Windows Defender System Guard でシステムのセキュリティを強化し整合性を維持する

マイクロソフトでは、攻撃者がデバイスの侵害に成功した後に持続性を保ち、検出を回避しようと試みる方法について、非常に多くの時間をかけて検討しています。Windows 10 では、潜在的なエントリ ポイントを悪用する方法を発見することをさらに困難にし、今までの中で最も難しくなっていることは明らかでしょう。


重要なポイントでランサムウェアを阻止: コントロールされたフォルダー アクセス機能でデータを保護する

Windows Defender Exploit Guard は、Windows 10 Fall Creators Update に搭載された新しい侵入防止機能です。そのうちの 1 つであるコントロールされたフォルダー アクセス機能は、重要なファイルへの承認されていないアクセスを防止することで、その場でランサムウェアを阻止します。


Windows Defender Exploit Guard: 攻撃表面を縮小して次世代型マルウェアに対抗する

Windows Defender Exploit Guard は、Windows 10 Fall Creators Update (英語情報) に搭載された新しい侵入防止機能です。Windows Defender Exploit Guard の 4 つのコンポーネントは、さまざまな種類の攻撃ベクトルに対してデバイスをロック ダウンし、マルウェア攻撃でよく見られる動作をブロックするよう設計されており、同時に、エンタープライズがセキュリティ リスクと生産性の要件のバランスを保つことを可能にします。