MS08-065 インストール済み表示について


マイクロソフト セキュリティ サポートの伊藤です。


2008 年 10 月 15 日に公開されたセキュリティ更新プログラム MS08-065 が、WSUS 上でインストール前にも関わらず “インストール済み” と表示される現象について、ご報告します。
本現象は MS08-065 をインストール済みと判断するロジックの不具合が原因で発生し、現在不具合を修正中です。


現時点で MS08-065 が “インストール済み” と表示されているクライアントについては、手動で MS08-065 (951071) を適用いただく必要はありません。
ご迷惑をお掛けしますが、不具合が解消されるまでしばらくお待ちください。
現時点では11月12日の更新プログラムのリリース時に、修正した MS08-065 をリリースする予定です。


 コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。

Comments (0)

Skip to main content