KB2720211 適用後に WSUS サーバーが起動しなくなった – 続報


こんにちは。マイクロソフトの伊藤です。

先日の投稿にて、KB2720211 適用後に WSUS サーバーが起動しなくなるトラブルについてご紹介しましたが、その後の調査でいくつか確認できたことがあります。
現時点での最新情報をまとめましたので、まだ KB2720211 の適用が正常に完了していない WSUS 管理者のかたは、ぜひご一読ください。

■ お問い合わせの傾向について
6/18 に前回の投稿を公開してから本日 7/2 まで、KB2720211 の適用後に WSUS サーバーが起動しなくなるトラブルに関するお問い合わせは、日本国内で 1 件も対応実績がありません。
適用前にご相談いただくケースは何件かありましたが、念のためバックアップの取得後に KB2720211 適用を実施いただきましたところ、問題なく適用が完了しています。

なお、お問い合わせいただいたケースについては、WSUS サーバーの環境面についてヒアリングを実施しました。
前回の投稿を書いた時点では Windows Internal Database (WID) の署名に関連するファイル日付によって現象発生の有無が分かれると推測していましたが、下記パターンでの成功例が確認出来ましたので、何かほかの要因が KB2720211 の失敗を引き起こしていると考えられます。

パターン A
WID をご利用で C:\Windows\SYSMSI\SSEE\MSSQL.2005\MSSQL\SchemaSig フォルダ内のファイル日付が 2010 年の環境

パターン B
WID ではなく SQL Server をご利用の環境

なお、前回の投稿にて SQL Server 2005 SP4 の WID 用 (KB2463332) を適用することでファイル日付が 2010 年になる、というコメントをいただきました。
弊社の環境でも SP4 適用後にファイル日付が 2010 年になることを確認出来ましたが、KB2720211 適用は問題なく成功しました。

障害発生のお問い合わせがまったく増加していないことから、本トラブルの発生要因は環境の状態に依存する何かがトリガとなっていると考えられます。
ただし、現時点では正確な発生要因を特定できていない状況のため、申し訳ありませんが KB2720211 の適用前にトラブルが発生するかどうかを見極める方法はありません。

■ 現象への対処方法について
日本以外の地域では KB2720211 適用に関するトラブルが数件ですが報告されており、それらの対処方法をまとめた記事が先日、米国の WSUS サポート ブログに公開されました。

WSUS KB2720211 : Common issues encountered and how to fix them
http://blogs.technet.com/b/sus/archive/2012/06/20/wsus-kb272011-common-issues-encountered-and-how-to-fix-them.aspx

この記事では KB2720211 適用後に発生するトラブルとして issue 1 から 4 が紹介されています。
先日の投稿でご紹介をしました WID が起動しなくなるトラブルは、issue 4 に相当します。
issue 1 から 4 について、以下にその概要をそれぞれご紹介します。

また、作業の実施前には WSUS サーバーのバックアップ取得をお勧めしています。
バックアップの具体的な手順については、下記のブログ記事をご参照ください。
(バックアップに関する記事ではありませんが、ファイル ベースで WSUS サーバーの情報を受け渡す内容のため、バックアップ & リストア用途にも使えます。)

WSUS サーバーを新しいハードへ移設したい
http://blogs.technet.com/b/jpwsus/archive/2012/05/07/wsus-server-replace.aspx

B. 更新プログラム情報をファイル ベースで移行する
C. WSUS API Samples and Tools を使う

issue 1
==================
WSUS サーバーが Microsoft Update サイトと同期出来ない現象が発生する。
対処方法は WSUS サーバーの再インストールですが、アンインストール時にデータベース、ログ ファイル、コンテンツを残して削除するため、インストール承認状況やインストーラーは保持されます。
※ WSUS サーバーのオプション設定は初期化されますので、現在の設定をメモに残す必要があることにご注意ください。

issue 2
==================
アプリケーションのイベントログに、WSUS のサービスが正しく動作していない旨の警告が記録されるが、この警告は不正確であり実際には正しく動作している。
なぜ不正確な警告イベントが記録されるのか原因は調査中ですが、下記手順でサービスの監視を停止させ警告イベントの発生を抑止することは可能です。

1. コマンドプロンプトを開き、C:\program files\update services\tools へ移動します。

2. 下記のコマンドを上から順番に実行します。
wsusutil HealthMonitoring CheckSelfUpdate off
wsusutil HealthMonitoring CheckReportingWebService off
wsusutil HealthMonitoring CheckApiRemotingWebService off
wsusutil HealthMonitoring CheckServerSyncWebService off
wsusutil HealthMonitoring CheckClientWebService off
wsusutil HealthMonitoring CheckSimpleAuthWebService off
wsusutil HealthMonitoring CheckDssAuthWebService off

3. "Update Services" サービスを再起動します。

(参考情報)
Manage WSUS 3.0 SP2 from the Command Line
http://technet.microsoft.com/en-us/library/dd939838(v=ws.10).aspx

Healthmonitoring parameters
http://technet.microsoft.com/en-us/library/dd939838(v=ws.10).aspx#healthmonitoring

issue 3
==================
WSUS 管理コンソールを開くことができず、また WSUS の再インストールも失敗する。
下記手順にて WSUS を復旧可能かご確認ください。

1. WSUS をアンインストールします。

2. WID をアンインストールします。
(Windows Server 2008 をご利用の場合には、サーバー マネージャーより Windows Internal Database の機能を削除してください。)

3. C:\Windows フォルダ直下の SYSMSI フォルダを SYSMSI_old など別の名前にリネームします。

4. WSUS を再インストールします。

issue 4
==================
WID サービスが正常に起動しなくなる場合があります。
下記手順で復旧することができます。(6/18 の記事と手順は同じです。)

1. サービス "Windows Internal Database (MICROSOFT##SSEE)" を停止します。

2. WSUS のデータベース SUSDB を構成するファイルを、別のパスへコピーしてバックアップします。
C:\WSUS\UpdateServicesDbFiles\SUSDB.mdf
C:\WSUS\UpdateServicesDbFiles\SUSDB_log.ldf

3. サービス "Windows Internal Database (MICROSOFT##SSEE)" を開始します。

4. WSUS 管理画面を開き、[オプション] 内の設定項目を一通りメモします。

5. WSUS をアンインストールします。
この時 [Windows Server Update Services 3.0 SP2 データベース] は削除し、[ダウンロードされた更新ファイル] は削除しません。

6. WSUS を再インストールします。
データベースは WID を選択し、既存のデータベースを使用せず新規にデータベースを構築します。

7. WSUS 再インストール後、ステップ 4 でメモした設定と同じオプションに設定変更します。

8. KB2720211 をインストールします。

9. サービス "Windows Internal Database (MICROSOFT##SSEE)" を停止します。

10. ステップ 2 でバックアップしたファイルで、再インストールした WSUS のデータベース ファイルを上書きします。

11. サービス "Windows Internal Database (MICROSOFT##SSEE)" を開始します。

12. 再度 KB2720211 をインストールします。

13. 以上で再構築は完了です。WSUS サーバーの動作に問題が無いことを、ご確認ください。

本日時点での最新情報は、以上です。
また新しい情報が揃いましたら、本ブログにてご案内を予定しています。

2012/9/5 追記

KB2720211 の適用に関する問題を修正した、新しい更新プログラムがリリースされました。
KB2720211 を未適用の WSUS 管理者さまは、こちらの適用をご検討ください。

WSUS 3.0 SP2 の Windows 8 / Windows Server 2012 対応について (KB2734608)
http://blogs.technet.com/b/jpwsus/archive/2012/09/05/kb2734608.aspx

Comments (0)

Skip to main content