WSUS 3.0 SP 2 の配信について


マイクロソフト セキュリティサポートの太田です。


 


WSUS 3.0 SP2 がリリース、配信されるにあたり、事前に想定される留意点をご案内させていただきます。


WSUS の運用にあたり、参考としていただければ幸いです。


 


 


A.   WSUS サーバー自身の「自動更新」設定について


B.   End User License Agreement (EULA) について


C.    インストール時の動作について


 


 


 


A.   WSUS サーバー自身の「自動更新」設定について


 


WSUS サーバーとしているコンピュータにて「自動更新」を設定されている場合(つまり Microsoft Update , Windows Update , WSUS のクライアントとして動作している場合)は、その「自動更新」の設定に伴い、更新プログラムの検出およびインストールが行われます。これは本 SP 2 も同様の動作となります。


 


つまり、WSUS サーバーとしているコンピュータにて、自動インストールを設定されている環境では、今回のリリースに伴い、WSUS 3.0 SP2 が自動適用される可能性がありますのでご注意ください。


 



    上記で “可能性” と表現している件につきましては次項 「B. End User License Agreement (EULA) について」の項目をご参照ください。


 


 


例えば、自動インストールされるシナリオとしては以下のようなものが考えられます。


 


Microsoft Update (Windows Update) のクライアントとして動作しており、自動インストール設定としている。本 SP2 が公開後に検出され、自動インストールが実施される。


WSUS のクライアントとして動作しており、自動インストール設定としてる。また、WSUS サーバー側では自動承認設定をしている。SP2 公開後にコンテンツの同期が行われ、SP 2 が配信対象となった後、WSUS クライアントが接続し検出・インストールが実施される。


 


 


 


B.   End User License Agreement (EULA) について


 


Service Pack の種類によっては、適用する際に End User License Agreement (EULA) への同意が必要となる場合があります。


 


もし、本 SP 2 をインストールする際に EULA への同意が必要な場合、更新プログラムの自動インストールの設定をしていても、インストールは自動で開始されません。


一方、EULA への同意が必要でない場合には、(かつ、自動インストールの設定を行っている場合は) 自動インストールが行われることが想定されます。


 


 


 


C.    インストール時の動作について


 


WSUS 3.0 SP2 のインストール処理は以下のステップで行われます。


 


1.    データベースのバックアップ


2.    以前のバージョンをアンインストール


3.    WSUS 3.0 SP2 をインストール


 


上記動作により、インストール時には WSUS のサービスおよび、IIS のサービスの再起動が発生します。


このため、既存 Web サイトが存在する場合は、この IIS のサービスの再起動が影響する可能性がありますのでご注意ください。


 


以上となります。


 


 


 


コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。


Comments (1)

  1. Anonymous より:

    こんにちは。WSUS サポートチームです。

    今回は「WSUS 自動承認規則が反映されない事象」についてご紹介します。
    「自動承認を有効としているにも関わらず、自動でインストール承認が行われない更新プログラムが存在する

Skip to main content