[セキュリティ基本対策 5 か条] 第 1 条 最新の状態で利用する


注: この内容は一般の方を対象とした記述にしています。

今日はセキュリティ基本対策 5 か条の第 1 条「最新の状態で利用する」についてご紹介します。

第 1 条 最新の状態で利用する
第 2 条 アクションセンターで PC のセキュリティやメンテナンス状況に問題がないかを確認する
第 3 条 アカウントやパスワードを管理する
第 4 条 暗号化を行う
第 5 条 バックアップの取得を設定する


ビデオでもご確認確認いただけます

セキュリティ基本対策 5 か条 - 1. PC を最新の状態で利用する [YouTube]
セキュリティ基本対策 5 か条 - 1-2. AV を最新の状態で利用する [YouTube]

 

安全に PC を利用するには、「セキュリティ更新プログラムを適用し最新の状態に保つことが重要」というのは、みなさんも耳にしたことがあると思います。
そもそもセキュリティ更新プログラムとは何でしょうか?なぜ適用が必要なのでしょうか?

セキュリティ更新プログラムとは?

詳しくは「セキュリティ更新プログラムを適用しよう」でも図説していますが、セキュリティ更新プログラムとはひと言でいうと、ソフトウェアのセキュリティ上の弱点 (脆弱性) を防いでくれるものです。

最新に保つためにはどうすればよい?

  • Windows や Office などのマイクロソフト製品については、Windows Update / Microsoft Update 自動更新機能を使うことで、自動的に更新が適用され常に最新の状態に保つことができます。詳細については、Windows Update の利用手順を確認してください。
  • すべてのサポートされる Windows では、既定で自動更新が有効になっており、更新を忘れることなく常にコンピューターを最新の状態にしておくことができます。なお、Windows Update から Microsoft Update に切り替えることで、Windows に加え Office などすべてのマイクロソフト製品の更新プログラムをインストールできるようになります。切り替え方法の詳細については、Windows Update の利用手順を確認してください。

Windows Update/Microsoft Update で更新プログラムを確認

更新プログラムのチェック

(Windows 10 の Windows Update 画面)

 

  • Office 365 のサブスクリプション モデルの場合、更新プログラムはクラウドから直接アプリケーション上で通知され、更新されます。

Office 365 Pro Plus の更新プログラムの通知

(Office 365 Pro Plus の更新プログラムの通知)

 

  • マイクロソフト製品以外のアプリケーションや、さまざまなアプリケーションおよび Web サイトで使用される Adobe Flash Player Java などの製品も忘れずアップデートすることが重要です。独立行政法人情報処理推進機構 (IPA) 提供の MyJVN バージョンチェッカで古いバージョンの製品が残っていないかを確認できますので、積極的に活用して PC 全体を最新に保ってください。
  • 他には、時代とともに進化する攻撃手法に対抗しうる堅牢性を備えた最新のバージョンの製品を利用することも、攻撃から PC やデータを守るための 1 つの有効な対策となります。
Skip to main content