WSUS サーバーに大量の改訂版が同期された


こんにちは。マイクロソフトの伊藤です。

先月から、運用中の WSUS サーバーに大量の改訂版が同期された、というお問い合わせが増えています。
その理由について、米国の WSUS ブログに関連記事が公開されました。

Support Tip: Many new revisions of updates may be downloaded by the WSUS server
http://blogs.technet.com/b/sus/archive/2012/10/31/support-tip-many-new-revisions-of-updates-may-be-downloaded-by-the-wsus-server.aspx

WSUS 3.0 SP2 サーバーへ KB2734608 を適用することで、WSUS クライアントとして Windows 8 / Windows Server 2012 を管理可能になります。
ただし、Windows 8 / Windows Server 2012 はファイルの署名検証が強化されているため、従来の更新プログラム インストーラーをそのまま適用することが出来ません。

その問題を解決するために、既に公開済みの更新プログラムについて、Windows 8 / Windows Server 2012 に対応するようファイルへの署名方法が変更され、改訂版としてリリースされました。
WSUS サーバーが同期対象とする製品、クラス、言語にもよりますが、1,000 - 3,000 程度の改訂版が一度に同期される場合もあります。

また、米国のブログに内容には含まれていませんが、Windows 7 / Windows Server 2008 R2 以前の環境についても、同じ理由で改訂版がリリースされたことを確認しています。
(KB2734608 よりも先にリリースされた KB2720211 は WSUS のセキュリティ機能を強化する修正であり、その強化に対応するため改訂版リリースが必要な更新プログラムもありました。)

WSUS 管理者のみなさまへ特に注意いただきたいポイントを、以下に整理しました。

・WSUS サーバーに KB2734608 または KB2720211 を適用することが前提条件です。
・インストーラーの動作には変更が無いため、既に更新を適用済みのクライアントに対して、改訂版を再適用する必要はありません。
・SCCM をご利用の場合には、対象の更新プログラムを含むパッケージを再作成する必要があります。
・WSUS と SCCM の連携機能そのものに影響はありません。
・署名方法が変更されたファイルをダウンロードする際に、一時的にネットワーク負荷が上昇する可能性があります。

 

2013/01/29 追記

現段階では、WSUS サーバーにKB2720211 または KB2734608 が適用されていない場合でも上述の改訂版(リビジョン) が Microsoft Update サイトから提供される動作となっています。そのため これらの更新プログラム未適用の WSUS サーバーでも多量の改訂版が着信する可能性があります。

Comments (0)

Skip to main content