【リリース後に確認された問題】2014 年 8 月 13 日公開の更新プログラムの適用により問題が発生する場合がある


(変更履歴)
2014/8/28 08:30 :
本日、サポート技術情報 2982791「[MS14-045] カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラムについて (2014 年 8 月 12 日)」で説明されたリリース後に見つかった問題を解決する、セキュリティ更新プログラム 2993651 を公開しました。詳細は、「[MS14-045] 更新プログラム 2982791 の問題を解決する更新プログラム 2993651 を公開」を参照してください。
2014/8/19 10:00 : サポート技術情報 2982791 の日本語版が更新され、復旧方法が公開されたため、一部記載を変更しました。
2014/8/18 14:05 : 復旧方法 1. に Windows 8 および Windows 8.1 のセーフ モードの起動方法の詳細を追記しました。
2014/8/18 12:00 : [概要] に問題が発生していないコンピューターでの作業を追加しました。[復旧方法] にスタートアップの修復や復元での復旧を追加しました。
2014/8/18 09:00 : 手順 8. の oft となっていた箇所を otf に変更しました。
2014/8/16 12:07: 当ブログを公開しました。


 

2014 年 8 月 13 日公開の更新プログラムの適用により問題が発生する場合があることが確認され、サポート技術情報 2982791 「MS14-045: Description of the security update for kernel-mode drivers: August 12, 2014」が更新されました。日本版のサポート技術情報も翻訳され公開されました (機械翻訳) 数日内に公開いたしますが、下記のStop 0X50 エラーの問題に遭遇されている方のために、本ブログでも復旧方法をご案内します。

■ 概要

以下のいずれかの更新プログラムをインストールした後、Stop 0x50 エラーが発生しコンピューターが異常終了する場合があります。また、このエラーは、再起動後にも発生し起動に失敗する場合があります。

  • 2982791 [MS14-045] カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラムについて (2014 年 8 月 12 日)
  • 2970228 Update to support the new currency symbol for the Russian ruble in Windows
  • 2975719 August 2014 update rollup for Windows RT 8.1, Windows 8.1, and Windows Server 2012 R2
  • 2975331 August 2014 update rollup for Windows RT, Windows 8, and Windows Server 2012

(2014/8/18 追記)
現在、Windows Update / Microsoft Update / 自動更新 / Windows Intune 経由でのこれらの更新プログラムの配信は停止しています
なお、これらの更新プログラムをインストール後、特に問題が発生していないコンピューターでも、予防的処置のために、これらの更新プログラムをアンインストールすることを推奨します。

■復旧方法

コンピューターの起動に失敗する場合は、まずは、下記作業を実施してください。


(2014/8/18 追記)
・DVD などのインストール メディアを使用してコンピューターを起動し、スタートアップ修復システムの復元を行います。これにより、これらの更新プログラムのインストール前の状態に戻します。また、システムのバックアップがある場合は、リストアを行います。


上記作業で復旧できない場合は、下記手順を実施してください。

  1. コンピューターを再起動し、セーフ モードで起動します。

    1. DVD や USB などの Windows 8.1 用インストール メディアがある場合、ドライブに挿入し、コンピューターを再起動します。"Press any key to boot from DVD." と表示されたら、キーボードのキーを押します (もしも、このメッセージが表示されない場合は、DVD や USB からコンピューターを起動するように、BIOS の設定を変更し、起動順序を変更してください)。Install Windows ページまで来たら、Windows Recovery Environment を起動するために Repair your Computer をクリックしてください。
    2. インストール メディアが無い場合は、Windows の起動処理中に電源ボタンを長押しして、コンピューターを 3 回再起動させます。その後にコンピューターを起動すると、Windows Recovery Environment が起動します。
    3. コンピューターが起動したら、すぐに、[オプションの選択] 画面で、[トラブルシュート] をタップするかクリックします。[スタートアップ設定] オプションが無い場合は、[詳細オプション] からタップするかクリックします。
    4. [スタートアップ設定] をタップするかクリックした後、[再起動] ボタンをタップするかクリックします。
    5. [スタートアップ設定] 画面で "4) セーフ モードを有効にする" を選択します。
    6. コンピューターがセーフ モードで起動されたら、管理者権限を所有するユーザーでログインします。
  1. “fntcache.dat” ファイルを削除します。これを実行するには、コマンド プロンプトを管理者権限で開き、以下のコマンドを実行します
    del %windir%\system32\fntcache.dat

  2. ファイルを削除後、コンピューターを再起動します。通常であれば、これでコンピューターは正常に起動されます。

  3. [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択し、”regedit” と入力して [OK] ボタンをクリックします。

  4. [レジストリ エディター] が起動されたら、左ペインから [HKEY_LOCAL_MACHINE] をクリックして展開し、[SOFTWARE] – [Microsoft] – [Windows NT] – [CurrentVersion] – [Fonts] の順番でポイントします。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Fonts

  5. Fonts” を右クリックし、”エクスポート” をクリックします。

  6. ファイル名に任意の名前を設定し保存します。
    (補足 : 次のステップで削除するフォントに関するレジストリを復旧する際に使用します)

  7. “Fonts” サブキーから以下の条件のレジストリを探し、削除します。

    • ファイル名のみではなく、下記画面例のように "C:\xxx\xxx\xxx.otf" などのフル パスで指定されている。

    • ファイル名の拡張子が、”otf” (xxx.otf) となっている。

  8. “fntcache.dat” ファイルを再度削除します。これを実行するには、コマンド プロンプトを管理者権限で開き、以下のコマンドを実行します
    del %windir%\system32\fntcache.dat

  9. [コントロール パネル] から [プログラムと機能] を開き、[インストールされた更新プログラム] をクリックします。次の 4 つの更新プログラムを探し、アンインストールします。

  • KB2982791
  • KB2970228
  • KB2975719
  • KB2975331

    11. コンピューターを再起動します。

    12. 7. で保存したファイルを右クリックし、[結合 (G)] をクリックして、8. で削除したレジストリキーを復元します。

 

■ 関連リンク

サポート技術情報 2982791: MS14-045: Description of the security update for kernel-mode drivers: August 12, 2014