MS08-014 の WSUS 上タイトル表記誤りについて


マイクロソフト セキュリティ サポートの伊藤です。


本日 3 月 12 日に配信が開始されましたセキュリティ更新プログラムの MS08-014 につきまして、WSUS 上に表示されるタイトルに一部誤りが含まれていることが判りました。
WSUS 2.0 SP1、WSUS 3.0 / 3.0 SP1 とも全て同様です。
問題のある更新プログラムのタイトルは、以下の 2 件です。


Microsoft Office Excel 2003 セキュリティ更新プログラム: KB946395
Microsoft Office Excel 2007 セキュリティ更新プログラム: KB946975


弊社 TechNet サイトにて公開をしている MS08-014 セキュリティ情報ページの内容が正しく、以下がそれぞれ正しい番号となります。


Microsoft Office Excel 2003 セキュリティ更新プログラム: KB943985
Microsoft Office Excel 2007 セキュリティ更新プログラム: KB946974


現在、米国本社とも連携をしながら、現象の確認と調整を進めております。
ただし配信された更新プログラムのモジュール自体は正しいため、現時点でも正しく更新プログラムのインストールをいただけます。
また、英語版のタイトルには問題が見つかっていないことから、本現象は日本語版の更新プログラムのタイトル部分のみの誤りであるとの認識です。
そのため修正後のバージョンでタイトル部分が変更になった場合でも、モジュール本体に変更が無ければ、インストール後に再度本更新プログラムのインストールは発生しません。


表記の誤りから皆様の混乱を招いてしまい、誠に申し訳ございません。
最新情報は随時、本ブログにて公開の予定です。


(関連URL)
マイクロソフト セキュリティ情報 MS08-014 – 緊急 Microsoft Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される (949029)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS08-014.mspx


MS08-014: Excel 2003 のセキュリティ更新プログラムの説明:2008年3月11日
http://support.microsoft.com/kb/943985/


MS08-014: Excel 2007 のセキュリティ更新プログラムの説明:2008年3月11日
http://support.microsoft.com/kb/946974/



 コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。


 

Comments (2)

  1. jpwsus より:

    情報提供ありがとうございます。さっそく確認をし、調査の結果は本ブログにて連絡させていただこうと思います。なお、調査終了時期は、残念ながらお約束いたしかねますので、もしお急ぎのようでしたら、有償サポートへのお問い合わせをご検討下さい。ご不便をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。

  2. forks_and_knives@hotmail.com より:

    3/12 時点でWSUS と Microsoft Update の同期時に指定したクラス以外のメタデータが同期される現象も発生しておりますが、正常な動作であるか、ご確認頂けませんでしょうか。

    クラスは「セキュリティ問題の修正プログラム」クラスのみ、製品は「Windows XP、Windows Server 2003、Office 2003」を指定して同期を実行すると、「Office 2003 SP1」のメタデータが同期されてしまいました。

    この更新のクラスは「Service Pack」と表示されていました。

Skip to main content