親子構成における全言語ダウンロードの問題


マイクロソフト セキュリティ サポートの斉藤です。


 


WSUS 3.0 SP1 で親子構成を組んでいる場合、子サーバー側の言語設定部分で紛らわしい表記があり、本来想定していない言語の更新プログラムコンテンツ含めダウンロードしてしまう動作があります。


 


例えば、ダウンストリーム サーバーとして構成している WSUS 2.0 SP1 WSUS 3.0 SP1 にアップグレードした場合、最初に起動される設定ウィザードで言語の選択の画面が下記 (-1) の表記になります。


この画面自体、何気なくチェックを付けてしまいそうな紛らわしい画面ですが、表記されている 「新しい言語を含むすべての言語」は、WSUS 2.0 での 「アップストリーム サーバーによってサポートされているすべての言語」 との表記とは大きく意味が異なります


WSUS 3.0 SP1 での表記 「新しい言語を含むすべての言語」 は、WSUS 3.0 SP1 の製品としてサポートする全言語を意味しており、アップストリームサーバーの設定とは関係なく、すべての言語の更新がアップストリーム サーバーとダウンストリーム サーバーの両方にダウンロードされる結果となります。


これにより、本来は日本語と英語のみをダウンロードさせるつもりでも、それぞれのサーバーで全言語コンテンツをダウンロードし、想定以上のディスク領域を消費してしまいます。


この表記は、WSUS 3.0 管理コンソールから [オプション] --> [更新ファイルと更新言語] --> [言語の更新]で言語の選択を行う場合も同じ表記ですので、誤って選択しないよう十分にご注意ください。


安全を期すならば、親子構成で新規構築、もしくは WSUS 2.0 からのアップグレードいずれの場合においても、サーバー間の同期を行う前に、まずは親子サーバー両方の管理コンソールから [オプション] --> [更新ファイルと更新言語] --> [言語の更新] を選び、必要な言語のみ選択することをお勧めします。例えば、お使いの WSUS 3.0 環境内で英語と日本語のみが必要な場合には、親子それぞれのサーバーで [次の更新版の更新のみダウンロードする] から明示的に英語と日本語のみにチェックを入れる設定方法が安全です。


 


-1


 


 


 


上記ウィザードでは、何も選択せずに一旦 「次へ」 進み、すぐに 「戻る」 ボタンを押すと下記 (-2) のように WSUS 2.0 での設定を引き継いでいる状況を確認できる画面になります。


言語の選択では不要な言語をダウンロードする設定になっていないか十分にご注意ください。


 


-2



 


 


なお、この紛らわしい表記、言語設定部分については、お使いの方の意図に反した全言語ダウンロード動作をより防げるよう現在開発中の WSUS 3.0 Service Pack 2 での修正が検討されています。

Comments (2)

  1. jpwsus より:

    hir さん

    お世話になります。マイクロソフトの田村と申します。

    ご質問をいただいた件ですが、「WSUS 環境内でお使いのクライアントによる」 が答えとなります。

    が、参照いただいたリンク先のディスカッションにもありますように、日本語 OS であってもサードパーティー製ソフトなどにより英語版のモジュールがインストールされる場合もあります (MSXML が多いです)。

    選択されている更新プログラムの製品、クラスにもよりますが、日本語プラス英語であれば、更新プログラム コンテンツ総量にもそこまで大きな差はありませんので、より安全を期すなら追加で英語も選択されてみてはいかがでしょうか。

    マイクロソフト 田村

  2. hir より:

    wsus3を日本語OSで使っている場合は、言語として日本語だけでいいんでしょうか。

    それとも、英語も選択する必要ありますか?

    http://social.technet.microsoft.com/Forums/ja-JP/wsusja/thread/43d00bc4-af77-400a-8fdd-3231f5253702

    をみると、どっちがいいのか判断つかなくて...

Skip to main content