MS10-090 (KB2416400) の検出と配布に関する不具合について

こんにちは。マイクロソフトの伊藤です。 12 月 15 日に公開されたセキュリティ更新プログラム MS10-090 について、配布に関するいくつかの不具合が見つかっております。WSUS より配布する際にも問題が発生する場合があり、利用者の皆様にはご迷惑をお掛けしております。誠に申し訳ありません。 マイクロソフト セキュリティ情報 MS10-090 – 緊急Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (2416400)http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS10-090.mspx 2011/1/5 更新問題 2 に関する修正が公開されました。詳しくは下記のブログ記事をご参照ください。 MS10-090 (KB2416400) の検出と配布に関する不具合の修正についてhttp://blogs.technet.com/b/jpwsus/archive/2011/01/05/ms10-090-reoffer-fixed.aspx 根本的な対処方法については弊社開発担当にて検討中ですが、現時点で判明している問題・要因・対処方法についてご紹介します。なお、本ブログ記事は下記の英語ブログ記事を元に作成しております。 Update on a couple issues we are seeing related to detection and installation of MS10-090 (KB2416400)http://blogs.technet.com/b/sus/archive/2010/12/16/update-on-a-couple-issues-we-are-seeing-related-to-detection-and-installation-of-ms10-090-kb2416400.aspx 問題 1:WSUS クライアントが繰り返し MS10-090 を検出する <現象>WSUS より MS10-090 をインストール承認します。クライアントへダウンロード センターより個別に取得した MS10-090 (KB2416400) を適用し、OS を再起動します。MS10-090 (KB2416400)…

4

XP SP2 + IE6 には WSUS から IE8 を配信できない

マイクロソフト セキュリティ サポートの斉藤です。 Windows XP SP2 + IE6 の環境に WSUS から IE8 を配信しても、クライアントでは IE6 が動き続ける場合があります。また、この際の WSUS のレポートでは、IE8 は 「インストール済み」 と表記される点に注意が必要です。 この動作は、Windows XP SP2 + IE6 の環境で IE8 をインストールする前提条件が満たされていない場合に発生します。具体的な動作は以下のとおりです。 1. IE6 の環境で IE8 が検出される2. IE8 のインストールが開始される3. IE8 の前提条件が満たされていない場合 IE8 はインストールされず、 IE8  のインストーラは Windows Update Agent に終了コード 0 を返して処理を終了する4. Windows Update Agent は終了コード 0 から判断した 「IE8 のインストール成功」…

0

ドメインコントローラ上での WSUS サーバーの稼動ついて

マイクロソフト セキュリティ サポートの斉藤です。今回は、よくお問い合わせいただく内容としまして、ドメインコントローラ上にて WSUS サーバーを稼動させてることができるかという内容について説明させていただきます。   ドメインコントローラ上で WSUS を稼動させること自体はサポートされる構成ではありますが、意図しないトラブルにより不要な作業を発生させないためにも、ドメインコントローラ以外の機能も含め、可能な限り WSUS を単独で稼動させることをお勧めいたします。 WSUS は、実装の多くが IIS 上で動作する .NET Framework アプリケーションとして構成されています。つまり、 IIS が問題なく快適に動作することは WSUS の安定稼動を支える条件の一つと言えます。   これは一例ですが、IIS とドメインコントローラを同じコンピュータにインストールした場合、以下のような問題が発生することが確認されています。   DCPROMO 実行時に一部の IIS フォルダのアクセス許可が保持されない <http://support.microsoft.com/kb/332097/ja>   Windows Server 2003 ベースのドメイン コントローラ上の IIS 6.0 Web ページを参照するとエラー メッセージ “サービスは利用できません” が表示される<http://support.microsoft.com/kb/842493/ja>   また、WSUS の問題としてお問い合わせいただいた際には、下記の回避策をお試しいただくことが多いのですが、必ずしも問題を回避できるとは限らず、ドメインコントローラとは別のコンピュータに移動したり、OS から再インストールしなおして対応された場合もあります。   ドメイン コントローラに WSUS 3.0 をインストールした後、Update Services…

0

自動更新時に svchost.exe の CPU 使用率が 100 % の状態となる

こんにちは。マイクロソフトの太田です。   今回は、WSUS のサポート業務にて、よくお問い合わせいただく内容の一つをご紹介させていただきます。 内容としては、「自動更新利用時に、svchost.exe の CPU 使用率が 100 % の状態となる」というものです。   自動更新の処理は負荷がかかるものであり、特にリソースに余裕がない PC では気になるところかと思います。 もし自動更新の処理時に PC が反応しなくなったなど、何かしら不具合と感じられることがあった場合には、まずはクライアント PC の以下の情報を確認してみてください。     1. WUA のバージョンが 3.0 以上   2. MSI のバージョンが 3.1 以上    1. WUA のバージョンが 3.0 以上   wuapi.dll ファイルのプロパティより、[詳細] タブにてバージョンが確認できます。 wuapi.dll ファイルは、規定では C:\WINDOWS\System32 フォルダの配下に存在します。   「ファイル バージョン」の項目が 7.x.xxxx.xxx であれば WUA 3.0 以上となります。 (5.x.xxxx.xxx や…

1

WSUS 3.0 SP2 について

こんにちは。マイクロソフトの森です。 今回は、WSUS 3.0 SP2 についていくつかお役に立つと思われる情報をおまとめしましたのでご紹介します。 これから WSUS 3.0 SP2 の導入を検討されておりましたら是非一度ご覧いただければと思います。     1. WSUS 3.0 SP2 ファイルのダウンロード先 =========================================   「Windows Server Update Services 3.0 SP2」ダウンロード   http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=a206ae20-2695-436c-9578-3403a7d46e40&displaylang=en   該当ページは英語のみで記載されておりますが、実際のモジュールは多言語対応となっております。 そのまま日本語 OS 環境上で実行すると 日本語版 WSUS 3.0 SP2 がインストールされます。     その他関連ドキュメントは以下からご入手いただけます。インストール前に是非一度ご一読下さい。   「Microsoft Windows Server Update Services 3.0 SP2 のファースト ステップ ガイド」(日本語版)   http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=DF628245-8449-4B93-948C-0926DEB1197A&displaylang=ja   「Microsoft Windows Server…

0

更新プログラムのクリーンアップについて

こんにちは。マイクロソフトの安藤です。 今回は、同期によって更新元からダウンロードされた更新プログラムのクリーンアップ (削除) についてご紹介します。     同期を行うと、WSUS サーバーは更新元から更新プログラムのメタデータを取得し、WSUS データベースに格納します。WSUS サーバーが初めて同期するときは、同期オプションの構成時に指定した更新プログラムのメタデータがすべて取得されます。最初の同期の後は、更新元への前回の接続時以降に利用可能となった新しい更新プログラムのみがWSUS サーバーによって取得されます。     更新プログラムをクライアントへ配信するためには、メタデータの同期と、更新ファイルの準備の両方が整うことが必要です。これらの情報は次のとおり別々の場所に保存されます。  1. メタデータは WSUS データベースに保存されます。  2. 更新ファイルは、同期オプションの構成に応じて、WSUS サーバーまたは Microsoft Update サーバーに保存されます。       1. メタデータのクリーンアップ ============================= WSUS データベースに一旦保存されたメタデータを削除することはできません。   したがって、クリーンアップを実施したい場合には、その背景となったシナリオによって対策が異なります。    a. WSUS データベースを配置しているドライブの空き容量不足が判明した場合  b. [製品とクラス] から不要な製品やクラスを整理した場合   a. の場合、空き容量が十分なドライブを用意して、WSUS データベースを移動します。保存されているメタデータは WSUS を運用する上ですべて必要なデータであるため、そもそも削除することは適切な対策ではありません。そのため、既存のデータを残しつつ、空き容量が十分ある別ドライブにデータベースを移動します。   b. の場合、適切な対策はありませんが、敢えて不要なデータが残っていないデータベースにクリーンアップする場合は、WSUS を再構築します。データベースを一旦削除し、再インストールした後、必要な [製品とクラス] だけが選択された状態で同期を実行します。結果として、必要なデータだけが保存されたデータベースの状態になります。     2….

5

2010 年 2 月のセキュリティ更新プログラムおよび RMS 更新モジュール提供のお知らせ

お世話になっております。マイクロソフトの古水です。   2010 年 2 月に公開されました Security 更新プログラムのご紹介を致します。 セキュリティ情報 計13件 (緊急 5件, 重要 7件, 警告 1件)を公開しました。 本更新プログラムの詳細につきましては弊社セキュリティ レスポンス チームのブログにて詳細を公開しておりますため、下記をご確認ください。   ——————————————————————– 2010年2月10日のセキュリティ情報 (月例) http://blogs.technet.com/jpsecurity/archive/2010/02/10/3311690.aspx   2010 年 2 月のセキュリティ情報 http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms10-feb.mspx ——————————————————————–   なお、上記のセキュリティ更新プログラムに加えまして、2009 年 12 月に発生いたしました弊社 Rights Management Services (RMS) に関する問題を根本的に修正する更新モジュールの提供が弊社ダウンロード センターおよび Windows Update にて公開を開始しました。こちらも RMS をお使いのユーザーの皆様には重要な更新でございますので、下記 URL から詳細をご確認いただき、適用をご検討ください。   ——————————————————————– RMS 更新モジュール提供開始に関するお知らせ KB979099 http://blogs.technet.com/fcsinfojp/archive/2010/02/10/rms-kb979099.aspx…

0

PDF ファイルにエクスポートしたレポートが文字化けする

マイクロソフト セキュリティ サポートの斉藤です。 WSUS のレポートを PDF ファイルにエクスポートし、別のコンピュータで表示したとき、文字化けが発生する場合があります。これは、PDF ファイルを作成する WSUS サーバーのフォントのバージョンと、PDF ファイルを開くコンピュータのフォントのバージョンが異なることが原因となっています。たとえば、JIS90 搭載の Windows Server 2003 を WSUS として PDF ファイルを作成し、JIS2004 搭載の Windows Vista でその PDF ファイルを開くとこの現象が確認できます。 この現象を回避するためには、PDF を作成するコンピュータと、開くコンピュータ双方でフォントのバージョンを合わせる必要があります。OS のバージョンとフォントの組み合わせは、既定で以下のようになっており、同じバージョン同士の OS であれば問題は発生いたしません。 – JIS90Windows 2000 ServerWindows XPWindows Server 2003 – JIS2004Windows VistaWindows 7Windows Server 2008 また、現時点での唯一の対策として、JIS90 搭載の Windows XP および Windows Server 2003 では、下記のサポート技術情報 (927489) から…

0