未更新のシステム脆弱性を狙う WannaCrypt ランサムウェア

マイクロソフトは、2017 年 5 月 12 日に、修正済みの脆弱性を悪用してワームのように拡散する新しいランサムウェアを検出しました。ほとんどのコンピューターには自動的にセキュリティ更新プログラムが適用されていますが、修正プログラムの展開が遅れているユーザーや企業も少なからず存在します。WannaCrypt (英語) と呼ばれるランサムウェアは、このように脆弱性の対策がされていないコンピューターに影響を与えます。この攻撃は現在も拡大しています。まだ MS17-010 をインストールしていないユーザーの皆様は、速やかにご対応いただけるよう再度お願いいたします。


ランサムウェア WannaCrypt 攻撃に関するお客様ガイダンス

2017 年 5 月 12 日 (米国時間) より、マイクロソフトは、イギリスを始めとする複数の国の医療機関やその他の企業に影響を及ぼすランサムウェアによるサイバー攻撃を確認しています。このランサムウェアは Wanna Cryptor マルウェア (WannaCrypt, WannaCry, WannaCryptor, Wcry などと呼ばれる) の亜種であると思われます。このブログでは、WannaCrypt の概要およびお客様が必要なアクションを記載しています。