WSUS で Windows 7 を管理する


こんにちは。マイクロソフトの伊藤です。

今回は、WSUS サーバーを利用して Windows 7 クライアントを管理したい場合に、どの製品カテゴリを同期すべきかをご紹介します。
Windows 7 に関連する製品カテゴリは、Windows7 、Windows 7 Dynamic Installer 、Windows 7 言語パック の計 3 つあります。
(環境によっては Windows 7 Dynamic Installer が無い場合もあるようです。手元の検証環境で見ると、最近構築した WSUS にはありませんでした。)

実は 3 つの製品カテゴリのうち、同期の必要なカテゴリは現時点で “Windows 7” のみです。
その他の 2 つの製品カテゴリには、Windows 7 用の更新プログラムが登録されていません。
製品カテゴリに登録されている更新プログラムを確認するには、Microsoft Update カタログにて製品カテゴリ名 (Windows 7 言語パックや、Windows 7 Dynamic Installer など) で検索することができます。

Microsoft Update カタログの操作については、下記のブログ記事をご参照ください。

Microsoft Update カタログの活用法について
http://blogs.technet.com/b/jpwsus/archive/2012/03/19/using-mu-catalog.aspx

補足 1 : 言語パックについて
======================
Windows 7 Ultimate または Windows 7 Enterprise は言語パックを導入することで、メニューやダイアログ ボックスの表示言語を変更することができます。
例えば英語版の Windows 7 を日本語表示にしたり、その逆に日本語版の Windows 7 を英語表示にしたり、という変更が可能です。

ただし、この言語パックは WSUS から配布することは出来ず、個別に Windows Update サイトより入手する必要があります。

Windows 7 Ultimate または Windows 7 Enterprise を搭載しているコンピューターに提供される Windows 7 の言語パック
http://support.microsoft.com/kb/972813/ja

*** 引用ここから
ただし、これらの言語パックは、Microsoft Windows Server Update Services (WSUS) サーバー上、または Microsoft ダウンロード センターを通じては提供されません。
*** 引用ここまで

WSUS サーバーの “Windows 7 言語パック” 製品カテゴリは、言語パックに対する更新を登録するためのカテゴリですが、現時点で更新は登録されていない状況です。

補足 2 : Dynamic Installer について
======================
Windows Vista / 2008 を Windows 7 / 2008 R2 へバージョンアップする際には、そのバージョンアップ処理中に “Dynamic Update” が実行されます。
これはドライバ等の最新ファイルを、OS のバージョンアップ処理中にインポートし適用する仕組みです。

“Dynamic Update” の仕組みに対応する更新を WSUS サーバーから配布するために、製品カテゴリ “Windows 7 Dynamic Installer” は用意されています。
しかし、現時点で本製品カテゴリには更新が登録されていない状況です。
将来的に更新が登録されるか否かについてまだ情報はありませんが、少なくとも現時点で本製品カテゴリを同期する必要はありません。

(参考情報)
Dynamic Update and Resulting Internet Communication in Windows 7 and Windows Server 2008 R2
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee126093.aspx

 

Comments (1)

  1. Tommy より:

    good

Skip to main content