シンプル化された Windows 7 および Windows 8.1 のサービス モデル: 最新の改善点について

本記事は、Windows for IT Pros のブログ “Simplified servicing for Windows 7 and Windows 8.1: the latest improvements” (2017 年 1 月 13 日 米国時間公開) を翻訳したものです。 本日、Windows 7 SP1、Windows 8.1、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、および Windows Server 2012 R2 のサービス モデルに対して今後適用される予定の 2 つの変更点について、洞察を提供します。Windows Update を使用し、マイクロソフトに直接接続して更新プログラムを入手しているお客様 (コンシューマー PC など) は、この変更の影響を受けません。一方、更新管理ツールを使用しているエンタープライズのお客様は、この改善によりメリットを享受することができます。 2016 年 10 月より、これらのバージョンの Windows の更新プログラムはロールアップ モデルを使用して公開されています。以下は、この新しいモデルで提供されている更新プログラムの概要です。 セキュリティの月例の品質ロールアップ…


2017 年 1 月のセキュリティ情報 (月例) – MS17-001 ~ MS17-004

2017 年 1 月 11 日 (日本時間)、マイクロソフトは計 4 件 (緊急 1 件、重要 3 件) の新規セキュリティ情報を公開しました。新規セキュリティ情報を公開すると共に、新規のセキュリティ アドバイザリ 1 件の公開を行いました。