生することを確認しています。

以下の手順で確認と対処を行って下さい。

 

1.WSUS 管理コンソールのから、KB2604092 を更新プログラムの一覧から見つけて右クリックし、[リビジョン履歴] を選択します。
リビジョン履歴を開きます。

 

2.以下のように改訂番号の大きい新しいリビジョンが未承認で、改訂番号の小さい古い方のリビジョンが、インストール承認の状態であるかを確認します。

3. 同様の状態である場合には、新しいリビジョンをインストール承認し、古いリビジョンを未承認としてください。
 ※拒否にはしないでください。

 

これで対処は終了です。
この作業後にも KB2604092 (MS12-035) が再ダウンロードされることはありませんのでご安心ください。

 

「リビジョン(改訂版)」について
http://blogs.technet.com/b/jpwsus/archive/2011/10/31/3462305.aspx

[MS12-035] Windows XP および Windows Server 2003 上の .NET Framework 2.0 Service Pack 2 のセキュリティ更新プログラム (2012 年 5 月 8 日) について
http://support.microsoft.com/kb/2604092/ja

Comments (2)

  1. jpwsus より:

    [リビジョン履歴] の画面から、改訂番号の大きい方 (新しいリビジョン) を右クリックして、[承認] を選択してください。

    その後、配信対象のコンピューターグループに対して、インストール承認を設定してください。

    なお、改訂番号の小さい方 (古いリビジョン)  は、右クリックして [承認] を選択し、その後、各コンピューターグループの承認のステータスを未承認に設定変更して下さい。

  2. kum160 より:

    >3. 同様の状態である場合には、新しいリビジョンをインストール承認し、古いリビジョンを未承認としてください。

    古いリビジョンを未承認とする方法をご教授頂けないでしょうか。

Skip to main content