2008 年 1 月 23 日 WSUS から Silverlight が新製品として追加


マイクロソフト セキュリティ サポートの田村です。


日本時間の 1 月 23 日 (米国時間 1 月 22 日) に Microsoft Update と WSUS に対して、Silverlight 製品の追加が予定されています。
Silverlight は Internet Explorer や Firefox の Web ブラウザ上でマルチメディア コンテンツを再生する技術ですが、詳細についてはマイクロソフトの以下のサイトを参照ください。


http://www.microsoft.com/silverlight


配信を予定しているのは Silverlight 1.0 のインストール モジュールで、対象 OS は Windows XP SP2 と Windows Server 2003 シリーズになります。Microsoft Update と WSUS でのそれぞれの配信予定は以下となります。


Microsoft Update からの配信では、"追加選択" からのモジュール選択、インストール時にはユーザー側で対話的に操作を行ってインストールを行います。


WSUS からの配信では、モジュールの製品は "Silverlight"、更新プログラムのクラスは "Feature Packs" になります。また、モジュールには 使用許諾契約書 (EULA) が付属しますので、管理者の方がインストール承認を行う場合に、まず EULA の許諾を求められるワンクッションが存在することになります。


WSUS からは定期的に新規製品の追加を行っていますので、通常ならばブログであらたに取り上げる内容でもないかとは思ったのですが、昨年 11 月 13 日に起こった WSUS 管理画面の不具合は、この新製品名に不正な文字列が入り問題が発生してしまったんですよね。。。サポート側でも明日 1/23 は警戒をして確認を行う予定です。


コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。


Comments (0)

Skip to main content