WSUS 2.0 をインストール後にコンピュータ名を変更した場合のアップグレード


マイクロソフト セキュリティ サポートの斉藤です。


WSUS 2.0 をインストール後にコンピュータ名を変更している場合、WSUS 3.0 SP1 へのアップグレードが失敗します。
この点につきましては、下記のサポート技術情報で公開されていますが、記載されている osql コマンドに不足があります。


Windows Software Update Services (WSUS) Service Pack 1 にアップグレードする際の既知の問題
<http://support.microsoft.com/kb/921477/ja>



– 不足しているコマンド
先に下記の二つのコマンドを実行してください。
———————
osql.exe -S %computername%\WSUS -E -Q “USE SUSDB EXEC sp_revokelogin ‘<旧コンピュータ名>\ASPNET'”
osql.exe -S %computername%\WSUS -E -Q “USE SUSDB EXEC sp_revokelogin ‘<旧コンピュータ名>\WSUS Administrators'”
———————


– KB921477 に記載のコマンド
次に KB921477 に記載のコマンドを実行してください。
osql.exe -S %computername%\WSUS -E -Q “USE SUSDB DECLARE @asplogin varchar(200) SELECT @asplogin=name from sysusers WHERE name like ‘%ASPNET’ EXEC sp_revokedbaccess @asplogin”
osql.exe -S %computername%\WSUS -E -Q “USE SUSDB DECLARE @wsusadminslogin varchar(200) SELECT @wsusadminslogin=name from sysusers WHERE name like ‘%WSUS Administrators’ EXEC sp_revokedbaccess @wsusadminslogin”


osql.exe -S %computername%\WSUS -E -Q “USE SUSDB DECLARE @asplogin varchar(200) SELECT @asplogin=HOST_NAME()+’\ASPNET’ EXEC sp_grantlogin @asplogin EXEC sp_grantdbaccess @asplogin EXEC sp_addrolemember webService,@asplogin”
osql.exe -S %computername%\WSUS -E -Q “USE SUSDB DECLARE @wsusadminslogin varchar(200) SELECT @wsusadminslogin=HOST_NAME()+’\WSUS Administrators’ EXEC sp_grantlogin @wsusadminslogin EXEC sp_grantdbaccess @wsusadminslogin EXEC sp_addrolemember webService,@wsusadminslogin”


osql.exe -S %computername%\WSUS -E -Q “backup database SUSDB to disk=N'<ContentDirectory>\SUSDB.Dat’ with init”


– 補足
上記のコマンドは DB が WMSDE であることを前提にしています。
SQL Server をご利用の場合は、インスタンス名の部分を %computername%\WSUS から %SQLServerName%\<インスタンス名> に変更してお使いください。既定のインスタンスの場合は %SQLServerName% としてください。

Comments (0)

Skip to main content