2017 年 3 月のセキュリティ情報 (月例) – MS17-006 ~ MS17-023

2017 年 3 月 15 日 (日本時間)、マイクロソフトは計 18 件 (緊急 9 件、重要 9 件) の新規セキュリティ情報を公開しました。新規セキュリティ情報を公開すると共に、既存のセキュリティ アドバイザリ 1 件の更新を行いました。なお、今月の「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」では、新たに対応を追加したファミリはありません。


2017 年 2 月のセキュリティ更新プログラム リリース

2017/2/15 更新: 3 月の月例セキュリティ更新プログラム公開 (2017 年 3 月 14 日 (米国日付)) の一部として更新プログラムを配信する予定です。
私たちの最優先事項は、お客様のシステムを維持し、保護する際に最良の体験をお客様に提供することです。 今月、更新プログラム公開の直前に問題を発見しました。その問題は一部のお客様に影響を与える可能性があり、本日予定していた更新までに解決に至りませんでした。


2017 年 1 月のセキュリティ情報 (月例) – MS17-001 ~ MS17-004

2017 年 1 月 11 日 (日本時間)、マイクロソフトは計 4 件 (緊急 1 件、重要 3 件) の新規セキュリティ情報を公開しました。新規セキュリティ情報を公開すると共に、新規のセキュリティ アドバイザリ 1 件の公開を行いました。


2016 年 12 月のセキュリティ情報 (月例) – MS16-144 ~ MS16-155

2016 年 12 月 14 日 (日本時間)、マイクロソフトは計 12 件 (緊急 6 件、重要 6 件) の新規セキュリティ情報を公開しました。新規セキュリティ情報を公開すると共に、既存のセキュリティ情報 17 件の更新を行いました。なお、今月の「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」では、新たに Win32/Clodaconas に対する定義ファイルが追加されています。


2016 年 11 月のセキュリティ情報 (月例) – MS16-129 ~ MS16-142

2016 年 11 月 9 日 (日本時間)、マイクロソフトは計 14 件 (緊急 6 件、重要 8 件) の新規セキュリティ情報を公開しました。新規セキュリティ情報を公開すると共に、既存のセキュリティ情報 3 件の更新を行いました。なお、今月の「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」では、新たに Win32/Soctuseer、Win32/Barlaiy に対する定義ファイルが追加されています。


セキュリティ更新プログラムに対するコミットメントの促進について

マイクロソフトは、お客様へ包括的なセキュリティ更新プログラムを提供することに全力で取り組んでいます。
これまで、リリースする更新プログラムに関する情報はマイクロソフト セキュリティ情報 Web サイトで提供してきました。しかし、お客様は多様なニーズに対応するために、更新プログラムに関する情報へのよりよいアクセスと容易な操作方法を必要とされています。


2016 年 10 月のセキュリティ情報 (月例) – MS16-118 ~ MS16-127

2016 年 10 月 12 日 (日本時間)、マイクロソフトは計 10 件 (緊急 5 件、重要 4 件、警告 1 件) の新規セキュリティ情報を公開しました。新規セキュリティ情報を公開すると共に、既存のセキュリティ情報 2 件の更新を行いました。なお、今月の「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」では、新たに Win32/Ghokswa、Win32/SupTab および Win32/Sasquor に対する定義ファイルが追加されています。


2016 年 9 月のセキュリティ情報 (月例) – MS16-104 ~ MS16-117

2016 年 9 月 14 日 (日本時間)、マイクロソフトは計 14 件 (緊急 7 件、重要 7 件) の新規セキュリティ情報を公開しました。新規セキュリティ情報を公開すると共に、新規のセキュリティ アドバイザリ 2 件の公開を行いました。なお、今月の「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」では、新たに Win32/NightClick、Win32/Prifou、Win32/Suweezy および Win32/Xadupi に対する定義ファイルが追加されています。
お客様はできるだけ早期に、今月公開のセキュリティ更新プログラムを適用するようお願いします。


2016 年 8 月のセキュリティ情報 (月例) – MS16-095 ~ MS16-103

2016 年 8 月 10 日 (日本時間)、マイクロソフトは計 9 件 (緊急 5 件、重要4 件) の新規セキュリティ情報を公開しました。新規セキュリティ情報を公開すると共に、新規のセキュリティ アドバイザリ 1 件の公開、および、既存のセキュリティ情報 2 件の更新を行いました。なお、今月の「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」では、新たに Win32/Neobar および Win32/Rovnix に対する定義ファイルが追加されています。 お客様はできるだけ早期に、今月公開のセキュリティ更新プログラムを適用するようお願いします。 ■ セキュリティ情報・セキュリティ アドバイザリに関する主な注意点 MS16-095 および MS16-096 の公開に伴って、RC4 暗号化は、業界の安全基準を順守して、Internet Explorer 11 および Edge ブラウザーでは利用することができなくなります。詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 3151631 を参照してください。 Windows Vista 以降のバージョンの Windows 上の Office 2010 には脆弱なコードが存在しないため、MS16-097 の更新プログラムは適用されません。 MS16-101 の適用により、無効化もしくはロックアウトされたアカウントのパスワード変更操作において Kerberos 認証に失敗した場合に NTLM へフォールバックするネゴシエートを行わなくなります。よって、セキュリティ更新プログラム適用後、無効化もしくはロックアウトされたアカウントについてのパスワードの変更ができなくなる場合があります。これは、無効化もしくはロックアウトされたアカウントのパスワードの変更で…