セキュリティ更新プログラム ガイドに関するフィードバックをお待ちしています

2016 年 11 月からセキュリティ更新プログラム ガイド (Security Update Guide) のパブリック プレビューを開始しました。セキュリティ更新プログラムの情報を完全に新しい形式のみで公開したのは、今月のリリースが初めてです。ここ数か月の間、お客様やパートナーからセキュリティ更新プログラム ガイドの方向性と実装に関する多くのフィードバックをいただきました。今月プレビュー期間が終了しましたが、引き続き皆さまからのフィードバックをお待ちしています。そして、これからも皆さまのエクスペリエンスの向上に取り組みます。


セキュリティ更新プログラム ガイド (Security Update Guide) を使ってみよう

これまで、マイクロソフトでは脆弱性およびセキュリティ更新プログラム (セキュリティ修正、セキュリティ パッチとしても知られている) に関する情報を、マイクロソフト セキュリティ情報 Web サイトで公開してきました。しかし、情報へのより良いアクセスと、必要な情報を選択して得られるようにカスタマイズする方法への要望を多く頂いてきました。


Windows Defender ATP でクロスプロセス インジェクションを発見する

Windows Defender Advanced Threat Protection (Windows Defender ATP) は、企業のセキュリティ運用 (SecOps) 部門の要員に悪意のあるアクティビティについて知らせる、侵入した脅威に対するソリューションです。SecOps 要員による攻撃の発見と対応を引き続き支援できるよう、攻撃の本質の変化と合わせて Windows Defender ATP も進化する必要があります。


Advanced Threat Analytics プレイブックを使って攻撃をシミュレーションし検出する方法

Advance Treat Analytics (ATA) チームが受け取ったフィードバックで大きな割合を占めたのは、攻撃をシミュレーションし ATA がそれを検出する方法を明確かつ簡単に確認する手順を求めるものでした。
その声に応えるために、次を含むプレイブックを作成しました。