ラピッド サイバー攻撃の一種、Petya の概要

3 回シリーズの 1 回目のブログ記事では、ラピッド サイバー攻撃がどのようなもので、実行と結果の観点から他の攻撃とどう異なるかについて紹介しました。今回は、Petya (別名 NotPetya) 攻撃の詳細に触れていきます。


アップグレードの重要性: 2017 年のランサムウェア拡散時に高い効果を証明した Windows 10 の次世代型セキュリティ

2017 年、ランサムウェア (英語) はより巧妙化する脅威の確立した攻撃手法や技術を利用することで、かつてないレベルの感染拡大と被害をもたらしました。昨年猛威を振るったランサムウェアには、以下のような特徴が見られました。


未更新のシステム脆弱性を狙う WannaCrypt ランサムウェア

マイクロソフトは、2017 年 5 月 12 日に、修正済みの脆弱性を悪用してワームのように拡散する新しいランサムウェアを検出しました。ほとんどのコンピューターには自動的にセキュリティ更新プログラムが適用されていますが、修正プログラムの展開が遅れているユーザーや企業も少なからず存在します。WannaCrypt (英語) と呼ばれるランサムウェアは、このように脆弱性の対策がされていないコンピューターに影響を与えます。この攻撃は現在も拡大しています。まだ MS17-010 をインストールしていないユーザーの皆様は、速やかにご対応いただけるよう再度お願いいたします。


Petya ランサムウェア攻撃に対する Windows 10 プラットフォームのレジリエンス

2017 年 6 月 27 日に発生した Petya ランサムウェアによる攻撃 (このブログで詳細分析を実施 (英語情報)) は、先月の WannaCrypt (WannaCry としても知られる) 攻撃よりも影響が大きい事態として認識されているかもしれません。なぜなら、Petya は WannaCrypt と同じ SMB のエクスプロイトを悪用し、さらに 2 つ目のエクスプロイトとその他の横断的な侵害手法を追加しているからです。しかし、テレメトリでは攻撃の蔓延範囲は WannaCrypt よりも少なく示されています。