別の筐体の SQL Server を使用している環境を WSUS 3.0 SP1 にアップグレードする

マイクロソフト セキュリティ サポートの斉藤です。    WSUS で使用するデータベースを別の筐体にインストールされている SQL Server としている場合、はじめに SQL Server の筐体にインストールされている WSUS 2.0 をアンインストールする必要があります。 アンインストールはコントロールパネルのプログラムの追加と削除から行います。 その際、データベースとログデータの削除を選択できるオプションがありますが、データベースとログデータは必ず残してください。       ダウンロードされた更新ファイルを削除しても、アップグレード後に再度ダウンロードされます。 なお、WSUS 3.0 では SQL Server がインストールされているコンピュータに WSUS をインストールする必要はありません。   – 参考資料 WSUS 3.0 SP1 へのアップグレード<http://blogs.technet.com/jpwsus/archive/2009/04/22/wsus-3-0-sp1.aspx>

0

WSUS 3.0 SP1 へのアップグレード

おはようございます。 マイクロソフト セキュリティ サポートの斉藤です。   WSUS 2.0 SP1 は  2009 年 4 月 30 日をもちましてサポートを終了いたします。 これにより、WSUS 2.0 SP1 に関連したお問い合わせにつきましてはサポートをご提供できなくなります。 お客様へは、WSUS 3.0 SP1 への一早い移行をお願い申し上げます。   WSUS 3.0 SP1 アップグレード方法については、公式リリース ノートなどにも記載がありますが、本ブログではその他の注意事項も合わせてシリーズでご紹介します。   事前準備 ~~~~~~~~ WSUS のアップグレード検討に際しまして、以下に記載いたしました点にご留意くださいますようお願いいたします。   1) WSUS 3.0 SP1 の概要   WSUS 3.0 SP1 については、下記 URL のリリースノートが大変有効です。   Microsoft Windows Server Update Services 3.0 SP1…

0

WSUS 2.0 SP1 サポート終了のお知らせ

マイクロソフト セキュリティ サポートの斉藤です。   以前に本ブログにてご案内を致しましたとおり、Microsoft Windows Server Update Services (WSUS 2.0 SP1) は 2009 年 4 月 30 日をもってサポートを終了します。 これにより、WSUS 3.0 SP1 以外のバージョンの WSUS はすべてサポートを終了することになります。 なお、4 月 30 日以降も旧バージョンへの更新プログラム配信は一定期間続けられる予定で、クライアント PC への更新プログラム配布も可能です。しかしながら、WSUS 2.0 SP1 の製品としてのサポートは終了となりますため、可能な限り速やかに WSUS 3.0 SP1 へのアップグレードの検討をいただけますよう、お願いいたします。   WSUS 2.0 (初期出荷版) : 2007 年 6 月 1 日をもってサポートを終了いたしました。 WSUS 2.0 SP1: 2009 年 4…

0