MBSAが久しぶりにバージョンアップ

小野寺です。 MBSA (Microsoft Baseline Security Analizer)が久しぶりにバージョンアップして、2.1となりました。前回、2.01を公開したのが、2006年6月ですから、実に2年ぶりですね・・・ 一応 MBSA を知らない人向けに語弊を恐れず簡単に説明すると、「セキュリティパッチの適用具合と製品の設定を確認するツール」という感じです。 実際には、このツールで確認するのは、名前の通り ‘baseline’ となる最低限のセキュリティだけですので、このツールの検査に合格しても、ビジネス的に十分かどうかはまた別の話です。逆に、このツールで不合格になるような環境は、多くのケースで不適切と言えます。 さて、今回、マイナーバージョンが一つ上がって、2.1 となりましたが、今回の目玉は、Windows Vista と Windwos Server 2008対応です。2.0.1 も Windows Vista の更新プログラムのスキャンはできたのですが、脆弱性レポートなどの幾つかの機能には対応していませんでした。 今回のバージョンアップで、その辺の機能にひと通り対応しています。また、64bit 環境, Windows Embedded, SQL Server 2005 の脆弱性評価にも正式に対応しました。 新機能を列挙すると以下のようなものがあります。 Windows Vista および Windows Server 2008 のサポート 更新されたグラフィカル ユーザー インターフェイス 64-bit プラットフォームのフル サポートおよび 64-bit のプラットフォームおよびコンポーネントに対する脆弱性評価 (VA) チェック Windows XP Embedded プラットフォームのサポート SQL Server…

2