別の筐体の SQL Server を使用している環境を WSUS 3.0 SP1 にアップグレードする


マイクロソフト セキュリティ サポートの斉藤です。 


 


WSUS で使用するデータベースを別の筐体にインストールされている SQL Server としている場合、はじめに SQL Server の筐体にインストールされている WSUS 2.0 をアンインストールする必要があります。


アンインストールはコントロールパネルのプログラムの追加と削除から行います。


その際、データベースとログデータの削除を選択できるオプションがありますが、データベースとログデータは必ず残してください。


 




2.0uninstall 


 


ダウンロードされた更新ファイルを削除しても、アップグレード後に再度ダウンロードされます。


なお、WSUS 3.0 では SQL Server がインストールされているコンピュータに WSUS をインストールする必要はありません。


 



– 参考資料


WSUS 3.0 SP1 へのアップグレード
<http://blogs.technet.com/jpwsus/archive/2009/04/22/wsus-3-0-sp1.aspx>

Comments (0)

Skip to main content