Windows Vista での再起動通知のポリシー


マイクロソフトの古水です。


 


今回のブログでは、更新プログラムインストール後に再起動を促す通知の設定についてご紹介いたします。


この間隔は既定で 10 分ですが、グループ ポリシー又は直接のレジストリ設定にて変更可能です。( 詳細は、後述の「再起動を促すダイアログを表示する間隔」 をご確認ください )


 


ただし、タイトルにある Windows Vista では本設定値を変更しても、動作には反映されない仕様となっております。


 


このように、クライアント コンピュータの OS によって動作が異なるため、注意が必要であるため、ご案内させていただきます。


 


-----------------------------------------------------------


A. クライアントコンピュータの OS による動作の違い


B. 再起動を促すダイアログを表示する間隔


-----------------------------------------------------------


 


 


 


 


A. クライアント コンピュータの OS による動作の違い






 


<Windows 2000 SP3以降、Windows XP SP1以降、Windows Server 2003 以降 ( OS SP を含みます)>


 


グループ ポリシー又は直接のレジストリ設定が有効になっている場合は、設定値が反映されます


既定又は無効の場合は、10 分間隔となります。Vista のように、選択バーはありません。


 


 



XP
の画面例



 


 


 


 


<Windows Vista 全て>


 


グループ ポリシー又は直接のレジストリ設定は反映せず、クライアントコンピュータにて選択した時間 (10 分、1 時間、4 時間) が有効となります。


 


 


 


Vista の画面例



 


 


  参考情報


------------------------------------------------------


The Windows Update agent may not follow the "Re-prompt for restart with scheduled installations" Group Policy setting in Windows Vista


http://support.microsoft.com/kb/949590/en-us


------------------------------------------------------


 


 


 


<Windows 7>


 


リリース後、本ブログにも続情報として投稿することを検討したいと思います。


 


 


 


 


 


B. 再起動を促すダイアログを表示する間隔






グループ ポリシー等にて以下のような設定をしている場合、指定時間に、再起動が必要な更新プログラムをインストールした場合、再起動を促すメッセージが表示されます。


 


------------------------------------------------------


[自動更新を構成する]-[4-自動ダウンロードしインストール日時を指定する] が有効


[ログインしているユーザーがいる場合はスケジュールされた自動更新のインストールに対してシステムを自動的に再起動しない] が有効


------------------------------------------------------


 


この時、ユーザーに対して [今すぐ再起動] [後で再起動] を選択するダイアログを表示しますが、[後で再起動] をクリック後、再度表示する時間を設定できます。


 


本設定は、グループポリシーエディタ内の [コンピュータの構成]-[管理用テンプレート]-[Windows コンポーネント]-[Windows Update] 内の [スケジュールされたインストール時の再起動を再確認する] にて設定可能です。下記に、グループポリシーエディタ内の設定画面およびレジストリ キーと値の範囲をご紹介いたします。


 


 


 


グループ ポリシーエディタ内の設定画面



 


 


 


レジストリ エントリは、次のサブキーに格納されます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU
下記に、キーと値の範囲を示します。


 


レジストリ キーと値の範囲






















エントリ名


値の範囲と意味


データ型


RebootRelaunchTimeout


範囲 = nn = (1 1440)


スケジュールされた再起動の再確認間隔。


Reg_DWORD


RebootRelaunchTimeoutEnabled


範囲 = 0 または 1


1 = RebootRelaunchTimeout を有効にします。


0 = カスタムの RebootRelaunchTimeout を無効にして、既定値の 10 分を使用します。


Reg_DWORD


 


 


参考情報


------------------------------------------------------


Active Directory 以外の環境で自動更新を構成する


http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc708449(WS.10).aspx


------------------------------------------------------


 


以上です。


Comments (2)

  1. hira より:

    Windows7でもVistaと同様、RebootRelaunchTimeoutの値は設定しても有効にならないのでしょうか?

  2. kintarosu より:

    NoAutoRebootWithLoggedOnUsersの値を追加すると、再起動をしないように制御できるのでしょうか?

Skip to main content