更新プログラムのクリーンアップについて


こんにちは。マイクロソフトの安藤です。


今回は、同期によって更新元からダウンロードされた更新プログラムのクリーンアップ (削除) についてご紹介します。


 


 


同期を行うと、WSUS サーバーは更新元から更新プログラムのメタデータを取得し、WSUS データベースに格納します。WSUS サーバーが初めて同期するときは、同期オプションの構成時に指定した更新プログラムのメタデータがすべて取得されます。最初の同期の後は、更新元への前回の接続時以降に利用可能となった新しい更新プログラムのみがWSUS サーバーによって取得されます。


 


 


更新プログラムをクライアントへ配信するためには、メタデータの同期と、更新ファイルの準備の両方が整うことが必要です。これらの情報は次のとおり別々の場所に保存されます。


 1. メタデータは WSUS データベースに保存されます。


 2. 更新ファイルは、同期オプションの構成に応じて、WSUS サーバーまたは Microsoft Update サーバーに保存されます。


 


 


 


1. メタデータのクリーンアップ


=============================


WSUS データベースに一旦保存されたメタデータを削除することはできません。


 


したがって、クリーンアップを実施したい場合には、その背景となったシナリオによって対策が異なります。


 


 a. WSUS データベースを配置しているドライブの空き容量不足が判明した場合


 b. [製品とクラス] から不要な製品やクラスを整理した場合


 


a. の場合、空き容量が十分なドライブを用意して、WSUS データベースを移動します。保存されているメタデータは WSUS を運用する上ですべて必要なデータであるため、そもそも削除することは適切な対策ではありません。そのため、既存のデータを残しつつ、空き容量が十分ある別ドライブにデータベースを移動します。


 


b. の場合、適切な対策はありませんが、敢えて不要なデータが残っていないデータベースにクリーンアップする場合は、WSUS を再構築します。データベースを一旦削除し、再インストールした後、必要な [製品とクラス] だけが選択された状態で同期を実行します。結果として、必要なデータだけが保存されたデータベースの状態になります。


 


 


2. 更新ファイルのクリーンアップ


===============================


WSUS サーバーに保存された更新ファイルをクリーンアップする場合、WSUS 管理画面のオプションから、[サーバー クリーンアップ ウィザード] を実行します。


 


クリーンアップ ウィザードの対象項目


WSUS の管理画面で、[オプション] – [サーバー クリーンアップ ウィザード] をクリックすると、クリーンアップ対象の選択が可能です。


 


・ 不要な更新および更新のリビジョン


  期限切れの更新プログラム、および 30 日間以上承認されていない更新プログラムを削除します。


  また、30 日間以上承認されていない古い更新プログラムの改訂版を削除します。


 


・ 不要な更新ファイル


  更新プログラム、またはダウンストリーム サーバーによって必要とされていない更新ファイルを削除します。


 


・ 期限切れの更新


  承認されることなく Microsoft により期限切れと指定された更新を拒否します。


 


・ 置き換えられた更新


  30 日間以上承認されていない更新プログラム、現在クライアントによって必要とされていない更新プログラム、および承認された更新プログラムによって置き換えられる更新プログラムを拒否します。


 


クリーンアップ ウィザードでは、更新ファイルの他にコンピュータのクリーンアップも実施可能です。


・ サーバーにアクセスしていないコンピュータ


  30 日以上サーバーにアクセスしていないコンピュータを削除します。


 


 


メタデータと更新ファイルとでは、それぞれクリーンアップの対策が異なります。特に一旦ダウンロードされたメタデータは後から削除することができないため、事前に空き容量が十分なドライブを準備しておくこと、もしくは [製品とクラス] を適切に検討することが、WSUS を運用する上でのポイントのひとつとご理解いただければと思います。


Comments (5)

  1. jpwsus より:

    残念ながら、対象製品やクラス、言語を追加する場合にどの程度 Disk 容量が増加するか、目安となる情報は公開されていません。

    WSUS サポート担当でも稀に調査することがありますが、その際には環境を用意して、その都度実測しています。

    (更新プログラムには置き換え関係や配布停止などの要因があるため、同じ調査であっても実施時期によっては更新プログラムの本数、容量に差が出るためです。)

  2. 匿名 より:

    教えてください。

    やはりWSUSのサイズが大きく200GB以上になっています。

    最初technet.microsoft.com/…/bb432641%E3%82%92%E5%8F%82%E7%85%A7%E3%81%97

    コマンドラインかrあおこなったのですが、結果が"致命的なエラー:タイムアウトになりました。・・・”で止まってしまいます。

    次にこのページに書かれている通り、「オプション」→「サーバークリーンアップウィザード」を探しているのですが、オプションの中には見当たりません。「オプション」の中には、同期のオプション、自動承認のオプション、コンピュータのオプションしかありません。

    バージョンによって違うのでしょうか。

    宜しくお願いします。

  3. WSUS3.0SP2 より:

    お世話になります。

    WSUS3.0SP2にて、対象製品にWindows7を追加したいのですが、Diskの空きが不安です。

    対象製品にWindows7を追加した場合、どの位Disk容量を消費するか分からず、

    対象製品別のデータ容量の情報とか無いのでしょうか。

    お教えいただけると幸いです。

  4. sasa より:

    ディスクの空き容量の領域が6%とかなり切迫した状態です。更新プログラムの削除あるいは。クリーンアップを実行するにはどうしたらよいでしょうか?

    他に、マイコンコンピューターを右クリックしてもプロパティが表示されません。

    コントロールパネルからシステムをクリックしても開きません。

    どのような原因が考えられるのか、元にもどすにはどうしたらよいか教えてください。(システムの復元ではもどりませんでした)

  5. Hisamatsu より:

    インターネットに接続したWSUSサーバ(Aサーバ)から、更新情報をエクスポートして、インターネットに接続していないWSUSサーバ(Bサーバ)にデータを持っていきたいのですが、エクスポート時に「4GB以上は利用不可」とメッセージが出てエクスポートできない状態になっています。
    これは、Aサーバ上でデータクリーンアップを行うしか対処のしようはないのでしょうか。
    以前、CABファイルの2GB制限に対応したパッチを適用したのですが、今度はGZIPで4GBの制限にあたってしまうとは・・・

Skip to main content